神経変性疾患, 腰背部痛, 陰蹻脈, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 回陽九針, 井(木/金)穴「心下満を治す」

湧泉(ゆうせん)

 

KI1)湧泉(yong3quan2)(ゆうせん)・地衝・蹶心・地衢

【取穴】

足底、足指屈曲時、足底の最陥凹部。

※足指屈曲時、足底部で第2・3指の間のみずかきと踵を結ぶ線上、みずかきから1/3にある。

【名の由来】

本穴が足少陰経の最初の穴であり、腎の脈気が湧き出る場所である事から。

【要穴】

『足少陰経井木穴(水経木穴/自経子穴/水生木)』

『根結:足少陰之根』

【交会】

・経絡(2):足少陰経-陰蹻脈 ※一説には陰蹻脈の交会とも

【作用】

〔補灸〕『回陽九針穴/蘇生・降火潜陽・導邪(導痰・導熱・引血)下降』 

〔瀉〕醒脳開竅・引火下行・平衝降逆・安神鎮静・催産引産

【弁証主治】

◆気滞証「心下満を治す/実すれば其の子を瀉す」

※奔豚、更年期障害など

◆足少陰経(筋)病

てんかん発作・貧血、血液疾患・痴呆・喘息・※昌陽脈腰痛 ・O脚・下半身の冷え、痛み、ひきつれ・老化症状など

◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

悪風発熱〔瀉血〕・自律神経失調・視力低下、眼裏痛・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

【弁証配穴】

+大鐘…足少陰絡脈の実証〔繆刺法…反対側の湧泉を瀉血〕

【主症配穴】

『三才穴:湧泉+百会+水溝/意識障害・昏睡』〔瀉法〕

『回陽九針穴法:瘂門⇒労宮⇒三陰交⇒湧泉⇒太渓⇒中脘⇒環跳⇒足三里⇒合谷/蘇生法?』

+陰交〔速瀉〕…発熱 〔湧泉は久補〕

+行間…糖尿病

+崑崙…慢性の深部の痛み〔瀉法〕

+太渓…耳痛

+労宮…手汗・足汗

+至陽…急性肝炎〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強いが、本穴は例外的に補陽の役割の方が高い。経絡的に、足少陰経の始穴は至陰であるためか?

・本穴に生附子・生半夏・呉茱萸・大蒜・大葱・白芥子・南星・生香附子などを貼付する療法もある。補陽に効果的。

・中国では『回陽九針穴』を順番に取穴していくと、一時的な蘇生効果があるともいわれる。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・「陽緩み陰急す」を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・陰を病むと熱を生ず。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※-素問刺腰痛篇第四十一-に記載の『昌陽之脈』を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中