精神疾患, 陽蹻脈, 足陽明胃経

地倉(ちそう)

 

ST4)地倉(di4cang1)(ちそう)・会維(hui4wei2)(えい)・胃維

【取穴】

顔面部、口角の外方四分(指寸)。

※口角の外方、鼻唇溝あるいは鼻唇溝の延長線上にある。

【名の由来】

古来、額を天庭・頬を「地」に喩え、食物を頬張る様が「倉」を連想させる事から。

【要穴】

『経別:第三合(足陽明の出る処)』

『標本:足陽明之標(頏顙/副鼻腔)』

【交会】

・経絡(3):手足陽明経-陽蹻脈-任脈 …鍼灸大成

※鍼灸聚英には「任脈の会」とも。

【作用】

〔瀉〕疏風活絡・扶正鎮痛

【弁証主治】

◆胃脾の病

消化器症状・貧血、血液疾患・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常・ベーチェット病〔黄蓮犀角湯(清熱解毒涼血)を用いる様な証〕など

◆陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・歯痛・頚部の腫脹など

◆陽蹻脈病「陰緩み陽急す」

てんかん・悪風発熱・半身不随・睡眠障害・下肢外側のこわばり、外反足・腰背部痛・部位がはっきりしない疼痛など

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・痔・糖尿病など

 

【主症主治】

口唇チック・三叉神経痛・顔面神経マヒ〔巨刺・透頬車〕

【配穴】

+水泉…半身不随・足に力が入らない

【症例検証/個人的見解】

・精神疾患患者は、口周囲の違和感、異感覚を訴えることが多い。脳の機能局在(ボディマップ)の広範囲に口唇の刺激が影響を与えることから考えると、脳疾患の治療ポイントとして有効かと思われる。

・陽が病むと寒を生ず。

・検証:得気はわずかに「大迎」の方へ。

 

※ベーチェット病…再発・寛解を繰り返す原因不明慢性血管炎。自己免疫疾患の一つ。眼、口、皮膚、外陰部の他、中枢・末梢神経、消化管、関節、血管を侵す全身性疾患。男性に多い。地域差がある事から環境・遺伝因子が原因の一つとも考えられている。皮膚の過敏性亢進の為、針をさした部位が真っ赤に腫れ上がる事がある。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中