手 陽明 大腸 経(LI)

手陽明大腸経(shou-yangming-dachang-jing)(Large Intestine-meridian)

【経脈流注】「霊枢経脈第十」

「大腸手陽明の脈、第2指の端から起り、指を上り合谷を出て、前腕を上りて肘外側に入り、上腕外前側を上り、肩に上り肩髃の前に出て、上りて柱骨之会(鎖骨/大椎?)の上に出、下りて缺盆に入り肺を絡し、横隔膜を下り大腸に属す」

「支脈は缺盆から頚に上り頬を貫き、下歯に入り、還り出てを挟み、人中で左右交わり、上りて鼻孔を挟む」

・左右計四十穴

「商陽『井金』」 「二間『榮水』」 「三間『兪木』」 「合谷『原』」 「陽渓『経火』」 「偏歴『絡』」  「温溜『郄』」 「下廉」 「上廉」 「手三里」 「曲池『合土』」 「肘髎」 「手五里(禁鍼)」 「臂臑」 「肩髃」 「巨骨」 「天鼎」 「扶突」 「口禾髎(禁灸)」 「迎香(禁灸)」

『募穴:天枢』

『背兪穴:大腸兪』

『標本』「霊枢衛気第五十二」

(標)顔下合钳上…顎関節/『頄』? (本)肘骨中…『曲池』?

 

【概要】

・二陽/合:陰中陽。表証(胃腸系)・裏熱を患いやすい。損なうと筋力の低下・血病(心療内科的症状)を生じる。

・気血:多気多血「素問血気形志篇第二十四」

・深度:二分以下(留一呼以下)「霊枢経水第十二」

・子午:卯刻(05:00~07:00)

※「素問運気七篇(第六十六~七十四)」に由来する時間と経絡の関係を臨床に応用したもの。此処では現在一般的な各経に対応する十二支(時刻)を表記。

 

【絡脈流注】「霊枢経脈第十」

「手陽明の別絡を偏歴』と云い、手首から三寸、別れて太陰に入る。その別枝は上りて腕を循り、肩髃に乗じ、上りて頬を曲がり歯に偏ず。その別枝は耳に入りて宗脈に合す」

 

【経別(第六合)】「霊枢経別第十一」

『離(別):肩髃(肩峰)』 『入:柱骨下(鎖骨下?大椎?)』 『出:缺盆(鎖骨窩)』 『合:手陽明経本経へ』

 

【根結】「霊枢根結第五」

『根:商陽』 『溜:合谷』 『注:陽渓』 『入:扶突偏歴

 

【経筋(孟夏痺)】「霊枢経筋第十三」

「手陽明の筋、示指の端に起り、手首に結ぶ。腕を上り肘外に結び、上腕を上り、肩髃に結ぶ。肩髃から頚を上り、頬に上り、に結び、手太陽経筋の前に出て、左の頭角を上り、頭を絡し、右頷に下る(頭で交差する)。其の支脈は肩甲骨を循り脊を挟む」

※手の第2指から肩・頚・頬へ。更に頭頂を越えて、反対側の頬まで結ぶ。原文において経筋が左右をまたぐのは手陽明と足少陽のみ。治療では、巨刺を使うべきか?

・結処

『第2指(商陽)』 『手首(陽渓)』 『肘外(曲池)』 『肩髃』 『頄』 『頷』 『脊椎』

広告