足 厥陰 肝 経(Lr)

足厥陰肝経(Zu-Jueyin-gan-jing)(Liver-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「肝足厥陰の脈、足の母指の叢毛の際に起り、上りて足甲から内踝の上一寸を巡り、踝の上八寸にて足太陰経の後に交わり出て脛の内側を上り、内股を巡りて陰毛の中に入り、陰器を過ぎ小腹に至り、胃を挟み肝に属し胆を絡す」

「本脈は上りて横隔膜を貫き、脇肋に分布し、咽喉の後を巡り、上りて頏顙(副鼻腔)に入り、目系に連なり額に出て、督脈と巓にて会す」

「其の支脈は、目系から頬裏を下り、唇内側を環す」

「其の支脈は、肝から別れ横隔膜を貫き、上りて肺に注ぐ」

※頏顙(副鼻腔?)を通るとされる経絡は、本経と、足厥陰経・衝脈の三条。耳管の不通によるような耳鳴、気圧差による頭痛などは、この三経を中心に考えるべきか?

・左右計二十八穴

「大敦『井木』」 「行間『榮火』」 「太衝『兪土/原』」 「中封『経金』」 「蠡溝『絡』」 「中都『郄』」 「膝関」 「曲泉『合水』」 「陰包」 「足五里」 「陰廉」 「急脈」 「章門『脾募』」 「期門『肝募』」

『募穴:期門』

『背兪穴:肝兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)『背(肝)兪』

(本)行間の上五寸…『中封』か『蠡溝』付近?

 

【概要】

・一陰/合:損なうと神の不寧(精神疾患)・脈病を生じる。

・気血:少気多血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:一分(留二呼)-霊枢経水第十二-

・子午:丑刻(01:00~03:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「足厥陰の別絡を『蠡溝』と云い、内踝の上五寸、別れて少陽に行く。その別脈は、脛から睾丸へ直上し、陰茎に結ぶ」

 

【経別(第二合)】-霊枢経別第十一-

『離(別):跗上(足甲)/太衝?』 『合:陰毛の際(鼠蹊部)で足少陽経へ』

※第二合では、足厥陰経は、鼠径部で合した後は足少陽経別に依乗して肝胆へとつなぐ。

 

【根結】-霊枢根結第五-

『根:大敦』 『結:玉英(玉堂)・膻中』

 

【経筋(季秋痺)】-霊枢経筋第十三-

「足厥陰の筋、足の母指の上に起り、上りて内踝の前に結び、脛を巡りて内輔の下に結び、さらに上りて内股を巡り、陰器に結び諸筋を絡す」

※『肝』は「筋を主る」とされるが、経筋においては最もシンプル。陰器(陰茎)を「宗筋」と考えるためか?

・結処

『足第1指の上(大敦)』 『内踝前(中封)』 『内補下/脛骨内側顆(膝関)』 『陰器(陰茎)』

 

※本経は総合的にみて、「陰器(生殖器)」との関わりが強調されているように感じる。 特に男性の泌尿器系の疾患には、本経を主軸に治療を組み立てるべきかもしれない。

広告