足 太陰 脾 経(Sp)

足太陰脾経(Zu-taiyin-pi-jing)(Spleen-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「脾足太陰の脈、足の母指の端に起り、内側の赤白肉際を巡り、第1中足指節関節の後を過ぎ、内踝の前から脛骨の後方を巡り、足厥陰経と交わり前に出て、膝、股関節の前内側を上って腹に入る」

「脾を属し胃を絡し、横隔膜を上り喉を挟み、舌本に連なり舌下に散ずる」

「その支脈は胃から別れて横隔膜を上り、心中に注ぐ」

・左右計四十二穴

「隠白『井木』(禁灸)」 「大都『榮火』」 「太白『兪土/原』」 「公孫『絡』」  「商丘『経金』」 「三陰交」 「漏谷(禁灸)」 「地機『郄』」 「陰陵泉『合水』(禁灸)」 「血海」 「箕門(禁鍼)」 「衝門」 「府舎」 「腹結」 「大横」 「腹哀(禁灸)」 「食竇」 「天渓」 「胸郷」 「周栄」 「大包『脾大絡』」

※任脈との交会穴を含めて考えると、臍を囲むラインが見えてくる。此処は妊娠時に大きくなる部位であるので、『脾』の臓腑機能=気血生化から考えても、この経絡が妊娠出産に大きく関与するのは間違いない。

※また足太陰経は太倉(胃)に結び、舌下に散じ、心に注ぐ。その為、舌のこわばりや胃腸の問題にも用いる。

『募穴:章門』

『背兪穴:脾兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)『背(脾)兪・舌本(廉泉)』

(本)『中封前上、四寸之中…三陰交蠡溝の間?』

 

【概要】

・三陰/開:最も陰気の強い経絡。損なうと気虚を生じる。

・気血:多気少血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:三分(留四呼)-霊枢経水第十二-

・子午:巳刻(09:00~11:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「足太陰の別絡を『公孫』と云い、足の第1中足指節関節の後一寸、別れて陽明に行き、胃腸に入り絡す」

「脾の大絡を『大包』と云い、淵腋の下三寸から出て、胸脇に広がる」

※一説には「漏谷」も絡穴とされる。

 

【経別(第六合)】-霊枢経別第十一-

『合:髀(股関節・鼠径部)』 ※経別の主流は足陽明経へ。

 

【根結】-霊枢根結第五-

『根:隠白』 『結:大倉(中脘)』

 

【経筋(孟秋痺)】-霊枢経筋第十三-

「足太陰の筋、足の母指の内側の端に起り、上って内踝に結ぶ。脛骨内側顆に結し、内股に上って巡って髀(上前腸骨棘)に結び、陰器に集まり腹を上り、臍に結び、腹裏を巡り肋骨に結び、胸中に散る」

「其の内枝は脊をあきらかにす」

・結処

『足第1指(隠白)』 『内踝(商丘)』 『脛骨内側顆(陰陵泉)』 『髀枢(五枢?/上前腸骨棘)』 『陰部(曲骨・女性器?)』 『臍(神闕)』 『腹裏(大包?)』 『脊柱』

【症例/個人的見解】

・当院では、女性の生理周期にからむ諸症状(例えば頭痛や陰部痛)には本経を、同様の症状であっても男性の場合で更年期の影響がみられるような場合は足厥陰経をとるようにしている。

 

 

《脾》「※倉廩之官、五味出為」-素問霊蘭秘典論篇第八-

「仓廪之本、营之居也、名曰器、能化糟粕、转味而入出者也。其华在唇四白、其充在肌、其味甘、其色黄、此至阴之类、通于土气」-素問六節蔵象論篇第九-

・脾胃を併せて『倉廩之官』とする。《足陽明胃経》参照

・胃で腐熟された水穀から五味(精微/栄養)を化し、全身へ輸布する作用を持つ事から「五味出なり」とされる。

 

【後天之本、生化気血之源】【運化を主る】【統血を主る】

・脾は後天之精(飲食物からの栄養)を気と血へと変化させ、血液の秩序だった循環を司る。

・脾気の充足(固摂作用)が、血(生理や母乳も含む)の漏溢を防ぐ。⇒ 脾の機能低下は、崩漏・漏乳などを生じる。

〔肺+脾〕⇒ 宗気の生成

〔肺+脾+腎〕⇒ 水穀・津液の運化

 

【昇清を主る(脾は昇を以て健とす)】

・運化機能による精微・津液の精製と、その精微を上へと昇発する。

〔脾(昇清)+胃(降濁)〕⇒ 栄養の、全身への輸布を円滑にしている

⇒ 脾の機能低下は水湿の停滞を生む(脾は生痰の源、肺は貯痰の器)

 

【意を蔵し四肢を主る】【肌肉(筋肉)を主る】

「脾之合肉也、其荥唇也、其主肝也」-五蔵生成篇第十-

・思惟活動に関与し、手足の筋力・水分代謝や痩肥とも関係する。

 

 

「甘入脾(甘走肉):脾為吞:脾則畏:脾悪湿:脾為涎:脾蔵意:脾主肉:脾脉代」…宣明五気篇第二十三

「脾気通于口、脾和則口能知五谷矣」…霊枢脈度第十七

広告