めまい、気象病, 疼痛, 兪(土/木)穴「体重節痛を治す」, 八宗穴/八脈交会穴, 手太陽経筋, 手太陽小腸経

後渓(こうけい)

 

SI3)後渓(hou4xi1)(こうけい)

【取穴】

手背、第5中手指節関節尺側の近位陥凹部、赤白肉際。

※軽く拳を握り、遠位掌線の尺側端、赤白肉際にある。

【名の由来】

「渓=陥凹」。本穴が第五指中手指節関節の後方、陥凹部に在る事から。

【要穴】

『手太陽経兪木穴(火経木穴/木生火/自経母穴)』

『八脈交会穴(×督脈)』

【作用】

〔補〕補益小腸

〔瀉〕宣通太陽・清熱寧心・袪風通絡・通督解痙

【弁証主治】

◆小腸虚証「虚すれば其の母を補う」

顔が赤い・心身症的な胃腸症状〔透少府〕・※積聚・脈浮洪・13:00~15:00あるいは01:00~03:00の異常など

◆手太陽経(筋)病/湿痺証「体重節痛を治す」

発熱による疼痛(下顎痛・項頚部痛・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛)・視力低下・耳鳴、難聴・頚部静脈瘤など

◆督脈病

〔補〕躁鬱・頭が重く、ふらふらする・腰背や膝の悪寒など

〔瀉〕注意欠陥多動性障害、統合失調症・強い頭痛・眼疾患・腰背部痛・四肢の冷えなど

【弁証配穴】

『八脈交会配穴:後渓+申脈』…表証・背部全般の問題

【主症配穴】

+陰郄…小児の身体の芯に熱が籠もるような感覚

+間使+合谷(+水溝)…不安障害(パニック)

+腎兪…多汗

+大椎…寝汗

+労宮…黄疸

+陽渓…痔

【症例/個人的見解】

・古典には『鍼の妙穴』とある。痛みの治療では合谷に向けて透刺すると良い。

・『後渓+申脈』の配穴は、太陽の関係に基づくものと考える。そう考えると、背部全般の広い範囲の問題(主に疼痛)が適応かと。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中