足陽明経筋, 足陽明胃経, 井(木/金)穴「心下満を治す」

厲兌(れいだ)

 

ST45)厲兌(li4dui4)(れいだ)

【取穴】

足第2趾、末節骨外側、爪甲角の近位外方一分(指寸)、爪甲外側縁の垂線と爪甲基底部の水平線の交点。

【名の由来】

「厲=戊土=脾胃」(十天干)、「兌=口」(八卦易象)。本穴が口周囲の疾患を主治し、口は胃の門戸である事から。

【要穴】

『足陽明経井金穴(土経金穴/土生金/自経子穴)』

『標本:足陽明之本』

『根結:足陽明之根』

【作用】

〔瀉〕活絡開竅・回陽救逆

【弁証主治】

◆温病

悪寒戦慄をともなう3日以上の高熱、感染症、髄膜炎、リンパ節腫・血液疾患〔灸3壮/金針で瀉血〕・出血傾向など

◆胃実証「心下満を治す/実すれば其の子を瀉す」

萎縮性胃炎・アレルギー疾患・自己免疫疾患・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経(筋)病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・耳疾患・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【主症主治】

※尸厥

【弁証配穴】

+豊隆…足陽明絡脈の実証〔厲兌は繆刺…反対側を瀉血〕

【主症配穴】

+隠白…悪夢・常に眠い

+合谷…下歯痛

【症例/個人的見解】

・急性の強い心痛に対し、厲兌の反対側(足第2趾、末節骨内側)に大きめの灸を据えると良い。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴は、どの経絡でも精神疾患への効果が高い。

・井穴はその位置的に、いずれも瀉熱作用〔瀉血〕が強い。

 

※尸厥…発作性の昏倒。手足の冷え・鳥肌・顔色が青黒い・うわごと・咬い締め・めまい・呼吸微弱、脈絶微弱など。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中