手少陰経筋, 手少陰心経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

少府(しょうふ)

 

HT8)少府(shao3fu3)(しょうふ)・兌骨

【取穴】

手掌、第5中手指節関節の近位端と同じ高さ、第4・5中手骨の間。

※第4・5中手骨間、拳を握ったときに小指頭が当たるところにある。PC8)労宮と同じ高さにある。

【名の由来】

「少=少陰」「府=内府(内側)」。本穴が少陰経体内流注上の疾患に著効がある事から。

【要穴】

『手少陰経榮火穴(火経火穴/火気の強い穴)』

【作用】

〔補〕補土・寧心安神

〔瀉〕舒筋活絡・清心除煩

【弁証主治】

◆心熱証「身熱を治す」

※心瘧・発熱、小児のひきつけ・睡眠障害・喉渇・掌の火照り・心痛・動悸、胸苦しさ・臍上の強い拍動・脈浮洪・夜間に症状が悪化など

◆手少陰経(筋)病

しゃっくり・※伏梁・※肘網の痛み・上肢の痛み、冷え、静脈瘤・インポテンツなど


◆脾虚証「火経火穴/火生土/虚すれば其の母を補う」

胃腸虚弱、萎縮性胃炎・貧血、血液疾患・婦人科疾患など

【症例/個人的見解】

・火陰経の火穴は全経穴中、最も火陰性が強い。そういう意味では土性(脾胃・肌肉・口など)に対する補法にも応用できるのではないだろうか?


・少陰経中、最も火気の強い穴であるので、先の神門の手少陰経に関する主治はほぼ当てはまる。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

 

※心瘧…悪寒・胸焼け・清水を見たがる・寒がるが熱は高くない。

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中