眼疾患, 手陽明経筋, 手陽明大腸経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

二間(じかん)

LI2)二間(er4jian1)(じかん)・間谷・周谷

【取穴】

示指、第2中手指節関節橈側の遠位陥凹部、赤白肉際。

【名の由来】

示指の第二節にある事から。

【要穴】

『手陽明経榮水穴(金経水穴/金生水/自経子穴)』

【作用】

〔補〕養筋活絡

〔瀉〕清熱消腫

【弁証主治】

◆傷寒陽明病・陽明熱証「身熱を治す/実すれば其の子を瀉す」

発熱2日目・黄疸・汗がでない・咳嗽、痰多・口渇・喉痛・頚部リンパ節腫・便秘・尿赤・舌紅苔黄燥・脈洪数大〔瀉血〕など

◆手陽明経(筋)病

鼻疾患・口唇痛・歯痛・頬痛・項頚部痛・肩背のひきつれ、五十肩・上肢痛、悪寒、炎症・肘痛・腱鞘炎・第2指痛など

【主症主治】

眼疾患

【配穴】

+陰郄…悪寒戦慄

+列缺…咳嗽

【症例/個人的見解】

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

・検証:得気は第3指尖端へと響く感じ。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中