ストレス/不安障害、パニック障害, 股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 脛街/血海, 膝痛, 衝脈, 足陽明胃経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 治熱五十九兪, 消化器疾患

上巨虚(じょうこきょ)

 

ST37)上巨虚(shang4ju4xu1)(じょうこきょ)・上廉・巨虚上廉

【取穴】

下腿前面、ST35)犢鼻とST41)解渓を結ぶ線上、ST35)犢鼻の下方六寸。

※前脛骨筋上にある。

【名の由来】

「巨虚=大きい隙間」。本穴が脛骨と腓骨の間にある事から。「巨=腸」の意味もある。

【要穴】

『大腸下合穴』

【交会】

・経絡(2):衝脈之下輸(足陽明経-衝脈)

【作用】

〔通〕『衝脈(血海・脛街)之兪/通理衝脈・温胃通腸・疏絡利湿』

〔瀉〕『治熱病五十九兪/清瀉胃熱・通腑瀉熱』

【弁証主治】

◆大腸病

排便異常・アレルギー疾患・脈浮・05:00~07:00あるいは17:00~19:00の異常など

◆足陽明経病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症など

◆衝脈病「逆気して裏急す」

身体が縮んだように感じる(自律神経失調、更年期障害・喉のつまり、喘息・腹中のひきつれ、痙攣・〔補〕

身体が膨張したように感じる(認知症など)〔瀉〕

内眼眦痛・泌尿器、婦人科疾患・股関節痛・筋力低下・皮膚静脈炎など

【主症主治】

脚気八処之穴の六/脚気・膝痛・股関節痛・下肢の鈍痛・足腰の筋力低下』

【弁証配穴】

『募合配穴(大腸):上巨虚・曲池+天枢』…大腸実証〔瀉法〕

『八脈配穴(衝脈):上巨虚+下巨虚+大杼』…衝脈病

【主症配穴】

+関元…口内炎〔上巨虚は瀉〕

+五枢…※奔豚

【症例/個人的見解】

・下巨虚と比べ、温補肌肉の効果がある。

・脚気には、先ずビタミンB1の摂取と吸収率の改善を。

 

※腎積奔豚…五積之一。脇腹にしこりが出来、このしこりが時々胸を衝き上げるようで苦しい・腹痛・往来寒熱・骨萎・息切れなど。パニック症候群に似る。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中