手 厥陰 心包 経(Pc)

手厥陰心包経(Shou-jueyin-xinbao-jing)(Pericardium-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「心主手厥陰心包絡の脈、胸中に起り、出て心包絡に属し、膈を下り、三焦を歴絡す」

「その支脈は胸を巡り脇に出て、腋を下ること三寸、上って腋に至り、上腕を手太陰経と手少陰経の間を下り、肘中に入り、前腕の両筋の間(長掌筋の2本の筋)を下り、掌中に入り、巡りて中指の端に出る」

「更にその支脈は、掌中から別れ、第四指の端に出る」

・左右:計十八穴

「天池」 「天泉」 「曲澤『合水』」 「郄門『郄』」 「間使『経金』」 「内関『絡』」 「大陵『兪土/原』」 「労宮『榮火』」 「中衝『井木』」

『募穴:膻中』

『背兪穴:厥陰兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)腋下の下三寸…「淵腋」?

(本)掌の後、両筋の間二寸中…「内関」

 

【概要】

・一陰/合:損なうと神の不寧(精神疾患)・脈病を生じる。

・気血:少気多血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:二分以下(留一呼以下)-霊枢経水第十二-

・子午:戌刻(19:00~21:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

※心包と三焦と膏肓について

心包の兪穴である『厥陰兪』の外方一寸五分には『膏肓』があり、三焦の兪穴である『三焦兪』の外方一寸五分には『肓門』がある。

「膏」「肓」ともに字義としては「脂肪」を指す。

解剖学的見地からみれば

心臓を覆う心膜には、免疫系の重要な器官である「胸腺」があり、胸腺は成人後、脂肪組織に置き換わる。

また『三焦兪』は『腎兪』の一椎体上に位置し、この位置関係は「副腎」を思わせる。

副腎皮質もまた、脂肪滴を多く含む上皮細胞組織であり、腹膜後方の脂肪に包まれ、分泌するステロイドホルモンもまた脂質からなる。

(副腎髄質は、交感神経の神経節が変化したもの)

脂肪の本来の働きは、「脳」と「生殖」のための安定した栄養供給にある。

(故にヒトは他の霊長類に比べて圧倒的に体脂肪が多い)

 

東洋医学においては、「脳(髄海)」も「生殖(天癸)」も『腎気』の働きであり、

心包を『心主』、三焦を『原気之別使』とも呼ぶことを考えると、

心包と三焦と、胸腺と副腎

 

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「手心主の別絡を『内関』と云い、手首の上二寸、両筋の間を出て、本経を巡りて上行し、心に系し、心系を包み絡す」

 

【経別(第六合)】-霊枢経別第十一-

『離(別)/入:淵腋(腋窩)』 『出:咽喉・耳後(完骨)』 『合:手少陽経へ』

※一説には、胸中にて上脘と交会するとも。

 

【経筋(孟冬痺)】-霊枢経筋第十三-

「手心主の筋、中指に起り、手太陰経筋と平行し肘内側に結び、上腕の内側を上り腋下に結び、下りて肋を前後に挟み散ず」

「その分枝は腋に入り、胸中に散じ、上腕に結ぶ」

・結処

『第3指(中衝)』 『肘内側(曲澤)』 『腋下(極泉)』 『胸郭』

広告