足 太陰 脾 経(Sp)

足太陰脾経(Zu-taiyin-pi-jing)(Spleen-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「脾足太陰の脈、足の母指の端に起り、内側の赤白肉際を巡り、第1中足指節関節の後を過ぎ、内踝の前から脛骨の後方を巡り、足厥陰経と交わり前に出て、膝、股関節の前内側を上って腹に入る」

「脾を属し胃を絡し、横隔膜を上り喉を挟み、舌本に連なり舌下に散ずる」

「その支脈は胃から別れて横隔膜を上り、心中に注ぐ」

・左右計四十二穴

「隠白『井木』(禁灸)」 「大都『榮火』」 「太白『兪土/原』」 「公孫『絡』」 「商丘『経金』」 「三陰交」 「漏谷(禁灸)」 「地機『郄』」 「陰陵泉『合水』(禁灸)」 「血海」 「箕門(禁鍼)」 「衝門」 「府舎」 「腹結」 「大横」 「腹哀(禁灸)」 「食竇」 「天渓」 「胸郷」 「周栄」 「大包『脾大絡』」

※任脈との交会穴を含めて考えると、臍を囲むラインが見えてくる。此処は妊娠時に大きくなる部位であるので、『脾』の臓腑機能=気血生化から考えても、この経絡が妊娠出産に大きく関与するのは間違いない。

※また足太陰経は太倉(胃)に結び、舌下に散じ、心に注ぐ。その為、舌のこわばりや胃腸の問題にも用いる。

『募穴:章門』

『背兪穴:脾兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)『背(脾)兪・舌本(廉泉)』 (本)『中封前上、四寸之中…三陰交と蠡溝の間?』

 

【概要】

・三陰/開:最も陰気の強い経絡。損なうと気虚を生じる。

・気血:多気少血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:三分(留四呼)「霊枢経水第十二」

・子午:巳刻(09:00~11:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「足太陰の別絡を『公孫』と云い、足の第1中足指節関節の後一寸、別れて陽明に行き、胃腸に入り絡す」

「脾の大絡を『大包』と云い、淵腋の下三寸から出て、胸脇に分布する」

 

【経別(第六合)】「霊枢経別第十一」

『合:髀(股関節・鼠径部)』 ※経別の主流は足陽明経へ。

 

【根結】「霊枢根結第五」

『根:隠白』 『結:大倉(中脘)』

 

【経筋(孟秋痺)】「霊枢経筋第十三」

「足太陰の筋、足の母指の内側の端に起り、上って内踝に結ぶ。脛骨内側顆に結し、内股に上って巡って髀(上前腸骨棘)に結び、陰器に集まり腹を上り、臍に結び、腹裏を巡り肋骨に結び、胸中に散る」

「其の内枝は脊をあきらかにす」

・結処

『足第1指(隠白)』 『内踝(商丘)』 『脛骨内側顆(陰陵泉)』 『髀枢(五枢?/上前腸骨棘)』 『陰部(女性器?)』 『臍(神闕)』 『腹裏(大包?)』 『脊柱』

広告