経(金/火)穴「喘咳寒熱を治す」, 足陽明胃経, 浅腓骨神経, 深腓骨神経

解渓(かいけい)

 

ST41解渓(jie3xi1)(かいけい)・鞋帯

【取穴】

足関節前面、足関節前面中央の陥凹部、長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間。

・筋肉:前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋

・運動神経:深腓骨神経

・知覚神経:浅腓骨神経

・血管:前脛骨動脈

※足関節を背屈させたときに足背に明瞭に現れる2つの腱の間で、内果尖、外果尖を結ぶ線上の中点にある。

【名の由来】

「解=緩める」「渓=凹み」。本穴が下脛腓関節の陥凹部にあり、靴紐を解く処にある事から。

【要穴】

『足陽明経経火穴(土経火穴/火生土/自経母穴)』

【作用】

〔補〕火生土

〔瀉〕胃火清降・清宣陽明・気血宣通・疏筋利節

【弁証主治】

◆胃陰虚証喘咳寒熱を治す/虚すれば其の母を補う」

アレルギー疾患・自己免疫疾患・発熱・多汗・黄疸・鼻血・チック・頚部リンパ節腫・喉の炎症、咳嗽・消化器症状・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・※鵝口瘡・足陽明経上の熱感など

【配穴】

+百会…発作性の痙攣・ひきつけ

+通里…頭痛・眼の充血

+合谷〔灸〕…眉陵の強い痛み・めまい

+陽交…強い動悸、心痛

 

※鵝口瘡(雪口)…小児に多く、心脾二経の積熱による。猩紅熱に近いか?口中の糜爛・舌の表面に白屑の様な苔が大量に覆っている・口舌の痛み・身体が熱い・胸苦しさなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中