未分類

東洋医学の「生命誕生」 -NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ている、 NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

 

そして先週末のテーマは、『生命誕生』。

今回の驚きは、

受精卵になった瞬間、ホルモンを放出して母親へと語りかけはじめること。

先ず最初に心臓が生じること。

赤ちゃんは、文字通り母親に”喰らいついて“成長するということ。

 

そしてなにより、ヒトが生まれるということそのものの奇跡。

 

東洋医学でも、「ヒトが生まれる」過程を記した古典はあります。

 

『景岳全書:婦人規』曰く

一月目、(父の)精と(母の)血が凝り、露の珠のようなものが生じる―

二月目、形ができ胚が生じ、桃の花のようになる-

三月目、魂(生来の気質)が生じ、男女が決まる-

四月目、魄(自律機能)が生じ、ヒトらしい形になる-

五月目、五臓(心肝脾肺腎)が生じ、筋骨も生まれる-

六月目、六腑(胃腸)が生じ、毛が生える-

七月目、眼に光を感じるようになる。男の子なら左手が動く-

八月目、脳が働きだす。女の子なら右手が動く-

九月目、ヒトとしてほぼ完成する-

十月目、この世にでる-

 

現代の医学と比べれば、多分に想像が入っているのは致し方ないですが・・・

父親と母親の精血が固まった「露の珠」が、十月十日を経て「ヒト」になる神秘。

 

なんというか・・・我々ひとりひとりが皆「露の珠(受精卵)」だったこと、そういう奇跡が延々と続いて人類の歴史があることなど・・・

言葉にならない感動があります。

 

この歴史を悪い方へと流さないために。

元「露の珠」として、自分ができることをちゃんとやっていかなければ。

 

『人体』-神秘の巨大ネットワーク- いよいよ最終回は・・・今週末3月25日。

テーマは東洋医学にとっても永遠の命題、『健康長寿』です。

皆さんもお見逃しなく!

 

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

広告
未分類

ボケない食事?-記憶と食事の関係性-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

前回、このブログで取り上げた「記憶力と膵臓の関係」。

その後、自分でも色々しらべてみたのですが・・・なかなか興味深いはなしが脳と膵臓の間にはあるようです。

なので今回は東洋医学、あんまり関係しませんが、「記憶と膵臓の関係性 その2」を。

前回のNHKスペシャル『人体』では、膵臓からでる「インスリン」が、脳の記憶細胞を増やす働きがあるとしていました。

このインスリンというホルモンは、食事から吸収された”糖”が血中に増える・・・つまり血糖値が上がると、自動的に膵臓から分泌されます。

筋肉や脂肪や肝臓に働きかけて血糖値を下げ、さらに脳にも直接作用しているということですが・・・

このインスリンの量は記憶力と密接にかかわるらしく、空腹時(インスリン少ない)には記憶力が上がる という研究結果もあります。

つまり 「満腹で記憶細胞が増え、空腹で記憶力が高まる」 ということ。

肝腎なのはこの、メリハリ。

インスリンが記憶細胞を増やすからといって、のべつまくなし甘いモノを食べていると・・・インスリンに脳が馴れてしまい、細胞を生み出さなくなってしまいます。

最近では、アルツハイマー病も、その実態は「脳の糖尿病」である可能性が高まっているとか。

脳を健やかに保つには「膵臓に負担をかけない(適度な炭水化物とたくさんの繊維質)食事」「食事のメリハリ」。

まずは・・・間食をやめ、お菓子類は手元に届く距離に置かないこと。

食事の前には、しっかり「空腹」を実感できるよう、日々の食事の量や内容、食事の間隔を調整すること。

「空腹」もまた「良薬」です。

永く元気な生活のためにも、今一度、食習慣を見直しましょう!

 

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。

お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

未分類

記憶の膵臓、決断の◯◯-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ている、NHKスペシャルのシリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは「臓器同士の会話」。 東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマはついに『脳』でした。

今回の驚きは、ボ~ッとしているとき・・・脳は、蓄えた記憶の欠片をランダムにつなげて「ひらめき」を生む(デフォルト・モード・ネットワーク)ということ。

そして「ひらめき」の材料である「記憶」には消化器のひとつ・・・『膵臓』と深い関わりがあるということでした。

 

実は、東洋医学にも、精神活動に深く関与するとされる消化器(六腑)があります。 しかも膵臓のすぐそばに。それは・・・

【胆】。

この【胆】、六腑の一つとされながら、胃腸のようにドロドロの消化物を運搬しないことから『清浄の府』とも云われる変わりもの。

しかもその役割は『決断』。

古典には「すべての臓腑はみな胆の決断に従う(『素問』六節蔵象論篇第九)」とまで書かれています。 「君主之官」である【心】までも、【胆】に従うんですよ?

 

今回の番組を視て、改めて東洋医学を見直すと・・・昔の医師たちが【胆】と【膵】を取り違えたんじゃないかと思ってしまうくらい。

事実、【胆】から流れる経絡は側頭部に流れていくのですが、この奥にある脳-側頭葉-は記憶の長期保存をする部位と考えられています。

 

まぁ、東洋医学的な【胆】の正体はともかく

脳を健やかに保つには「膵臓に負担をかけない食事(適度な炭水化物とたくさんの繊維質)」「身体を使ったたくさんの実体験」、そして「ボ~ッとする時間」が大切だそうです。

炭水化物ばかりのファストフードにネット漬け、さらに慌ただしいスケジュールでは・・・脳はひらめきも決断もできません。

心身にゆとりをもって、クリエイティブな脳を養いましょう!

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第6回目は、3月18日。

テーマは、『生命誕生』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。 お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

未分類

オニも「こころ」の一部分-東洋医学的アンガーマネジメント-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今日は節分。皆さんのご家庭では、豆まきでしょうか?それとも恵方巻?

豆まきでは、「鬼は外、福は内」が定番の掛け声。

しかし、オニは結構深いトコロに潜んでいます。

それは・・・ヒトのこころの中。

 

東洋医学では、こころを『魂(こん)』『魄(はく)』『意(い)』『志(し)』の4つに分け、その集合体を『神(しん=精神)』と呼びます。(あわせて五神といいます)

4つのこころの内、『魂(こん)』『魄(はく)』には・・・『鬼』の文字。

『鬼』がつくこの2つのこころは、「本能的な欲求」を司るため、思い通りにいかなければ「怒り」や「悲しみ」を生じます。

赤ちゃんを見ていると、よく分かるんじゃないでしょうか?

成長して、学び、経験を積むことで、どうすれば(社会的にあった形で)自分の欲求を達成できるか? という『意志』が育つのですが・・・

 

最近のニュースを見聞きしていると、どうにも、こころの中の『鬼』が暴走している方が多い様子。

それだけ思い通りにいくことが少ない社会なのか、それとも・・・

「思い通りに他人を操りたい」という欲望が肥大してきているのか?

 

『魂魄』は、ヒトの個性や感性(趣味嗜好や感動など)を生み出す大事な部分。

それはヒトそれぞれ違います。

共感を求めるあまり、「他人は自分とは感じ方が違う」という大事なポイントを、忘れがちな人が増えているのかもしれませんね。

 

自戒を込めて、自分が思い通りにできるのは自分自身のみ。

 

東洋医学では汗や涙、歌や言葉、そして大きな深呼吸など・・・カラダからなにかを吐き出す行為は、ため込んだストレスを抜く と考えます。

変わったトコロでは、お金を使う・・・特に募金など、誰かのためにお金を使う という行為も、気持ちを良い方向に落ち着ける効果があることが分かっています。

思い通りにならないからと怒り悲しむ前に・・・自分でストレスを抜く方法をみつけてみましょう。

はりきゅう治療もまた、身体からストレスを抜くのに特化した施術の一つです。 ストレスが溜まりきる前に、ぜひ当院へお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

未分類

ウンチと陰陽-NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

最近、興味深く視ている、NHKスペシャルの8回シリーズ『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。

そして先週末のテーマは・・・『腸』でした。

今回の驚きは、腸が、そこに住む腸内細菌が出すホルモンまでを取り入れて、カラダの免疫力の調整をしているという事実。

つまり、ヒトはヒトだけでは生きられないということです

コレを視てまず思ったのは、東洋医学・・・というより東洋の思想の一番基本的な部分、【天人合一】や【身土不二】、そして【陰陽】のこと。

ヒトの身体に住む無数の細菌(腸内だけでも100兆個以上)は、時に害を与え、病気にもしますが・・・それによって免疫は鍛えられ、敵を正しく認識する力が育まれます。

逆をいえば、鍛える機会を与えられなければ、免疫がナニを敵とみなすかわからない ということ。

快適すぎる空調や、繊維質を抜き去った栄養の偏った食事、そして過剰な清潔さ。

【陰陽】の【陽】のみ を追求するような生活が新しい病を生み出すのは、東洋医学的には不思議でもなんでもありません。

ヒトはヒトだけでは生きられません。

身体を洗うとき、食事をするとき、そしてトイレでウンチを出したとき、ほんのちょっと自分の皮膚や腸に住む菌たちの事を考えてあげましょう(便の固形成分の約2/3は、腸内細菌)。

それだけで生活は劇的に変わるはず。

昔からいう「マゴワヤサシイ」・・・豆、ゴマ、わかめ、野菜に魚、シイタケ、芋なんてのは、まさに腸内細菌が喜ぶ食事です。

カラダの中にいる100兆のペットを、ぜひ可愛がってあげてください。

『人体』-神秘の巨大ネットワーク-第5回目は、2月4日。テーマは、ついに『脳』です。

皆さんもお見逃しなく!

当院では、東洋医学を現代の研究から見つめなおし、より良い治療を模索し続けます。 お身体のお悩み、ぜひ当院へ、お気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

未分類

「ヒト」とはどんな生き物か?-進化と文明のミスマッチ-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

 

最近、少しショックな本を読みました。

ショックのあまり、しばらく記事を挙げる気持ちもなくなっちゃうくらい。

 

ダニエル・E・リーバーマン著『人体600万年史-科学が明かす進化・健康・疾病-』

皆さんは、「ヒトとはどんな生き物か?」という問いに、どう答えますか?

 

この本に拠れば、ヒトとは

・日中に活動し(4足動物より日射面積が小さい・汗をかく)

・長距離を安定した速度で走れ(アキレス腱や土踏まず、足の親指の向きは、歩より走に適応)

・雑食で(歯の形から)

・飢えに強く(ヒトの脂肪を蓄える能力は動物トップクラス)

・適度な群れで暮らす(狩猟の成功率のため、コミュニケーション能力が進化)

 

ように進化した動物である、とあります。

 

さて、ヒトがこういう生き物ならば必然・・・コレに逆らう生活習慣は、身体を害するということ。(自動車で川を走るようなもの)

つまり

・夜に活動し(自律神経失調)

・歩かず走らず(むくみ・偏平足・外反母趾、循環器系の不調)

・偏食で常に食べ続け(栄養の偏り、肥満とそれに続く多種多様の病)

・孤独や過密集団の中にあり続ければ(うつ病やストレス性疾患)・・・

他にも、薬の発展による過剰な対処療法が、本来ヒトの体内に共生しているモノの生活層を破壊し、アレルギーや新たな感染症の増加などを起こしている可能性も指摘されています。

 

薄々わかってはいましたが、つまるところ・・・

薬も鍼も灸も、どこまでがんばっても、患者さんご本人が生活を見直さなければ意味をなさない。

というのは、医療に携わる人間にとっては虚しいことです。

ただ、それでも。

そういう事をキチンと伝えながら、鍼を打ち、灸を据えていくのが我々の生業です。

もうすぐ大晦日。

一〇八の煩悩を祓う除夜の鐘が鳴ります。

来年は、生活習慣を見直して、健康をしっかりとコントロールできるように。

 

当院はそのお手伝いに、手間を惜しみません。

皆さま、良いお年をお迎えください。

クービック予約システムから予約する

未分類

脂肪は生きている? -NHKスペシャル『人体』を、東洋医学の視点から-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先月からはじまった、NHKスペシャル『人体』-神秘の巨大ネットワーク-

このシリーズを貫くメインテーマは、「臓器同士の会話」。

東洋医学にも相通じる思想があるので、私は毎回録画して視聴しています。 

そして今月のテーマは・・・『脂肪と筋肉』でした。

とても興味深かったのは、『脂肪細胞』と脳と免疫の関係。

脂肪の語らいを、脳が(快楽優先で)無視しはじめた時・・・免疫の暴走が始まるそうです。

 

西洋医学同様、東洋医学でも、これまでは脂肪を深く論ずることなかったのですが・・・

あえて近しい存在を挙げるなら【腠理(そうり)】【膏(こう)】【肓(こう)】でしょうか?

【腠理】とは、皮膚・筋肉・腱や臓腑の隙間のこと。

この隙間は、身体の隅々までエネルギーを届け、外からのくる悪いモノが体内に侵入するのを防ぐ働きを担っているとされています。

また【膏】と【肓】は・・・ 諸説ありますが、一説には【膏(こう)】は胸部(心)を守る脂肪、【肓(こう)】は下腹部(脖胦-腎や子宮など-)を守る脂肪とも。

さらに云うなら、【腠理】や【肓】との関わりが深い謎(西洋医学的には該当する臓器がない)の臓腑、【三焦】は、臓器すべてを包む大きな袋-腹腔-であるとする説もあり、その隙間を埋める脂肪との関わりも、十分に推察されます。

野生動物は肥満になりません。

番組中、山中教授も仰っていましたが「人類は肥満を経験するはじめての生物」かもしれないという現実。

そんな想定外の事態に向き合うために、西洋医学も東洋医学も、研究と勉強を日々続けています。

なにより、脂肪を悪玉にするのも善玉にするのも、すべては皆さんの生活習慣次第。

今更ながら・・・食事と運動は健康の基本ですよ。

当院では、さまざまな病態に対応するため、常に勉強を欠かしません。 お身体のお悩み、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。