十三鬼穴(多動性精神疾患), 回陽九針, 手厥陰経筋, 手厥陰心包経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

労宮(ろうきゅう) ※四縫(しほう)

 

PC8)労宮(lao2gong1)(ろうきゅう)・鬼窟(gui3ku1)(きくつ)・五里・掌中

【取穴】

手掌、第2・第3中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部。(手掌、第3・第4中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部とも)

【名の由来】

「労=労働」「宮=要所」。本穴が掌の中央にあり、手は人体中、最も労働する場所である事から。

【要穴】

『手厥陰経榮火穴(火経火穴/火気の強い穴)』

【作用】

〔補〕『回陽九針穴/補土?・舒筋活絡』

〔瀉〕『回陽九針穴/醒神開竅?』

【弁証主治】

◆温熱営分証・心熱証「身熱を治す」

悪寒発熱、意識障害・黄疸・リンパ節腫・口内炎、舌炎・顔の炎症・咳嗽・嘔吐・嚥下困難・出血傾向・脈細数など

◆脾虚証「火経火穴/火生土/虚すれば其の母を補う」

胃腸虚弱、萎縮性胃炎・貧血、血液疾患・婦人科疾患など

◆手厥陰経(筋)病

境界性人格障害、統合失調症・過呼吸症候群・不眠・上肢の痛み、痙攣やこわばり・第3指痛など

【主症主治】

掌のしびれ、火照り、発疹・リウマチ性結節

【主症配穴】

【十三鬼穴:水溝〔左禾髎~右禾髎の透刺?〕⇒少商〔3分刺入〕⇒隠白〔3分刺入〕⇒太淵(大陵)〔5分刺入〕⇒申脈〔火鍼3分〕⇒風府⇒頬車〔温鍼〕⇒承漿〔左頤孔~右頤孔の透刺?〕⇒労宮(間使)⇒上星⇒会陰⇒曲池〔火鍼〕⇒鬼封〔瀉血〕/精神疾患』〔水溝から順に、症状を見ながら一つ一つ穴を加えていく。後渓を加えると尚良し〕


『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+承漿…歯槽膿漏〔灸1壮づつ〕

+少澤…嘔吐・胸痛〔寒によるものの場合に、少澤を加える〕

+湧泉…手汗、足汗

+後渓…黄疸

【症例/個人的見解】

・火陰経の火穴は全経穴中、最も火陰性が強い。そういう意味では土性(脾胃・肌肉・口など)に対する補法にも応用できるのではないだろうか?

・『十三鬼穴』の第九穴(千金翼方・針灸聚では「間使」とする)。精神疾患に著効。

・中国では、『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

・手掌、第2・第3中手骨間よりさらに橈側、母指球の際に取穴すると手の震えに著効がみられる。

・経絡理論上は、労宮(火経火穴)は清熱、中衝(火経木穴)は醒神の作用がメインとなる。しかし両者は共に清熱と醒神の作用が強く、厳密に区別を付けがたい。状況に併せて使用すること。

 

────────────────

四縫(si4feng2)(しほう)

※経外奇穴-奇効良方-

【取穴】

第2から第5指の掌側、各近位指節間関節横紋の中央。一側に4穴ある。

【由来】

「縫=間隙」。本穴の位置と一側に4穴ある事から。

【主治】

小児のひきつけ・※疳証・夜泣き・小児喘息・慢性気管支炎・乳幼児のひどい下痢・回虫症・夢遊病

 

※疳証…慢性的な疾患によって痩せ衰え、津液が枯渇するもの。古代小児四大証(痘・麻・驚・疳)の一つ。顔色が黄色く肌に艶がない・毛髪が焦げたように細い・腹大静脈怒張・精神衰弱など。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中