合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 手少陰経筋, 手少陰心経

少海(しょうかい)

 

HT3)少海(shao3hai3)(しょうかい)・曲節

【取穴】

肘前内側、上腕骨内側上顆の前縁、肘窩横紋と同じ高さ。

※肘を曲げ、上腕骨内側上顆と肘窩横紋の内側端を結ぶ線上の中点にある。

【名の由来】

「少=少陰」「海=集まり帰する所」。本穴の効能が、少陰経にありながら他経にまで渡る広範囲なものである事から。

【要穴】

『手少陰経合水穴(火経水穴/水克火)』

【交会】

・経筋:手少陰経筋の結す処(肘内側)

【作用】

〔瀉〕行気和血

【弁証主治】

◆気逆証「逆気而泄を治す/水克火」

※脳風・しゃっくり・※伏梁・インポテンツ、遺精など

◆手少陰経(筋)病

上肢前内側の冷え、痛み、静脈瘤・※肘網の痛みなど

【主症主治】

虫歯

【配穴】

+天井…頚部リンパ節結核

+陰市…狭心症

【症例/個人的見解】

・心(火)経の水穴であることから、精神面での熱逆にはよく用いられる。ストレスから生じるEDなどにも有効か?

・虫歯、歯痛に効くとあるが、試したことはない。経穴理論からもよく分からないが・・・

 

※脳風…健忘・急性の頭痛・めまいと耳鳴・蓄膿・泡の様な涎を吐くなど。脳腫瘍などによるものか?

※心積伏梁…五積之一。臍上から心窩部にかけて大きなしこりが在り、慢性化する。顔が赤い・喉が渇き、唾に血が混じる・動悸・胸苦しさ・お腹の中の熱感・掌のほてり・脈沈芤。悪化すると痙攣をおこすことも。

※肘網…肘に分布する細網(孫絡?)。脳梗塞後の肘のこわばりなどはコレによる。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中