禁灸穴, 致命三十六穴, 陰蹻脈, 陽蹻脈, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経

晴明(せいめい)/命門(めいもん)

BL1)睛明(jing1ming2)(せいめい)・涙孔・涙空・精明・目内眦・命門

【取穴】顔面部、内眼角の内上方と眼窩内側壁の間の陥凹部。

※眼を閉じたとき、内眼角の内方一分の陥凹部にある。

【名の由来】「睛=眼」。本穴が視力を回復させる効がある事から。

【要穴(命門)】

『標本:足太陽之標』

『根結:足太陽之結』

【交会】

・経絡(5~7):手足太陽経-足陽明経-陽蹻脈-陰蹻脈

※「目系=睛明」と捉えるなら、体内にて手少陰経・足厥陰経とも交会。

・経別:第四合(眼内眦/手少陰の合す処)

【作用】

〔補〕補虚明目

〔瀉〕清熱明目・退翳散瘀・疏風清熱・舒筋活絡

【弁証主治】

◆心病

循環器症状・健忘・掌の火照り・臍上の強い拍動・脈浮洪・夜間に症状が悪化など

◆足太陽経(筋)病

風邪、悪風発熱・発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・下肢の痛み、冷え、こわばり、こむら返り・O脚、外反足・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆足陽明経病

注意欠陥多動性障害、統合失調症・躁鬱、不安障害など

◆蹻脈病「陰緩み陽急す/陽緩み陰急す」

半身不随・てんかん・自律神経失調、睡眠障害・内眼眦痛、眼裏痛〔巨刺法〕、視力低下〔攅竹も同様。睛明のみで効果が出ない時は合谷・光明も追加〕・不正出血・疝痛・部位がはっきりしない疼痛・皮膚の強いしびれやこわばり・錐体外路系障害など

【症例/個人的見解】

・諸脈の交会穴(宗脈の聚る場)であること、また手少陰心経の合する場でもあることから、望診(特に精神に関して)の重要なポイントとなる。

・理論的には非常に有効な穴ではあるが、部位的に多用はしづらい。刺鍼の際は瞳を外側に向けた状態で行う事。

・瀉法では、抜鍼前に鍼をやや抜いて鍼尖を鼻根に向けて刺入し、血を鼻孔から数滴流す。

・言うまでもないが「禁灸穴」である。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・『陽緩み陰急す』を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・陽が病むと寒を生ず、陰を病むと熱を生ず。

・夜盲症に効くとの記述もあるが、夜盲には先ずビタミンAの摂取を。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。失明。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中