陽 蹻 脈/絡(YaHV)

陽蹻脈/絡(Yangqiao-mai)(Yang-heel-vessel)

【経脈流注】

-奇経八脈考-

「陽蹻は足太陽経の別脈なり」

「その脈は踵中に起り、外踝の下、足太陽経の申脈穴から出る」

「踝後方から踵を循り、僕参を以て本とす」

「外踝を上りて三寸、跗陽を郄とす」

「直上して股関節外側、脇後を循り、肩甲骨上、臑兪にて手太陽経・陽維脈と会す」

「肩峰外側を上行し、巨骨にて手陽明経と会し、肩髃にて手陽明・手少陽と会す」

「人迎を上り、口吻を挟み、地倉にて手足陽明経と任脈に会す」

「足陽明経と同じく上行し巨髎と、承泣にて任脈と会し、内眦に至り、睛明にて手足太陽経・足陽明経・陰蹻脈と会す」

「睛明から上行して髪際に入り、耳後を下り、風池に入りて終わる」

-霊枢寒熱病第二十一-

「足太陽経に項を通り脳に入る脈あり」

「正に目の本に属し、名を目系と云う」

「頭目の苦痛は此処を治療し、項の中央、左右僧帽筋の間に在り、脳に入りて陰蹻、陽蹻に別れる」

「陰陽は相交わり、陽は陰に入り、陰は陽に出て目の鋭眦で交わり、陽気盛んであれば目が開き、陰気盛んであれば目を瞑る」

 

※陰陽蹻脈はともに跟中に起こり、睛明にて会し、脳の内外を循って風池に結ぶとされる。

 

・左右計二十七穴

※此処では-奇経八脈考-記載の二十三穴(本文に風府の記載はないが、凡二十三穴とあるので、欠損かと思われる)に、-鍼灸大成-で加えられている居髎と、通過点でありながら数えられていない人迎を加え、二十七穴とする。

※-鍼灸大成-では居髎を加え、風池・風府・睛明を除き二十穴としている。

 

「申脈『宗穴/八脈交会穴(陽蹻)』」 「僕参」 「跗陽『陽蹻郄』」 「居髎」 「臑兪」 「巨骨」 「肩髃」 「人迎」 「地倉」 「巨髎」 「承泣」 「睛明」 「風池」 「風府」

 

【概要】

・「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」。蹻脈が足跟から起き、人の健歩に関わる作用を持つ事から。

『一身左右の陽を主る』

・跟中に起こり、一身両側の陽を主る。

『足太陽之別脈』『陽絡』

・諸陽(六腑・督脈)に絡す。

 

※「蹻」の意味に加え、眼(視神経交叉)との関わりが深い事、-霊枢経筋第十三-に錐体交叉(運動性伝導路)を思わせる記述がある事などを考えると、陰陽蹻脈は中枢神経系(特に中脳・視床・小脳など)との関わりが深いと思われる。

※-難経二十六難-には十二絡脈に脾之大絡・陽絡(陽蹻脈)・陰絡(陰蹻脈)を加え、十五絡としている。これは、奇経の中でも特に蹻脈が、絡脈と同じ性質(本経から分枝し、経穴を持たず、諸経の連携を強化調節し、特異な主治を持つ)を持つ故かと考えられる。

 

【主治】「陰緩み陽急す」

半身不随・下肢外側のこわばり、外反足・腰背部痛(前屈困難)

統合失調症(幻覚・狂ったように走り、眼を閉じる事ができない)・不眠・内眼眦痛など

てんかん・悪風発熱など

部位がはっきりしない疼痛(むずむず脚症候群など)など

 

※「陰緩み陽急す」

・意味としては「陰側が弛緩し、陽側が拘急す」となる。

・之には外反足・リウマチ性外反母趾だけでなく、腰背の前屈困難や、脳血管障害後遺症なども含まれる。

・また陽蹻脈の病証では、表が病み裏に病変はなく(内臓等の異常なないが、皮膚表面の発赤やのぼせなどが顕著)、日中に症状が出る事が多い。

 

【症例/個人的見解】

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず

広告