《経外奇穴》, 発熱, 眼疾患, 禁灸穴, 手太陰経筋, 手太陰肺経, 指、手、手首痛, 榮(火/水)穴「身熱を治す」

魚際(ぎょさい) ※鳳眼(ほうがん)

LU10)魚際(yu2ji4)(ぎょさい)

【取穴】

手掌、第1中手骨中点の橈側、赤白肉際。

【名の由来】

本穴位が魚の腹の様であり、また赤白肉の「際」に位置する事から。

【要穴】

『手太陰経榮火穴(金経火穴/火克金)』

【交会】

・経筋:手太陰経筋の結する処

【作用】

〔補〕滋陰清熱

〔瀉〕清泄肺熱・宣肺止咳・咽喉清利・舒筋活絡

【弁証主治】

◆肺実熱証「身熱を治す/火克金」

悪寒戦慄を伴う発熱・リンパ節腫・喉の炎症・急性乳腺炎・のぼせ・掌の火照りなど

◆手太陰経(筋)病

呼吸器の虚弱・自律神経失調・咳嗽、喘息・吐血・上肢痛、ひきつれ・肘痛・ばね指・両手を交えてもだえる・臍右の強い拍動・脈浮など

【配穴】

+液門…喉が渇いて痛む〔瀉法〕

+照海…喉が渇いて痛む〔補法〕

+委中…片側の脇から背中へのひきつれ

【症例/個人的見解】

・「禁灸穴」とある。

・診断点として有効。魚際の細絡が青ければ胃寒、赤ければ胃熱、黒ければ久痺。赤青黒が混じっていると寒熱が入り混じっていて、点状に青くなっていると気虚。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。本穴も手太陰経筋上の化膿性筋炎などには効果的と考える。

・検証:得気は鋭く「小商」と「陽渓」へと走る。

 

―――――――――――――――――

鳳眼(feng4yan3)(ほうがん)

※経外奇穴-肘後備急方-

【取穴】

母指指節関節横紋橈側端。母指を屈曲して取穴。

【作用】

〔瀉〕通眼開竅

【名の由来】

「鳳=鳳凰」。掌を広げ、母指以外の四指を鳳凰の翼に見立てた時、本穴がちょうど鳳凰の眼の位置にくる事から。

【主治】

眼疾患・腱鞘炎

【症例/個人的見解】

・検証:得気はわずかに「曲池」にとどくか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中