神経変性疾患, ED、男性生殖器疾患, 脛街/血海, 膝痛, 衝脈, 足少陰経筋, 足少陰腎経, 合/下合(水/土)穴「逆気而泄を治す」, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

陰谷(いんこく)

 

KI10)陰谷(yin1gu3)(いんこく)

【取穴】

膝後内側、半腱様筋腱の外縁、膝窩横紋上。

【名の由来】

本穴が膝内(陰)側、筋腱の陥凹部にある事から。

【要穴】

『足少陰経合水穴(水経水穴/水気の強い穴)』

【交会】

・経筋:足少陰経筋の結す処(内輔の下/脛骨内側顆)

【作用】

〔補〕滋腎清熱

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】

◆足少陰経(筋)病/気逆/衝脈病「逆気而泄を治す/逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・錐体外路系障害・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】

膝痛

【症例/個人的見解】

・水陰経の水穴は全経穴中、最も水陰性が強い。五行に基づけば、木性(肝/胆・筋・眼など)に対する補法にも応用できるが、【複合的臓腑連関】に基づけば、「水」と「木」の間には「もうひとつの火(心/小腸)」が挟まる。 故に本穴は、木性への波及効果はあまりないと考える。

 

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精-血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。 しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
℡048-851-9675

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中