手 太陰 肺 経(Lu)

手 太陰 肺 経(Shou-taiyin-fei-jing)(Lung-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「肺手太陰の脈、中焦より起り、下りて大腸を絡し、還り胃口を循り、横隔膜を上りて肺に属し、肺系から腋際へ出る。上腕内側、少陰経の前を肘中、前腕内側と巡り、下り寸口に入り魚際を上り、母指の端に出る」

「その支脈は、手首の後から直に第2指内側に出る」

・左右:計二十二穴

「中府『肺募』」 「雲門」 「天府(禁灸)」 「侠白」 「尺澤『合水』」 「孔最『郄』」 「列缺『絡』」 「経渠『経金』(禁灸)」 「太淵『兪土/原』」 「魚際『榮火』(禁灸)」※「鳳眼」 「少商『井木』(禁灸)」

※手太陰経は肺-大腸に加え胃にも通じる。そのため、手太陰経で胃(特に噴門部の問題)へのアプローチもできる。

『募穴:中府』

『背兪穴:肺兪』

《標本》-霊枢衛気第五十二-

(標)腋内動脈拍動部…『極泉』? 

(本)寸口之中…『太淵』

 

【概要】

・三陰/開:最も陰気の強い経絡。損なうと気虚を生じる。

・気血:多気少血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:二分以下(留一呼以下)-霊枢経水第十二-

・子午:寅刻(03:00~05:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「手太陰の別絡を列缺』と云い、手首の上の筋肉の間に起き、本経に沿ってまっすぐ掌中に入り、魚際に散ず。

~手首から(一寸)五分の処に取り、別れて陽明に向かう」

【私見】

・個人的には、経絡とは、筋と筋の境目-中隔-を通ると考える。本経に関しては、上腕二頭筋の外側から橈骨粗面~長拇指屈筋膜にそって流れ、途中、円回内筋との交叉から絡脈《列缺》へ続くと考えている。

 

【経別(第六合)】-霊枢経別第十一-

『離(別)/入:淵腋(腋窩)』 『出:缺盆(鎖骨窩)』 『合:手陽明経へ』

 

【経筋(仲冬痺)】-霊枢経筋第十三-

「手太陰の筋、母指に起り、指を上り魚際の後に結ぶ。寸口の外側を行き、上りて前腕を循り肘中に結び、上腕内側を上りて腋下に入り、缺盆に出て、肩前髃(烏口突起?)に結ぶ。上りて缺盆に結び、下りて胸裏に結び、噴門を貫いて散じ、噴門の下で合し、季肋を支える」

・結処

『第1指(少商)』 『魚際』 『肘中(尺澤)』 『肩前髃(烏口突起/雲門と考える)』 『缺盆』 『胸裏』 『噴門(横隔膜/胃)』 『季肋』

 

《肺》「相傅之官、治節出為」-素問霊蘭秘典論篇第八-

『相傅』とは、首相(行政の最高府)。内政の全てを取り仕切る。

つまり肺が正常に機能していれば、五臓六腑は円滑に活動し、「治節出なり」となる。

 

【気之本】

「気之本、魄之処也。其華在毛、其充在皮、為陽中之太陰、通於秋気」-素問六節蔵象論篇第九-

「肺気通于鼻、肺和則鼻能知臭香矣」-霊枢脈度第十七-

・呼吸(鼻。嗅覚も肺に属す)=気・血・水の代謝(濁を排出し、清を巡らす)を調節する。

〔肺+脾〕⇒ 宗気の生成

〔肺+腎〕⇒ 吐(呼気)納(吸気)の調節

【宣発・粛降作用】【百脈を朝ず】【肺は水の上源】

「肺之合皮也、其栄毛也、其主心也」「諸气者、皆属于肺」-素問五蔵生成篇第十

〔肺+肝〕⇒ 気機の調整

〔肺+心〕⇒ 気血を全身に散布

〔肺+脾+腎〕⇒ 津液の代謝

【魄を蔵し皮を主る】【悲・辛・鼻水・咳・悪寒・毛脈】

「辛入肺(辛走気):肺為咳:肺則悲:肺悪寒:肺為涕:肺蔵魄:肺主皮:肺脈毛」-宣明五気篇第二十三-

 

【私見】

個人的には《魄》とは、「本能(先天)的な内への欲求」と考えている。つまり睡眠欲や草食欲に代表されるような、「自己完結しうる欲求」であり、そこには体内時計などの自律機能(皮膚/体性内臓反射)も含まれる。

・肺が司る《鼻》《呼吸》《脈拍》《皮毛》《魄(自律神経系)》は、近年、その相関関係が注目されている。

※鼻呼吸の中枢神経への影響

・呼吸では、呼気(Exhalation)時に脳は尾側に動き、吸気(Inhalation)時に元に戻るとともに、脳脊髄液(Cerebro Spinal Fluid=CSF)の生成を促す。また、心臓収縮期には脳と延髄が尾側内側に2~3㎜移動し、拡張期には戻る。

つまり、心拍はCSF代謝を高め、呼吸はCSF生成を高める。

・吸気(横隔膜収縮)時には、下大静脈の上行血流を促す。あわせて脊柱内のクモ膜下スペースにある静脈叢圧も減少するためCSFドレナージ効果がある。(横隔膜運動にあわせて小脳テントもうごく)


・大脳辺縁系を刺激(鼻吸気>口吸気)

・呼吸のリズムが周波を生み、感覚、記憶、集中、認知などに影響を与える・・・とする説もある。

口呼吸は・・・

・咀嚼機能が低下し、咀嚼筋のアンバランス-噛み合わせが悪くなる。

・気道確保のため猫背になる。

・胸郭を広げるために胸鎖乳突筋が過緊張、肋骨も上がるため、横隔膜運動パターンが乱れる。⇒有酸素運動のパフォーマンス低下。

・鼻腔内の求心性ニューロン、自律神経、三叉神経などの働きを抑制し、呼吸のコントロールが制限される。

 

※Mayer波:心拍変動を周波数解析した際にみられるLF=低周波成分(0.04~0.15Hz…約10秒周期)。血圧変動と同期している。

血圧変動は交感神経と副交感神経双方の影響をうけて心拍に反映されるが、呼吸変動は副交感神経のみの影響を受けて心拍に反映される。

つまりリラックス状態(副交感神経優位)では、呼吸と血圧、両方の影響が心拍に反映されるのに対し、緊張状態(交感神経優位)では、血圧変動のみが心拍に影響する。

東洋医学における『脈診』の技法は、心拍を診ることで自律神経系の状態を把握するという点において、理に適っていると考える。

また、通常約3秒/回の呼吸をより低周波によせる(約10秒周期)ことは、緊張状態をいち早く改善する技法としては正しいといえる。

 

※近年、有毛皮膚「にだけ」存在する《無髄求心性C線維》というものが注目されている。

この伝導速度の遅い受容器の接続は、通常の錐体路系をたどらず、脊髄後角の再表層 ⇒交感神経細胞 ⇒視床 ⇒島皮質(内受容調整の中心)へと伝達されている。

3~10㎝/秒のソフトな刺激(なでるような)は、この経路を通って幸福感やリラックス、情動(仲間意識など)に影響を及ぼす。

 

また、皮膚再表層の角質は、微細な凹凸はもちろんのこと、光、臭い、味、不可聴音域(ハイパーソニックエフェクト)、電気、気圧など五感以上を知覚しているとの研究もある。

これらの刺激は、脳に知覚されずとも、ホメオスタシスに影響を与えることが確認されている。

 

つまり《皮毛》と《魄(自律機能)》には、直接的なつながりがある。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675