足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 足少陰経筋, 婦人科疾患, 井(木/金)穴「心下満を治す」

至陰(しいん)

BL67)至陰(zhi4yin1)(しいん)

【取穴】足の第5指、末節骨外側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

【名の由来】「至=尽きる」。本穴にて足太陽経気が尽き、脈気が足少陰経に完全に移行する事から。

【要穴】

『足太陽経井金穴(水経金穴/自経母穴/金生水)』

『根結:足太陽之根』

【交会】

・経絡(2):足太陽経-足少陰経

・経筋(2):足太陽経筋の結す処(足小指上)・足少陰の起する処

【作用】

〔補〕補益太陽(少陰)

〔瀉〕疏通経絡・調整陰陽・清頭明目・矯正胎位

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱、意識障害〔瀉血〕など

◆足太陽経(筋)病

発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・身体を揺すれないなど

◆足少陰経(筋)病

てんかん発作・貧血、血液疾患、萎縮性舌炎〔金針で瀉血〕、萎縮性胃炎、※積聚・喘息・腰痛 ・こむら返り・踵痛・足第5指のマヒなど

◆腎虚(気滞)証「心下満を治す/虚すれば其の母を補う」

加齢性の視力低下、耳鳴、難聴・痴呆、失語症・てんかん・半身不随・更年期障害・泌尿器、婦人科疾患、逆子〔特に右〕、難産・分娩促進・痔・部位がはっきりしない疼痛・脈沈遅など

【配穴】

+会陰…痛痒

+合谷〔補〕…不妊〔至陰は瀉〕

【症例/個人的見解】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高い。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

・本穴は足少陰経の始穴でもあるので、膀胱病よりは腎病への効果が高いように思う。

・難産(逆子や分娩困難、胎盤がうまく出ないなど)の治療には古来よりよく使う。逆子に対し、至陰に火鍼をしたが、効果は良かった。特に右側が良いとある。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中