眼疾患, 精神疾患, 手陽明経筋, 手陽明大腸経, 井(木/金)穴「心下満を治す」

商陽(しょうよう)

 

LI1商陽(shang1yang2)(しょうよう)・絶陽・別陽・而明

【取穴】

示指、末節骨橈側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲橈側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

・知覚神経:正中神経浅枝

・血管:第1背側中手動脈の枝

【名の由来】

「商=レ(金音)」。手太陰経からの経気(金気)が本穴より陽に転ずる事から。

【要穴】

『手陽明経井金穴(金経金穴/金気の強い穴)』

『根結:手陽明之根』

【交会】

・経筋:手陽明経筋の起する処

【作用】

〔瀉〕瀉土・清利咽喉・解表退熱・清熱消腫・開竅醒脳

【弁証主治】

◆胃熱証「金経金穴/土生金/実すればその子を瀉す

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱・意識障害 ・黄疸・リンパ節腫・注意欠陥多動性障害、統合失調症・鼻血・口唇チック・舌炎〔金針で瀉血〕・食べてもすぐ空腹になる・アレルギー疾患・自己免疫疾患・脈弦急~洪数など

◆気滞証「心下満を治す」

躁鬱、不安障害・耳鳴、難聴・嚥下困難・胸苦しさ・喘息・げっぷ・腹脹など

◆手陽明経(筋)病

歯痛・項頚部痛・肩背のひきつれ、五十肩・上肢の痛み、マヒ、悪寒、炎症・第2指痛など

 

【主症主治】

眼疾患(麦粒腫)

【弁証配穴】

商陽〔繆刺…反対側を瀉血〕+偏歴…手陽明絡脈実証

【主症配穴】

+太渓…発熱〔瀉法〕

+肝兪…急性の視力低下・失明〔商陽は巨刺〕

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会には「妙灸の穴」とある。

・金陽経の金穴は全経穴中、最も金陽性が強い。臓腑経絡のつながりを考えると、特に胃(土性/陽明)に対する瀉法に適応と考える。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

・手陽明絡脈は耳に合す。井穴は「心下満/気滞を治す」ので、本経だけでなく絡脈の阻滞にも有効な様子。

・検証:得気は鋭く、手陽明経上を「曲池」付近まで走る。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中