経穴精査 総論/索引

【このデータベースについて】

さる2005年、賀偉氏(千歳烏山・精誠堂鍼灸治療院院長)が主催する中医勉強会にて、「個々の経穴を様々な文献から再度精査して、臨床に役立てよう」という提案がなされました。

その後二年間、勉強会参加者が各自持ち回りで調査した資料を、会の場にて発表するという形で、手太陰肺経から督脈まで、古今多くの書物文献からの情報収集が続けられました。

当時会に参加していた私は、過去に同様の試みを個人的にまとめていた事もあり、皆さんの資料を自らのノートに組み込む形で編纂する役目を担い、2007年、企画参加者の為に「勉強会成果物」として製本したものが、本データの基となる『経穴精査・第一版』です。

その後も私は自らの臨床の傍らにこの作業を重ね続け、新たに入手した古書漢籍などを更に組み込み、同時により分かり易く、臨床の場で即活用できる形式を模索し、一人、増補推敲を重ねてきました。

『第一版』以後のこのデータベースは、公益に資する意味で公開しておりますが、その内容は私個人の臨床データの蓄積と、そこからの人体イメージであり、私自身がネット上から簡単にデータを引き出せるようにした、あくまで「私個人のデータベース」です。

読まれる方は、このことをご了解の上でご覧ください。

どうぞ、一つの参考書として、諸先生方の日々の臨床に少しでもお役に立てば幸いです。

はりきゅう治療院 伍行庵  吉田 啓

 

【当院蔵書/参考文献】

「痛みの症状別針灸治療(賀普仁著/静風社)」「動きの解剖学(ブランディーヌ・カレジェルマン著/科学新聞社出版局)」「解剖学(医歯薬出版)」「カパンディ関節の生理学(医歯薬出版)」「からだの設計にミスはない(橋本敬三著/たにぐち書店)」「漢方用語大辞典(燎原)」「奇経八脈考(東洋学術出版社)」「景岳全書(上海科学技術出版社)」「経穴探源(学苑出版)」「経絡相関論(谷口書店)」「経絡経穴概論(医道の日本社)」「黄帝内経(花城出版社)」「悟真篇(三民書局)」「図説ヨーガ大全(伊藤武/佼成出版社)」「初歩のチベット医学(ドゥルカナ・カンガァール著/東方出版)」「鍼灸甲乙経(学苑出版)」「鍼灸大成(人民衛生出版社)」「鍼灸治療基礎学(医道の日本社)」「鍼灸要訣与按摩十法(中医古典出版社)」「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜 最新知見と治療アプローチ(ELSEVIER社/医歯薬出版株式会社)」「素問ハンドブック(医道の日本社)」「早わかり経外穴110選(源草社)」「ハリの威力(賀偉著/ジョルダンブックス)」「蛇(吉野裕子著/講談社学術文庫)「まんが経穴入門(医道の日本社)」「臨床経穴学(東洋学術出版社)」「霊枢ハンドブック(医道の日本社)」「和漢三才図会(東洋文庫)」「Anatomy Trains(Thomas W.Myers)」「WHO/WPRO標準経穴部位(医道の日本社)」

他、文献多数より。

 

【経絡とは】

経脈・絡脈の総称。気血津液の通路として臓腑を結び全身を貫き、体内の機能を調節・統合する。

エネルギー(気・血・津・液)を安定して運用する為の「システム」として理解すると分かりやすいかと。

・生理面:気血の運行・陰陽調節・外邪侵入に対する防衛。

・病理面:病邪の伝播・反映。

・治療面:鍼灸刺激の伝導・臓腑の虚実調節。

 

《正経十二経》

・12条ある経絡脈の主幹路。各々六臓六腑に属し、各臓腑の気血を手足末端まで巡らせている。

 

《絡脈》

・経脈からの分枝で、各経脈間(基本、表裏の経脈)の関係を密にしている。特に大きな十五条を十五絡、小さい絡脈を孫絡、さらに細かく体表に分布するものを浮絡と呼ぶ。

※十五絡は、虚里(心臓/胃之大絡)を加え十六とする事もある。

※経脈の絡脈を『陽絡』、臓腑の絡を『陰絡-脾の大絡(大包)・虚里(心臓・胃之大絡)・胞絡など』と呼ぶことも。

絡脈は浅層(皮下静脈や十二皮部)との関係が深い。発生的には診断点『絡穴』(絡脈の色で診断-「魚際」参照-)として生じたが、後に治療点として発展する。

・絡脈には経絡の表裏に加え、子午の表裏に関わると思われる症状も多い。

・「血気痰飲、積聚し有形の物は、経より絡に滞ること常のごとし」と言われる。

 

《経別》

・十二経の支流(別行する正経とも)。臓腑と表裏の経脈を交流させ、最終的にはいずれも陽経に合流し、頭部へ上行する。『離別(正経から分枝するところ)』『入(体内に入るところ)』『出(体外に出るところ)』『合(表裏経と合するところ)』の走行原則をもち、経絡-臓腑間の関係を強化する。

経別に主治はない。が、陰経の経気を頭部に運搬する理論根拠となる。例えば、肝から生じた頭痛は足少陽胆経にて治療する。

※経別の理論は、頭街「霊枢衛気第五十二」、髄海「霊枢海論第三十三」とも関係が深く、頭皮鍼法(頭皮のツボで全身を治療する考え方)などの理論根拠ともなる。

※経別と絡脈はともに表裏をつなぐが、経別は腹腔内で表裏の臓腑と、頭部(脳と五感)をつなぐ。対して絡脈は表層にて表裏の経絡をつなぎ、末梢での血流および陰陽の循環を高めている。

 

《経筋》

・各経脈によって栄養される筋組織群。手足末端から体幹へと延び、百骸の連結と運動・臓腑の保護を司る。

臓腑との関わりはない。例えば、足少陽経筋と胆に直接の関わりはない。

・経筋病は基本、季節変化による「痺証」、あるいは筋肉の酷使によるものとなる。

・経筋には穴がないため、経筋上の『結(連結部)』か、患部に刺鍼することが多い。-「以痛为俞」-

 

《奇経八脈》

・正経間の関連強化する。

 

【経穴とは】

経絡上の「分肉之間」に存在する経気の聚まる処。

経絡内の気血の状態を把握する診断点であり反応点、加えて気血の異常を矯正する治療点でもある。

・正穴:経絡流注上に存在する穴位。名称・部位が特定されており、古典に記載のあるもの。

《五兪穴》

《五行穴》

《五要穴》

《八会穴》

《八宗穴》

・奇穴:経絡流注上に存在しない穴位。名称・部位の特定はある。

・阿是穴(天応穴):経絡流注上に存在せず、名称・部位の特定もない穴位。経筋病においては重要。

 

工事中

 

Copyright 2013 Akira-Yoshida. All Rights Reserved.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中