《Ⅴ₁》眼神経, 《Ⅶ》顔面神経, 眼精疲労、眼裏痛, 精神疾患, 精神安定、リラックス, 線維筋痛症・機能性疼痛疾患, 脳力・認知機能向上, 自律神経失調, 足太陽膀胱経, 慢性疲労、虚弱体質, 更年期障害, 三叉神経痛

攅竹(さんちく)

BL2)攅竹(cuan2zhu2)(さんちく) ・始光・圓柱・光明・夜光・明光・眉頭・員在・始元・元柱・員柱・眉本

【取穴】

頭部、眉毛内端の陥凹部。

・筋肉:眼輪筋・前頭筋・皺鼻筋

・運動神経:《Ⅶ》顔面神経

・知覚神経:《Ⅴ₁》眼神経

・血管:滑車上動脈

※前頭切痕の陥凹部は、BL1)睛明の直上、眉毛内端に触知できる。

【名の由来】

「攅=集まる」「竹=眉毛の形」。眉毛の様が密集した竹林を想わせる事から。

【要穴】

『標本:手太陽之標(命門上一寸)』

【作用】

〔補〕明目健瞼

〔瀉〕疏風清熱・通絡明目・駆邪散滞・泄血散瘀

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・黄疸・リンパ節腫・発熱による疼痛・難聴・項頚部痛・肩痛・上肢後内側の痛み、火照りなど

【主症主治】

精神疾患・自律神経失調症(副交感神経系への賦活を目的に)

てんかん・眼疾患〔瀉/睛明も同様〕・鼻血・くしゃみ・三叉神経痛〔透魚腰〕・顔面神経マヒ

【配穴】

+合谷…頭痛

+頭維…頭痛・眉間痛・眼痛・眼瞼痙攣〔斜刺・横刺。視界不良の場合、頭維も加える〕

+三間…眼がごろごろする

+絲竹空…眼の炎症・三叉神経痛(眼神経痛)

【私見】

・古典には「禁灸穴」とある。要注意。

・眼疾患には非常に効果が高い。ただし出血に注意。

・本穴の奥には『眼窩前頭皮質(Orbitofrontal area)』と呼ばれる場所がある。いまだに謎の多い部位だが、意思決定につよく関わる領域と考えられており、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などでは、この部位の萎縮がみられるらしい。

・こういった強いストレスからくる症状に対して、心理療法では、EMDR(Eye Movement Desensitization and Retrocession)という、過去のつらい体験を思い出させて眼球を左右に動かす療法があるが、本穴への刺激も似たような効果をだせるのではないだろうか?

・眼球を動かす神経は、《Ⅲ》動眼神経・《Ⅳ》滑車神経・《Ⅵ》外転神経。うち《Ⅲ》には副交感神経を含むことから、眼球運動自身が副交感神経系を活性化する可能性がある。

・当院では眼球運動を目的として、本穴周囲を多用する。

 

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中