絡穴「去痰化瘀」, 腰背部痛, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 鼻疾患

飛揚(ひよう) ※蹻五(きょうご/伍行庵オリジナル)

BL58)飛揚(fei1yang2)(ひよう)・厥陽・飛陽・厥揚

【取穴】下腿後外側、腓腹筋外側頭下縁とアキレス腱の間、BL60)崑崙の上方七寸。

※BL60)崑崙の上方、BL57)承山の外下方一寸にある。

【名の由来】「飛揚=高く飛ぶ」。本穴の位置が跳躍時に膨隆する事から。また「飛=突然」。本穴より足少陰経に突然別れ出る処からとも。

【要穴】

『足太陽経絡穴/踝の上七寸、別れて少陰へいく

『根結:足太陽之入』

【作用】

〔補〕止血

〔瀉〕舒筋活絡

【絡脈主治】表裏にまたがる症状・足太陽絡脈の瘀血痰飲証 

〔補〕鼻血 

〔瀉〕頭痛・鼻づまり・項頚部痛・腰背部痛

【弁証主治】

◆足太陽経(筋)病

風邪・発熱による疼痛・鎖骨窩痛・脇痛・坐骨神経痛・膝の炎症・こむら返り〔鍼7分+灸5壮〕・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】痔・下肢のムクミ

【弁証配穴】

『原絡配穴(腎⇒膀胱):太渓+飛揚』…腎の所生病

+申脈〔繆刺法…反対側を瀉血〕+患部周囲の夾脊穴…足太陽絡脈の実証

【主症配穴】

+上星…鼻水

+印堂…鼻づまり

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・絡脈としての飛揚は鼻に関する主治が多い。花粉症などに応用できるかと思う。

 

―――――――――――――――――

※蹻五(qiao2wu3)(きょうご)

※伍行庵オリジナル。

【取穴】下腿後外側、腓腹筋外側頭下縁とアキレス腱の間、BL60)崑崙の上方五寸。

【名の由来】本穴が踵(蹻)の上五寸にある事から。

【要穴】『標本:足太陽之本(踵上五寸)』

※原文には「足太阳之本、在跟以上五寸中」とある。

【弁証主治】◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛・※会陰之脈腰痛など

【症例/個人的見解】

・『足太陽之本』である「跟上五寸」には該当する経穴がないが、『素問刺腰痛篇第四十一』にも治療のポイントとしての記載がある。飛揚~附陽の変化(筋硬結・静脈の浮沈・色など)は、眼疾患(足太陽之標)・腰痛の診断・治療に役立つと考えられる。

 

※会陰之脈腰痛…痛む部位に流れるように汗が出て、咽が渇き、水を飲むと動きたがる。

※会陰之脈…八髎穴から会陽に至るライン。巨陽之中絡。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中