督 脈(GV)

督脈(Du-mai)(Governor-vessel)

【経脈流注】

-奇経八脈考-

「督は陽脈の海」

「その脈は腎下胞中に起き少腹に至り腰を下り、恥骨結合中央、尿孔の端に系す」

「男子は陰茎の下、簒(肛門と会陰の間)を巡り、女子は陰器を絡し簒間(会陰)に合す」

「男女ともに簒後(会陰と長強の間)から屏翳に向かい、別れて臀部にて足少陰経と足太陽経の中絡(八髎と会陽)に合す」

「足少陰経は内股を上り、会陽から脊を貫き、長強にて督脈と会し、併せて脊柱裏を上行し(腎に属す?)」

「(本脈は)腰兪、陽関、命門、懸枢、筋縮、至陽、霊台、神道、身柱、陶道、大椎を歴し、手足三陽経と合す」

「上りて瘂門にて陽維と会し、内に入りて舌本に系す」

「更に上りて風府に至り、足太陽経、陽維脈と会し(三経)同じくして脳中に入る」

「脳戸、強間、後頂を巡り、巓に上り、百会、前頂、顖会、上星を歴し、神庭に至りて足太陽経に会す」

「額中を巡り鼻柱に至り、素髎を経て、水溝にて手足陽明経と会す。兌端に至り齦交に入り、任脈、足陽明と交わりて終わる」

-素問骨空論篇第六十-

「督脈は少腹の下、恥骨中央より起り、女子は挺孔(尿道口の端)に入る」

「陰器を巡り、簒間(会陰)に合し、長強から別れ、臀部に至りて巨陽中絡(足太陽経の八髎と会陽)をし、内股を上る足少陰経に合し、脊を貫き腎に属す」

「足太陽経と同じく内目眦に起こり、額を上り巓上にて交わり、入りて脳を絡し、還り出て項を別れて下り、肩甲骨内側を巡り、脊を挟みて腰中に至り、腎を絡す。 男子は陰茎の下の簒(肛門と会陰の間)を巡り、以下女子に同じ」

「少腹から直上し臍中央を貫き、上りて心を貫き、喉に入り、頤を上り唇を環り、上りて両目の下中央に系す」

 

※督脈の支脈について

-素問骨空論篇第六十-によれば、督脈には本脈(体表流注)の他、三本の”支脈”があると思われる。

(支脈一):胞中から出て生殖器を巡り、尾骨で腎経と合流し、腎経に沿って体内に入り腎へとつながる。腎経と重複多し。

(支脈二):膀胱経と共に内眼眦から生じ、頭頂から脳に入り、尾骨まで下って腎へつながる。膀胱経と重複多し。

(支脈三):胞中から直上し、臍~心~喉~下顎まで至り、唇の周りを巡って両眼の下へつながる。任脈と重複多し。

絡脈も含めて考えると、督脈は「腎経・膀胱経・任脈を包括融合し、監督する脈」と捉えることも出来るのではないか?

・計二十九穴

「長強『督絡』」 「腰兪」 「腰陽関」 「命門」 「懸枢」 「脊中(禁灸)」 「中枢」 「筋縮」 「至陽」 「霊台(禁鍼)」 「神道(禁鍼)」 「身柱」 「陶道」 「大椎」 「瘂門(禁灸)」 「風府(禁灸)」 「脳戸(禁鍼)」 「強間」 「後頂」 「百会」 「前頂」 「顖会(禁鍼)」 「上星」 「神庭(禁鍼)」 「印堂」 「素髎(禁灸)」 「水溝」 「兌端」 「齦交」

『宗穴/八脈交会穴:後渓』

 

【概要】

・督脈は、身後陽脈(諸陽之長)の総督と為すため、『陽脈之海』とされる。

・「督=都・統率・正中」。各陽経、ひいては全身の経脈を督率し、百脈の気血を通暢する作用を持つ。

 

【絡脈流注】-霊枢経脈第十-

「督脈の別絡を『長強』と云い、膂(背筋)を挟みて項に上り頭上にて散じ、また下りて左右の肩甲骨に至り、別れて(手足?)太陽経に行き、入りて膂を貫く」

 

【症例/個人的見解】

・督脈の幅について

楊上善の-太素-注では「督脈は当に脊中唯一脈と為すは、正と為すべからざるなり」と、張志聡の-霊枢集注-では「五臓の兪、皆太陽に本づきて督脈に応ず」とされる通り、督脈の体表流注が、足太陽経の第一行線の内側全体(華佗夾脊穴を含む)を占める『帯』である事、また第二行も、正中を通る督脈の各穴と関連する特性を持つことを示している。(夾脊双関) これは会陽・八髎・風門・大杼が交会穴である事からも示唆されている。

・逆順の常について

-霊枢営気第十六-には「上额循巅下项中、循脊入骶、是督脉也」との記載がある。これは、現在の督脈の走行方向とは真逆であるが、営気(水穀の精)が身体全体を滋養する際の順序と考えられる。現在の督脈運行は、「丹田(胞中)の精を、精から気、気から神へと精錬する」為に意識を下から上へと引き上げる“気功法“の影響が強く、難経の段階では既に下~上の走行方向で採用されている。

・任督脈の相接について

奇経八脈は「正経の様な表裏の配合がなく、また環状に人体を流注する事もない」のが特徴ではあるが、蹻脈と任督脈の四脈二組は、よく相交を指摘される。

特に任督脈は「人身の子午(中軸)にして一源二岐、一にして二、二して一なり」-十四経発揮-とも謳われ、密接な関係を持つ。

道家(仙術家。呼吸法や運動鍛錬、食養生などで不老不死を目指す学問)では、この二経を開通する事を『小周天功(河車)』と呼び、特に重要視している。

中医学では齦交(水溝)と会陰を任督の交会とするが、道家においても舌(口・鼻)と肛門の開通が任督の循環の要と捉えており、その意味では六腑(消化管)もまた任督の交会とも云えるかもしれない。

・督脈の病態としては気滞の症状が多く、属する穴は理気開竅作用が強い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告