手 太陽 小腸 経(SI)

手太陽小腸経(Shou-taiyang-xiaochang-jing)(Small-Intestine-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「小腸手太陽の脈、小指の端に起り、手外側を循り手首を上り、踝中に出て前腕の際を上り、肘内側両筋の間に出て、上腕外後側を循り、肩に出て解け、肩甲骨を纏い肩上で交わり、缺盆に入りて心を絡し、喉を巡り横隔膜を下り、胃に至りて小腸に属す」

「其の支脈は缺盆から頚を循り頬を上り、外眦に至りて、かえりて耳中に入る」

「其の支脈は、頬で別れて鼻筋を上り、内眦に至り、斜めに顴(頬骨)を絡す」

・左右計三十八穴

「少澤『井金』」※「龍眼」 「前谷『榮水』」 「後渓『兪木』」 「腕骨『原』」 「陽谷『経火』」 「養老『郄』」  「支正『絡』」 「小海『合土』」 「肩貞(禁灸)」 「臑兪」 「天宗」 「秉風」 「曲垣」 「肩外兪」 「肩中兪」 「天窗『手太陽入』」 「天容『足少陽入』」※「頷結」 「顴髎(禁灸)」 「聴宮」

『募穴:関元』

『背兪穴:小腸兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)命門/目之上一寸… 「攅竹」? 「陽白」

(本)外踝後…「腕骨」?

 

【概要】

・三陽/開:最も陽気の強い経絡。表証を患いやすい。損なうと急性症状・筋肉痛・液病を生じる。

・気血:少気多血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:二分以下(留一呼以下)-霊枢経水第十二-

・子午:未刻(13:00~15:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

 

「手太陽の別絡を『支正』と云い、手首の上五寸、内にて少陰経に注ぐ。その別枝は上りて肘に行き、肩髃を絡す」

 

【経別(第四合)】-霊枢経別第十一-

『離(別):』 『入:腋窩

※第四合は、経別の中でも少々特殊。

1,手少陰経別が明確に「手太陽に合す」という記述がない。

2,手太陽経別は体表に出ることがない。

3,手太陽経別の記述が、手少陽経の記述と対になっている。

-太阳之正、指地、别于肩解、入腋走心、系小肠也-

-手少阳之正、指天、别于巅、入缺盆、下走三焦、散于胸中也-

この対が何を意味するのかは、現時点では不明。

 

【根結】-霊枢根結第五-

『根:少澤』 『溜:陽谷』 『注:小海』 『入:天窗支正

 

【経筋(仲夏痺)】-霊枢経筋第十三-

「手太陽の筋、小指の上に起り、手首に結び、上りて前腕内側を循り、肘内鋭骨の後、弾くと小指に響く処に結び、上りて腋下に結ぶ」

「其の分枝は腋後へと行き、上りて肩甲骨を纏い、頚を巡りて足太陽経筋の前に出て、耳後完骨に結び、さらにその分枝は耳中に入る」

「本枝は耳上に出て、下りて頷に結び、上りて目の外眦に属す」

・結処

『第5指(少澤)』 『手首(腕骨)』 『肘内鋭骨後(尺骨神経溝/小海)』 『腋下(極泉)』 『完骨』 『頷』 『目外眦(瞳子髎)』 『角(頭維)』

 

《小腸》「受盛之官、化物出為」-素問霊蘭秘典論篇第八-

胃からの水穀の腐熟物を「受盛」し、分別吸収(泌別清濁)を行う。

小腸で水穀は精微を抜かれ糟粕と化す事から、「化物出なり」となる。

【君火腑(下焦の火)】

心と表裏を為し、心熱を体外に逃がす役割を持つ。

【泌別清濁を主る】

水穀の腐熟物から精微と糟粕を分別し、精微を吸収、糟粕を大腸・膀胱へと流す。この機能を失調すると下痢を生じる。

「大肠、小肠为泄」-素問宣明五気篇第二十三-

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告