手 少陽 三焦 経(TE)

手少陽三焦経(Shou-shaoyang-sanjiao-jing)(Triple-Energizer-meridian)

【経脈流注】-霊枢経脈第十-

「三焦手少陽之脈、第4指の端より起り、上りて第5、4指の間の手甲、手首を循り、前腕の外、橈尺骨の間に出て上りて肘を貫き、上腕の外側を巡り、肩に上がって足少陽経と交わり、その後に出て缺盆に入り、膻中に布し、散じて心包に絡し、横隔膜を下り、循りて三焦に属す」

「其の支脈は膻中から上り缺盆に出て、項から耳後を上りて耳上角に出、そこから曲がって頬に下り眼窩下縁に至る」

「更に其の支脈は、耳後より耳中に入り耳前に出て、上関の前を過ぎ、頬にて本脈と交わり、外目眦に至る」

・左右計四十六穴

「関衝『井金』」 「液門『榮水』」 「中渚『兪木』」 「陽池『原』」 「外関『絡』」 「支溝『経火』」 「会宗『郄』」 「三陽絡(禁鍼)」 「四瀆」 「天井『合土』」 「清冷淵」 「消礫」 「臑会」 「肩髎」 「天髎」 「天牖(禁灸)」 「翳風(禁灸)」 「瘈脈(禁灸)」 「顱息(禁鍼)」 「角孫(禁鍼)」 「耳門」 「耳和髎」 「絲竹空(禁灸)」

『募穴:石門』

『背兪穴:三焦兪』

『標本』-霊枢衛気第五十二-

(標)耳後上角の下の外目眦…鱗状縫合?「曲鬢~浮白」?

(本)第5、4指間の上二寸…中渚と陽池の間、「精霊」付近?

 

【概要】

・二陽/枢:太陽と陽明をつなぐ枢軸の役割。半表半裏証を患いやすい。損なうと気病・骨病(バランス・運動機能障害)を生じる。

・気血:多気少血-素問血気形志篇第二十四-

・深度:二分以下(留一呼以下)-霊枢経水第十二-

・子午:亥刻(21:00~23:00)

※-素問運気七篇(第六十六~七十四)-に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「手少陽の別脈を『外関』と云い、手首の上二寸、腕の外側を巡り、胸中に注ぎ、心主に合す」

 

【経別(第五合)】-霊枢経別第十一-

『離(別):巓(頭頂部/百会?)』 『入:缺盆』

※第五合は、経別の中でも少々特殊。

手太陽経別の記述が、手少陽経の記述と対になっている。

「手太阳之正、指地、别于肩解、入腋走心、系小肠也」

「手少阳之正、指天、别于巅、入缺盆、下走三焦、散于胸中也」

この対が何を意味するのかは、現時点では不明。

 

【根結】-霊枢根結第五-

『根:関衝』 『溜:陽池』 『注:支溝』 『入:天牖・外関

 

【経筋(仲夏痺)】-霊枢経筋第十三-

「手少陽の筋、第四指の端に起り手首に結び、前腕の中央を巡り肘に結び、上腕の外側を巡り、肩に上り頚に行き、手太陽経筋と合す」

「其の分枝は、頬にて曲がり舌本系に入る」

「其の分枝は、上歯で曲がり耳前を巡り、外目眦に属し、頷に乗じて上り頭角に結ぶ」

・結処

『第4指端(関衝)』 『手首(陽池)』 『肘(天井)』 『頷』 『角(頭維)』

広告