足 少陰 腎 経(Ki)

足少陰腎経(Zu-shaoyin-shen-jing)(Kidney-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「腎足少陰の脈、足の小指の下に起り、斜めに足心を行き、然谷の下に出て内踝の後側を巡り、別れて踵中に入り、ふくらはぎの内側に出て、大腿の内後側を上る」

「脊を貫き、腎に属し膀胱を絡し、その本脈は腎から上がり肝と横隔膜を貫く。肺中に入り、咽喉を尋ね、舌本を挟む。その支脈は肺から出て絡し、胸中に注ぐ」

・左右計五十四穴

「湧泉『井木』」 「然谷『榮火』」 「太渓『兪土/原』」 「大鐘『絡』」 「水泉『郄』」 「照海『八宗陰蹻』」 「復溜『経金』」 「交信『陰蹻郄』」 「筑賓『陰維郄』」 「陰谷『合水』」 「横骨(禁鍼)」 「大赫」 「気穴」 「四満」 「中注」 「肓兪」 「商曲」 「石関」 「陰都」 「腹通谷」 「幽門」 「歩廊」 「神封」 「霊墟」 「神蔵」 「彧中」 「兪府」

※個人的には、「横骨~中注」は任脈の交会穴、「中極」「関元」「陰交」とともに胞宮と深い関わりを持ち、特に妊娠に強く関係すると考える。一方、肓兪~幽門は胎児期の循環に強く関係するのではないだろうか? とするなら、出生以後の「肓兪~幽門」の経穴的な意味は少なく、このラインの運用は乳幼児期の接触鍼的な施術法に限定されるかもしれない。

※本経の体内流中は、表裏の臓腑である『腎-膀胱』はもちろん、『肺』と『肝』にも通じ、喉を通って舌本に至る。 つまり、足少陰経で気機の調節(肺-肝の役割)へのフォローが可能と考えられる。

『募穴:京門』

『背兪穴:腎兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)『背(腎)兪・舌下両脈(金津・玉液)』

(本)『内踝下から上三寸中…三陰交?』

 

【概要】

・二陰/枢:損なうと精朽を生じる。

・気血:多気少血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:二分(留三呼)「霊枢経水第十二」

・子午:酉刻(17:00~19:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「足少陰の別絡を『大鐘』と云い、踝後から踵を循り、別れて足太陽経に行く。その別枝は本経に沿って心包へ上り行き、外に下りて腰脊を貫く」

 

【経別(第一合)】「霊枢経別第十一」

『離(別)/入:膕/膝裏』 ※此処で一度足太陽経を合す。

『出:命門』 ※此処で帯脈へ。

『出:項』 『合:足太陽経へ』

 

【根結】「霊枢根結第五」

『根:湧泉』 『結:廉泉』

 

【経筋(仲秋痺)】「霊枢経筋第十三」

「足少陰の筋、小指の下に起り、足太陰経筋に沿って内踝の下を斜めに行き、踵に結び、足太陽経筋と合して上り、内輔(脛骨内側顆)の下に結ぶ」

「足太陰経筋に沿って上り陰器に結び、脊内を巡り膂を挟み、上りて項に至り、枕骨(後頭骨)へ結び、足太陽経筋と合す」

・結処

『足第5指の下(至陰)』 『踵(大鐘・水泉・照海)』 『脛骨内側顆(陰谷)』 『陰器(横骨)』 『枕骨(脳戸・玉枕)』

広告