禁灸穴, 禁鍼穴, 絡穴「去痰化瘀」, 致命三十六穴, 原穴, 各種依存症, 心包, 任脈

鳩尾(きゅうび)/尾翳(びえい)

 

CV15)鳩尾(jiu1wei3)(きゅうび)・尾翳(wei3yi4)(びえい)

【取穴】

上腹部、前正中線上、胸骨体下端の下方一寸。

※腹部胃潰瘍圧診点に近い。

【名の由来】

胸骨を中心とした胸郭を翼を広げた鳥に見立て、本穴がその尾にあたる事から。

【要穴】

『膏之原』

『任脈絡穴/鳩尾を下り腹に散ず』

【作用】

〔瀉〕和中降逆・清心化痰

【絡脈主治】陰経全体にまたがる症状・任絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕痒み(特にお腹)

〔瀉〕痛み(特にお腹)

【弁証主治】

◆任脈病…泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】

てんかん発作〔灸3~7壮。多く灸したり、鍼だと人を傷るとある〕

【配穴】

+湧泉…てんかん

+懸釐…発熱による偏頭痛〔瀉法〕

+璇璣…喉の痛み・嚥下困難〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・「膏之原は鳩尾に出ず」とも云う。背面の膏肓との関係が覗える。

・霊枢九針十二原第一においては、五臓の原穴左右十穴に、鳩尾と気海を加えて十二原としている。その重要性は一考かと。

 ・甲乙経・和漢三才図会に「禁鍼灸穴」とある。要注意。

・腹部の痛みや痒みにからむ記述が多く、また少年期の過剰な自慰行為なども治療範囲に入る。血熱へのアプローチとして捉えるべきか?

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。横隔膜の損傷。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中