経(金/火)穴「喘咳寒熱を治す」, 手太陽経筋, 手太陽小腸経

陽谷(ようこく)

 

SI5)陽谷(yang2gu3)(ようこく)

【取穴】

手関節後内側、三角骨と尺骨茎状突起の間の陥凹部。

・筋肉:伸筋支帯・尺側手根伸筋腱

・運動神経:橈骨神経

・知覚神経:尺骨神経浅枝

・血管:背側手根枝(尺骨動脈)

【名の由来】

「陽=外」「谷=骨と肉の間の陥凹」。本穴が小指側の尺骨茎状突起下際の陥凹部に在る事から。

【要穴】

『手太陽経経火穴(火経火穴/火気の強い穴)』

『根結:手太陽之溜』

【作用】

〔瀉〕瀉木・清熱瀉火・明目聡耳・清心安神

【弁証主治】

◆胆鬱痰擾証「喘咳寒熱を治す」「火経火穴/木生火/実すれば其の子を瀉す」

悪寒戦慄をともなう高熱・黄疸、口苦・リンパ節腫・咳嗽・呼吸困難・胸苦しさ・脇肋痛・外眼眦痛、目ヤニ・皮膚の乾燥、いぼ・脈弦など

◆手太陽経(筋)病

発熱による疼痛・視力低・耳鳴・下顎痛・項頚部痛・頚部静脈瘤・肩、肩胛骨痛・上肢後内側の痛み、火照り・第5指痛など

【配穴】

+侠渓…顎下リンパ節腫

【症例/個人的見解】

・火陽経の火穴は全経穴中、最も火陽性が強い。そういう意味では木性(肝・筋・眼など))対する瀉法にも応用できるのではないだろうか?

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中