眼疾患, 精神疾患, 血流不全、血圧異常, 足厥陰経筋, 足厥陰肝経, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

行間(ぎょうかん)

 

LR2)行間(xing2jian1)(ぎょうかん)

【取穴】

足背、第1・第2指間、みずかきの近位、赤白肉際。

【名の由来】

「行=通過」。本穴が第一趾と第二趾の間にある事から。

【要穴】

『足厥陰経榮火穴(木経火穴/木生火/自経子穴)』

【作用】

〔瀉〕清泄肝火・疏肝理胆・熄風潜陽

【弁証主治】

◆肝実熱証「身熱を治す/実すれば其の子を瀉す」

緑内障・高血圧(顔の腫れ・動悸・脈弦)・悪寒発熱・※子癇・黄疸・躁鬱・喉渇・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常・手足の火照り・帯状疱疹、皮膚の乾燥など

◆足厥陰経(筋)病

腰痛・性欲の異常、インポテンツあるいは勃起の異常継続・泌尿器、婦人科疾患・下腿内側~内股のひきつれ・こむら返り・内踝前の痛み・足母指痛・手足の冷えやむくみ〔透太衝〕など

【主症主治】

排便異常

【主症配穴】

+太衝…頬の痙攣

+太渓…歯痛

【症例/個人的見解】

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

・-美容と健康の鍼灸(張仁編著・浅野周訳/三和書籍)-によれば、「本穴には優れた降圧作用があり、血圧に限らず眼圧にも作用する」とある。

 

※子癇(妊娠癇証・妊娠風痙・児痙・子冒)…妊娠6~7ヶ月後或いは分娩時に、突然眩暈がして卒倒し、手足痙攣・咬い締め・目睛直視し、口から白沫を吐き、甚だしい時は角弓反張を起こす。徐々に覚醒するが、また繰り返し発作を起こす。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中