陽 維 脈(YaLV)

陽維脈(Yangwei-mai)(Yang-link-vessel)

【経脈流注】

-奇経八脈考-

「陽維は諸陽の会に起こり、その脈は足太陽経の金門穴にはじまる」

「外踝を上ること七寸、足少陽経の陽交に会す。これ陽維の郄なり」

「膝外側を巡り、股関節を上りて少腹の際に至り、足少陽の居髎に会す」

「脇肋を巡り、肘の上(肘が側腹部に当たる処)を斜めに上り、臂臑にて手陽明経・手足太陽経と会す」

「肩前を過ぎ、臑会・天髎にて手少陽経と会し、翻って肩井にて手足少陽経と足陽明経に会す」

「肩後に入り、臑兪にて手太陽経と陽蹻脈に会し、耳後を上りて風池にて手足少陽経と会す」

「脳空・承霊・正営・目窓・頭臨泣を上り、額に下り陽白にて手足少陽と手足陽明、陽維の五脈が会し、頭を巡り、耳に入り、本神に至りて止まる」

「陽維之脈は手足の三陽を相維ぎ、特に足太陽と足少陽は、終始相連なり附くものなり」

※『諸陽の会』とは、金門一穴を指すのではなく、三陽経の交会穴全般を指す。その為”三陽の枢”である少陽経に、その依乗する穴が多い(その意味では、懸鐘・陽輔も陽維脈との関係は深いと思われる)。

※また頭部は特に三陽の連絡が密であり、故に『諸陽は皆頭に会す』と云われる。

※三陽の経絡中、足太陽経と足少陽経はその走行や交会も含めて密接な関係にあり、”陽をつなぐ”役割を持つ陽維脈もまた、特に太陽・少陽の二経との関わりが深い。上記の『皆頭に会す』という事も併せて考えるに、陽維脈穴とされる脳空・承霊・正営・目窓・頭臨泣・陽白・本神以外にも、足膀胱経との交会である曲鬢・率谷・天衝・浮白・頭竅陰・完骨も、陽維の一部と考えてもよいかもしれない。

・左右計三十八穴

※陽維脈に属する穴は、文献によるばらつきが多い。此処では-奇経八脈考-記載の三十二穴に加え、-鍼灸甲乙経-に記載のある瘂門・風府、-鍼灸大成-に記載のある日月、更に宗穴である外関を加え、計三十八穴とする。

※-鍼灸甲乙経-では居髎・臂臑・臑会を含めず、瘂門・風府を追加している。

※陽輔・頭維を加える事もあるが、文献少数につき、此処では省く。

 

「金門」 「陽交『陽維郄』」 「居髎」 「日月」 「臂臑」 「臑会」 「天髎」 「肩井」 「臑兪」 「瘂門」 「風府」 「風池」 「脳空」 「承霊」 「正営」 「目窓」 「頭臨泣」 「陽白」 「本神」

『宗穴/八脈交会穴:外関』

 

【概要】

・「維=維ぐ・維持・連絡」。陽維脈が諸陽経を繋ぎ、三陽の連絡を密にする役割を持つ事から。

【諸陽之会に起こり、一身の表を主る】

・維脈は陰陽の諸経をつなぎ、満ち溢れた脈気を蓄積する。しかし脈気を正経に戻す事はない。故に陽維脈は”諸陽の会”に起こる。

※側溝のようなイメージか?陽維脈に蓄積された陽気は正経に環流せず、脈外を流れる『衛気=表』になると思われる。

※衛気の盛衰に深く関与する。

 

【主治】「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・多汗・四肢の冷えなど

意識障害・めまい・胸苦しさ・腰痛など

てんかん・躁鬱など

 

【症例/個人的見解】

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず

広告