足 少陽 胆 経(Gb)

足少陽胆経(Zu-shaoyang-dan-jing)(Gallbladder-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「胆足少陽の脈、外眼眦より起り、上りて頭角に至り、耳後を下り、頚を循りて手少陽経の前を行き、肩上に至り、却って手少陽経の後に交わり出て缺盆に入る」

「其の支脈は、耳後から耳中に入り、出て耳前を行き、外眼眦の後に至る」

「更に其の支脈は眦から別れ、大迎を下り、手少陽経と合して頬骨に至り、下りて頬車を加え、頚を下りて缺盆にて本脈と合し、胸中に下り横隔膜を貫き、肝を絡し胆に属し、肋骨裏を巡りて気街に出て、陰毛際を巡り横に向かい、股関節中に入る」

「本脈は缺盆から腋を下り、胸を巡りて季肋を過ぎ、股関節中で体内流注と合し、大腿外側、膝外側、腓骨の前を下り、絶骨の端に至り外踝の前に出て、足甲を巡り、足の第4指と5指の間に入る」

「其の支脈は足甲から別れて足の第1指の間に入り、第1指中節骨の内側を巡り、その端に出て、還りて爪甲を貫き、三毛に出ず」

・左右計八十八穴

「瞳子髎」 「聴会(禁灸)」 「上関(禁鍼)」 「頷厭」 「懸顱」 「懸釐」 「曲鬢」 「率谷」 「天衝」 「浮白」 「頭竅陰」 「完骨」 「本神」 「陽白」 「頭臨泣(禁灸)」 「目窓」 「正営」 「承霊(禁鍼)」 「脳空」 「風池」 「肩井(禁鍼)」 「淵液(禁灸)」 「輒筋」 「日月『胆募』」 「京門『腎募』」 「帯脈」 「五枢」 「維道」 「居髎」 「環跳」 「風市」 「中瀆」 「膝陽関(禁灸)」 「陽陵泉『合土/下合胆/八会筋会』」 「陽交『陽維郄』」 「 外丘『郄』」 「光明『絡』」 「陽輔『経火』」 「懸鐘『八会髄会』」 「丘墟『原』」 「足臨泣『兪木/八宗帯』」 「地五会」 「侠渓『榮水』」 「足竅陰『井金』」

『募穴:日月』

『背兪穴:胆兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)窗籠(耳)の前…『聴宮』? (本)竅陰の間…『足竅陰』

 

【概要】

・二陽/枢:太陽と陽明をつなぐ枢軸の役割。半表半裏証を患いやすい。損なうと気病・骨病(バランス・運動機能障害)を生じる。

・気血:多気少血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:四分(留五呼)「霊枢経水第十二」

・子午:子刻(23:00~01:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「足少陽の別脈を『光明』と云い、踝の上五寸、別れて厥陰に行き、下りて足甲を絡す」

 

【経別(第二一合)】「霊枢経別第十一」

『離(別)/入:陰毛の外際、鼠蹊部(髀関?)※此処で一度足厥陰経と合す/季肋(淵液・輒筋・日月?)』 『出:頤頷(頬部下方/耳下腺)』 『合:外眼眦から足少陽経本流へ』

 

【根結】「霊枢根結第五」

『根:足竅陰』 『溜:丘墟』 『注:陽補』 『入:天容・光明』 『結:窗籠/耳(聴会)』

 

【経筋(孟春痺)】「霊枢経筋第十三」

「足少陽の筋、足の第4指に起り、上りて外踝に結び、上りて脛外側を巡り、膝外側に結ぶ」

「其の分枝は腓骨から分かれ、上りて股関節へ行き、前方では伏兎に結び、後方では尻に結ぶ」

「本枝は季肋、腋前側、胸乳へと上り、缺盆に結ぶ」

「本枝は更に上りて腋を出て缺盆を貫き、太陽経筋の前に出て、耳後を巡り、頭角を上り(蹻脈と併行して)巓上で交わり、下りて頷に行き、上りて頄に結ぶ。故に左頭角を傷つくと右足が麻痺す。之を”維筋相交”と云う」

「其の分枝は、外眼眦に結ぶ」

・結処

『足第4指(足竅陰)』 『外踝(丘墟)』 『膝外側(陽陵泉)』 『伏兎』 『尻(環跳)』 『缺盆』 『頷』 『頄』 『外眼眦(瞳子髎)』

広告