発熱, 腰背部痛, 風邪、呼吸器疾患, 足首、足、踵痛, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 原穴

京骨(けいこつ)

BL64)京骨(jing1gu3)(けいこつ)

【取穴】足外側、第5中足骨粗面の遠位、赤白肉際。

※第5中足骨粗面は、踵と第5中足指節関節のほぼ中央にある。

【名の由来】「京骨=第五中足骨」。

【要穴】

『膀胱原穴』

『根結:足太陽之溜』

【作用】

〔補〕補益原気・寧心安神

〔瀉〕疏通経絡

【弁証主治】

◆太陽/肺病(表証)

風邪、感染性発熱疾患(悪寒発熱・脈浮・顔が赤いなど)・発熱による疼痛

◆足太陽経(筋)病

項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・肩背部痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【弁証配穴】

『原募配穴(足太陽経):中極+京骨』…足太陽経病

『原絡配穴(膀胱⇒腎):京骨+大鐘』…膀胱病/筋病

『原合配穴(太陽経):京骨+委中』…足太陽経(筋)病

【主症配穴】+崑崙…慢性の背中まで響く胸痛・痙攣〔先に京骨・崑崙を取り、発作が治まらなければ然谷を〕

【症例/個人的見解】

・原穴はその臓腑経絡に加え、子午の表裏にある臓腑経絡も主治する。すなわち膀胱原穴である京骨は、手太陰肺経病(主に所生病)も主治とする。

・個人的には、原穴は『複合的臓腑連関』のつながりに基づいた、三臓腑を統合したような病状に用いるべきかと考える。

・本穴では「膀胱/肺/小腸」をつなぐ病状として、表証(風邪、感染性疾患)に適応と考える。

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高いが、足太陽経に関しては、京骨(原穴)の方が精神疾患には向いているように思う。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中