ストレス/不安障害、パニック障害, 絡穴「去痰化瘀」, 衝脈, 足太陰脾経, 八宗穴/八脈交会穴, 婦人科疾患, 更年期障害, 消化器疾患

公孫(こうそん)

 

SP4)公孫(gong1sun1)(こうそん)

【取穴】

足内側、第1中足骨底の前下方、赤白肉際。

※SP3)太白から近位に向かって擦上すると陥凹に触れる。第1中足骨底部の遠位陥凹部にある。

・筋肉:母趾外転筋・前脛骨筋腱

・運動神経:内側足底神経(母趾外転筋)・深腓骨神経(前脛骨筋)

・知覚神経:伏在神経

・血管:足背動脈の枝

【名の由来】

「公孫=黄帝の姓」。脾は中土に位置し、四方を統治する事から。

【要穴・交会】

『足太陰経絡穴/足の第1中足指節関節の後一寸、別れて陽明に行き、胃腸に入り絡す』

『八脈交会穴(×衝脈)』

【作用】

〔補〕健脾和胃・理気益胃

〔瀉〕通腸化湿・降痰除煩・平衝降逆・理気寛胸

【絡脈主治】表裏(足陽明経)にまたがる症状・足太陰絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕肝硬変など

〔瀉〕※霍乱・頭痛・※面疔・※癰など

【弁証主治】

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・嚥下困難・心窩部痛・胃腸虚弱・脈浮緩・09:00~11:00あるいは21:00~23:00の異常など

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる〔補〕

身体が膨張したように感じる〔瀉〕

痴呆・自律神経失調、更年期障害・内眼眦痛・腹中のひきつれ、痙攣・喉のつまり、喘息・泌尿器、婦人科疾患・股関節痛・筋力低下・皮膚静脈炎など

【主症主治】

足第1指のマヒ・内反尖足・足底痛

【弁証配穴】

『原絡配穴(胃⇒脾):衝陽+公孫』…胃所生病/血病

【主症配穴】

『八脈交会配穴:公孫+内関/動悸・胸苦しさ・腹痛』〔横隔膜より上の問題は内関を主に、臍より下の問題は公孫を主に〕

+液門…常に眠い

+梁丘…胃痛・悪心嘔吐

+神闕〔灸〕…腹張 〔公孫は瀉〕

【症例/個人的見解】

・絡脈は皮下静脈との関わりが深いので、瀉血が有効。

・『内関+公孫』の配穴は、心包/脾の関係というより、絡穴の性質(表裏をつなぐ)を介しての心包/胃の辰戌関係に基づくものと考える。そう考えたほうが、効能の説明がつく。

 

※面疔…初期は粟粒様で上に白膿頭があり、堅・根深・釘様。激痛があり、急激に拡がり黄色くなる。

※癰…腫大根浅、赤色を呈して痛みが強く、皮膚は薄く光沢があり、化膿しやすく、すぐふさがる。外癰・内癰がある。

※霍乱…突発性のひどい嘔吐と下痢、胃の気持ち悪さ。寒・熱・乾・湿の区別があり、筋肉の痙攣(特に腹筋・腓腹筋)を生じることもある。コレラや細菌性食中毒も該当。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中