手 少陰 心 経(Ht)

手少陰心経(Shou-shaoyin-xin-jing)(Heart-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「手少陰の脈、心中に起り、出て心系に属し、膈を下り小腸を絡す」

「其の支脈は心系から上がり咽を挟み、目系につながる」

「本脈は心系から却って肺を上り、下りて腋下に出て、上腕内後側を手太陰経と手厥陰経の内側を行き、豆状骨へと至り、掌の内後側に入り、小指の内を巡りその端に出る」

・左右:計十八穴

「極泉」 「青霊(禁鍼)」 「少海『合水』」 「霊道『経金』」 「通里『絡』」 「陰郄『郄』」 「神門『兪土/原』」 「少府『榮火』」 「少衝『井木』」

『募穴:巨闕』

『背兪穴:心兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)背兪…「心兪」

(本)鋭骨(豆状骨)之端…「神門」

 

【概要】

・二陰/枢:損なうと精朽を生じる。

・気血:多気少血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:二分以下(留一呼以下)「霊枢経水第十二」

・子午:午刻(11:00~13:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「手少陰の別絡を『通里』と云い、手首の一寸半から別れて上り、経を巡りて心中に入り、舌本に系し目系に属す。また別れて太陽経にいく」

 

【経別(第六合)】「霊枢経別第十一」

『離(別)/入:淵腋(腋窩)』 『出:顔面』 『合:眼内眦(手太陽経へ?)』

 

【経筋(仲冬痺)】「霊枢経筋第十三」

「手少陰の筋、小指の内側に起り鋭骨(豆状骨)に結び、上りて肘内側に結び、腋に入りて太陰経筋と交わる」

「乳裏を挟み胸中に結び、上腕を巡り(?)、下りて臍につなぐ」

※「臍」へは手少陰経筋と足太陰経筋がつながる。この二経筋が、手足の連動にどう関わるかかは、とても興味深い。

・結処

『第5指(少衝)』 『鋭骨(神門)』 『肘内側(少海)』 『胸郭』 『臍(神闕)』

広告