足 太陽 膀胱 経(Bl)

足太陽膀胱経(Zu-taiyang-pangguang-jing)(Bladder-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「膀胱足太陽の脈、目の内眦より起り、額に上りて頭頂にて交わる」

「その支脈の一つは頭頂から耳上角に至る」

「また一つは頭頂から内に入りて脳を絡し、還りて項を出て別れて下り、肩甲骨内側を巡り、脊中を挟んで腰中に達し、膂(背筋?あるいは中膂兪・白環兪の辺り)に入りて内を巡り、腎を絡し膀胱に属す」

「その支脈は腰中から下りて脊柱を挟み、臀部を貫き、膕の内に入る」

「その支脈は左右の肩から別れて肩甲骨を貫き下り、股関節の外側を過ぎ、大腿後側から下りて膕の中で(上記の支脈と)合し、さらに下りて外踝の後に出て、京骨を巡り小指外側に至る」

・左右計百三十四穴

「睛明(禁灸)」 「攅竹」 「眉衝(禁灸)」 「曲差」 「五処」 「承光(禁灸)」 「通天」 「絡却」 「玉枕」 「天柱」 「大抒『骨会』」 「風門」 『肺兪』 『厥陰兪』 『心兪』 「督兪」 「膈兪『血会』」 『肝兪』 『胆兪』 『脾兪』 『胃兪』 『三焦兪』 『腎兪』 「気海兪」 『大腸兪』 「関元兪」 『小腸兪』 『膀胱兪』 「中膂兪」 「白環兪」 「上髎」 「次髎」 「中髎」 「下髎」 「会陽」 「承扶」 「 殷門(禁灸)」 「浮郄」 「委陽『三焦下合』」 「委中『合土/膀胱下合』(禁灸)」 「附分」 「魄戸」 「膏肓」 「神堂」 「臆譆」 「膈関」 「魂門」 「陽綱」 「意舎」 「胃倉」 「肓門」 「志室」 「胞肓」 「秩辺」 「合陽」 「承筋(禁鍼)?」 「承山」 「飛揚『絡』」 「跗陽『陽蹻郄』」 「崑崙『経火』」 「僕参」 「申脈『陽蹻宗』(禁灸)」 「金門『郄』」 「京骨『原』」 「束骨『兪木』」 「足通谷『榮水』」 「至陰『井金』」

『募穴:中極』

『背兪穴:膀胱兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)命門…目/『睛明』? (本)踵上五寸…「飛揚」と「跗陽」の間?

【概要】

・三陽/開:最も陽気の強い経絡。表証を患いやすい。損なうと急性症状・筋肉痛・液病を生じる。

・気血:少気多血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:五分(留七呼)「霊枢経水第十二」

・子午:申刻(15:00~17:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

※足太陽経の走行は複雑で、そのいくつかには単独の名称がある。

「会陰之脈・太陽(巨陽)中絡」…八髎~会陽(~会陰)に至る行。

「直陽之脈」…脊を挟みて下行し膕に至り外踝の後部を行く行。

白環兪から体内に入り、膀胱・腎を経兪して「会陰之脈」につながると仮定するなら、「直陽之脈」は第二行線を指す事になる。

「会阴之脉、则足太阳之中经也。其脉循腰下会于后阴、故曰会阴之脉」

「直阳之脉、则足太阳之脉、挟脊下行、贯臀至腘循腨、过外踝之后、条直而行者、故曰直阳之脉也」…奇経八脈考

また頭頂から耳上角に至る支脈は、足少陽経との交会だが、完骨以後の流注の記載は特になく、少陽経に吸収されるような形となるか、あるいは陽維脈に含まれる形となるかははっきりしない。

※足太陽経と気街

気街とは、経気が集まり縦横に交通する場であり、全身を4つの「街」に分けている。

これらはいずれも足太陽経との関わりが深く、特に『頭街』『脛街』は、密接に太陽経と関係するように思う。

◇頭街=脳(髄海)

◇胸街=胸(募穴)と背兪(膈兪以上)

◇腹街=背兪(膈兪以下)と衝脈(特に臍の左右の動脈拍動部)

◇脛街=気衝・承山・踝周辺の各穴(気衝以下の陽明経、特に足三里~解渓とも) 

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「足太陽の別絡を『飛陽』と云い、踝の上七寸、別れて少陰へいく」

 

【経別(第一合)】「霊枢経別第十一」

『離(別)/入:膕/膝裏(委中・合陽)・肛門(長強・会陰・会陽)』 『出:項(玉枕・天柱)』 『合:足太陽経本流へ』

 

【根結】「霊枢根結第五」

『根:至陰』 『溜:京骨』 『注:崑崙』 『入:天柱飛揚』 『結:命門/目(睛明)』

 

【経筋(仲春痺)】「霊枢経筋第十三」

「足太陽の筋、足の小指の上に起り、踝に結び、斜めに上りて膝に結ぶ。足外踝の下を巡りて踵に結び、踝を上りてふくらはぎに結ぶ」

「其の別枝は踵外に結び、ふくらはぎの中央・内側を直枝と併せて大腿を上り、臀部に結び、上りて脊中を挟み項に上りる」

「分枝は分かれて深部に入り、舌本に結ぶ」

「直枝は項に結び、頭を上り顔を下りて鼻に結ぶ」

「其の分枝は目上網となり、下りて頄に結ぶ」

「また一方の分枝は脇後外側から肩髃に結び、さらに別れて缺盆に出て、斜めに上り完骨に結び、頄に出る」

・結処

『足第5指上(至陰)』 『踵外(僕参)』 『外踝(崑崙)』 『膕/膝裏(委中・合陽)』 『臀(承扶/坐骨結節)』 『項(天柱)』 『枕骨(玉枕/後頭骨)』 『舌本(廉泉)』 『鼻(迎香)』 『頄』 『肩髃(天府付近)?』 『完骨(乳様突起)』

広告