手 太陰 肺 経(Lu)

手太陰肺経(Shou-taiyin-fei-jing)(Lung-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「肺手太陰の脈、中焦より起り、下りて大腸を絡し、還り胃口を循り、横隔膜を上りて肺に属し、肺系から腋際へ出る。上腕内側、少陰経の前を肘中、前腕内側と巡り、下り寸口に入り魚際を上り、母指の端に出る」

「その支脈は、手首の後から直に第2指内側に出る」

・左右:計二十二穴

「中府『肺募』」 「雲門」 「天府(禁灸)」 「侠白」 「尺澤『合水』」 「孔最『郄』」 「列缺『絡』」 「経渠『経金』(禁灸)」 「太淵『兪土/原』」 「魚際『榮火』(禁灸)」※鳳眼 「少商『井木』(禁灸)」

※手太陰経上は肺-大腸に加え胃にも通じる。そのため、手太陰経で胃(特に噴門部の問題)へのアプローチもできる。

『募穴:中府』

『背兪穴:肺兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)腋内動脈拍動部…『極泉』? 

(本)寸口之中…『太淵』

 

【概要】

・三陰/開:最も陰気の強い経絡。損なうと気虚を生じる。

・気血:多気少血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:二分以下(留一呼以下)-霊枢経水第十二-

・子午:寅刻(03:00~05:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「手太陰の別絡を列缺』と云い、手首の上の筋肉の間に起き、本経に沿ってまっすぐ掌中に入り、魚際に散ず。

~手首から(一寸)五分の処に取り、別れて陽明に向かう」

 

【経別(第六合)】-霊枢経別第十一-

『離(別)/入:淵腋(腋窩)』 『出:缺盆(鎖骨窩)』 『合:手陽明経へ』

 

【経筋(仲冬痺)】-霊枢経筋第十三-

「手太陰の筋、母指に起り、指を上り魚際の後に結ぶ。寸口の外側を行き、上りて前腕を循り肘中に結び、上腕内側を上りて腋下に入り、缺盆に出て、肩前髃(烏口突起?)に結ぶ。上りて缺盆に結び、下りて胸裏に結び、噴門を貫いて散じ、噴門の下で合し、季肋を支える」

・結処

『第1指(少商)』 『魚際』 『肘中(尺澤)』 『肩前髃(烏口突起/雲門と考える)』 『缺盆』 『胸裏』 『噴門(横隔膜/胃)』 『季肋』

広告