むくみ、冷え症, 絡穴「去痰化瘀」, 耳鳴、難聴, 肘痛, 自律神経失調, 項頚部痛, 頭痛, 血流不全、血圧異常, 顎関節痛, 口腔疾患, 外側前腕皮神経(C6,7前枝), 手陽明経筋, 手陽明大腸経, 手太陰肺経, 指、手、手首痛, 橈骨神経(C5~T1前枝)

偏歴(へんれき)

経穴イラスト 偏歴


LI06偏歴(pian1li4)(へんれき)

【取穴】

前腕後外側、LI5)陽渓とLI11)曲池を結ぶ線上、手関節背面横紋の上方三寸。LI5)陽渓とLI11)曲池を結ぶ線上で、LI5)陽渓から1/4にある。

・筋肉:腕橈骨筋 Brachioradialis/長橈側手根伸筋腱 Extensor carpi radialis longus

・運動神経:橈骨神経 Radial nerve

・知覚神経:外側前腕皮神経 Lateral cutaneous nerve of forearm

・血管:橈側皮静脈 Cephalic vein

【名の由来】

「偏=逸れる」「歴=流れ」。本穴より別枝が本脈を逸れて、手太陰経に通じる事から。

【要穴】

『手陽明経絡穴/手首から三寸、別れて太陰に入る。その別枝は上りて腕を循り、肩髃に乗じ、上りて頬を曲がり歯に偏ず。その別枝は耳に入りて宗脈に合す

『根結:手陽明之入』

【作用】

〔瀉〕開竅宣肺・疏筋活絡・通利陽明

【絡脈主治】表裏(手太陰経)にまたがる症状・手陽明絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕歯がしみるなど 

〔瀉〕難聴・下歯痛・横隔膜のつかえ・※水蠱・過敏性腸症候群など

※腹が次第に膨張し、動くと水の音がするもの。

【弁証主治】

・手陽明経(筋)病:項頚部痛・頚部の腫脹・肩背のひきつれ、上肢痛、マヒ、悪寒、炎症・第2指痛など

【弁証配穴】

『原絡配穴(肺⇒大腸):太淵+偏歴』…肺病

+商陽〔繆刺…反対側を瀉血〕…手陽明絡脈実証


【私見】1973年、中国湖南省の馬王堆漢墓から出土した紀元前200年頃のものと推定される多数の医書。その中の一つ、『陰陽十一脈灸経』と命名された資料には、『黄帝内経』以前の《脈》の流れが記されていた。それに拠れば、《手の陽明大腸経》に相当する経脈は、古くは《歯脈》と呼ばれていたようだ。この脈は「母指と示指の間に起こり、前腕を上り肘に入り、上腕を上って頬を貫き、歯に至り、鼻を挟む」と、流れとしては現在の大腸経とほぼ同じルートを辿るもっと言えば手の陽明の絡脈の流れにそっくりだ。

挿絵 歯脈仮説

この歯脈、その流れから考えて、由来は浅層の皮静脈─ 橈側皮静脈や外頚静脈からと思われる。LU07《列缺》の項でも述べたが、橈側皮静脈は洋の東西を問わず、頭部に対するアプローチの場であったようだ。そして血管壁への刺激は自律神経系を介して、胃腸へ効果を及ぼすこともあったはずだ。

挿絵 上肢の皮静脈

さまざまな土地で自然発生した医術は、時代を経るごとにその経験が集約され、当時の身体観や哲学に基づき体系化されていく。実感としてあった「アタマとハラのつながり」は、数多の治験から歯脈と結びつき、『黄帝内経』の時代になって、手と頭と大腸をつなぐ《手の陽明大腸経》が完成した─ ということだろう。こう考えれば、なぜ大腸の脈が手を流れ、「大腸」経と云いながら胃腸の問題にあまり用いられないのか?という疑問にも答えが出る。

《手の陽明経》がつながる先は頭部・・・脳であり、脳への効果が自律神経を介して「脳─腸軸」に働きかける。胃腸への効果はあくまで波及効果であり、大腸経を用いて治療をおこなう時、目指すべきは「脳」なのだ。

検証:得気は第2、3指への痺れ感、「曲池」への軽い響き、加えて「三陽絡」への重麻感。本穴は手太陰経よりも手少陽経へと絡すか?


編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡ 048-851-9675

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中