足太陽経筋, 動きの東洋医学, 手厥陰経筋, 手少陽経筋

姿勢が良くなる「意外な」ポイントーキツネ×白鳥?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

当院では最近、腱鞘炎や手首骨折後のリハビリ、原因不明の指のこわばりなど、「手」に絡んだ問題の患者さんが多いです。

そんな訳で、手指の解剖生理をもう一度復習しているのですが・・・ふと眼に飛び込んできたのがこの一文。

「手根の屈筋は、指伸筋と協同的に働く(指を伸ばすと手首は曲がる)」(カパンディ『関節の生理学Ⅰ』)

・・・だから? と思う方も多いと思いますが、この指と手首の連動はココまでではありません。

論より証拠。

普通に立った状態で、写真のように手で“キツネ”を作ってみましょう。すると先の説明どおり自然と手首が曲がります。そして同時に、力まなくても腕がふいっと上がるはず。

「指先を伸ばす」ことだけ意識して、(はばたくように)コレを何度か繰り返すと・・・

さっきより姿勢が良くなってませんか?

ヒトによっては、自然とつま先立ちになる方もいるはずです。

つまり、手の指の動きが肩から背筋を通って、足のつま先にまで影響するということです。

バレエやダンスで「手の形に注意する」というのは聴いたことがありますが、コレはつまり「余分な力みを使わずに正しい姿勢をつくる」という技術なんでしょうね。

面白いことにこの“キツネの手”、古武道などでも「体幹の力」を上手く使うために用いられているのだとか。

逆に言えば、指がずっと曲がっている方(スマホが手放せず、こういう方は多いはず)は、首や肩のみならず、背筋や足腰まで伸びなくなっている可能性大。

さあ皆さん、コレを読んだらPC、スマホから目を離して・・・

“キツネの手”で、ゆったり大きく羽ばたきましょう! 白鳥の湖のように^^)

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

広告
ダイエット, 足太陽経筋, 剣道, 動きの東洋医学

歩いて痩せる?ちょっとしたコツー剣道の極意より-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先日、患者さんから「痩せる歩き方はありませんか?」というご質問をいただきました。

昨今はウォーキングにしろランニングにしろ、様々な指南書があり・・・コレが正解!というのはなかなか(;^_^A。

なので一つ、

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振るイメージ」

をアドバイスさせていただきました。

コレはもともと剣道のコツ。

曰く「踵を外側に捻転すると腓骨が伸びる。腓骨を伸ばせばひかがみ(膝裏)が伸びる。ひかがみが伸びれば腰が入る」(小川忠太郎範士『剣道講和』より)

この教えは運動力学的にも理にかなっていて、膝裏-太もも裏のハムストリングス-を意識して使うことで、体幹のインナーマッスル-大腰筋-の連動が生まれます。

インナーマッスルの活用は基礎代謝を上げる効果が高い上、姿勢も良く(腰が入る)なりますし、足の筋肉に過剰な負荷をかけないので、足が太くなることもありません。

バレリーナなど、体幹を上手く使えるヒトの足は細いでしょう?

ただ、普通に「膝裏を伸ばして」と指導すると、どうにもどっかの国の軍隊パレードみたいな動きになる事が多いので・・・

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振る」

このイメージができれば自然、膝裏も腰も背筋も伸びてくるはず。

この動きのラインは、脇の下を通って、腕の付け根までつながりますから、腕も自然と振れてきます(剣道では脇の絞り込みにも関係します)。

ここまでしっかりと全身運動になれば、ウォーキングも立派なエクササイズ。

さあ皆さん、踵をちょと意識して、颯爽と歩いていきましょう!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

バランス向上, 短距離走, 剣道, 動きの東洋医学

イメージが姿勢を変える?-正しいイメージは一つじゃない-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先日、ラジオを聞いていて、かの室伏広治さんが面白いことを言っていました。

『短距離走を走るには、足が接地している時間が短いほど良い。ただコレをそのまま伝えてもダメで・・・「熱い鉄板の上を走るつもりで」と言ってあげると、途端にできるようになるヒトがいる。子供なんかはテキメンに』

室伏さんが仰るように、イメージの力というのは侮れない・・・どころか身体にダイレクトに影響します。

ただ難しいのが・・・「イメージを正しく伝えること」。

例えば、「良い姿勢をつくるコツは?」と聞かれて、我々治療家は、それぞれ様々な表現で答えます。

「骨盤でバランスをとろう」とか。

「頭の天辺から糸で吊るされてるイメージで」とか。

「靴ひもみたいに重心を支点に絞めるように」とか。

こういう表現が患者さんの中にうまくマッチすれば良いのですが、なかなか「全てヒトの腑に落ちるイメージ」は、まだ発見できていません。

言葉って難しい(-_-;)

先の「鉄板の上」なんてのは、優れたイメージ誘導法ですね。

最近、私が患者さん伝えているイメージは、『歯車』

コレは剣道で「腰から構えなさい」と、ご指導いただいた時に思いついたイメージですが・・・

骨盤の角度で狙いをつけるつもりで、骨盤(の歯車)を回すと、上に積み重なっている腰・胸・喉・頭のギアがそれぞれ連動して姿勢が良くなり、構えも安定するようです。

・・・・・・コレもちょっと複雑かなぁ???

もうすぐ連休。当院は暦通りの診療です。

新年度の疲れがドッとでる時期ですから、体調管理をこの辺りで。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, バランス向上, 腰背部痛, 陰蹻脈, 剣道, 動きの東洋医学

あなたはキレイにしゃがめますか?-蹲踞のキキメ-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

皆さん、【蹲踞(そんきょ)】というのはご存じですか? この姿勢です(顔が怖くてスイマセン(;^_^A)。%e8%b9%b2%e8%b8%9e

私は昨年から、子供の頃やってた剣道に再挑戦しているんですが(剣道界ではこういうのをリバ剣というそうです)・・・

今の子供たちの稽古を観ていて、この蹲踞でうまくバランスのとれない子が多いような。

生活が洋式化し、深くしゃがむ必要もなくなってきたせいでしょうが・・・

この蹲踞、実は実生活でも大切です。

以前の記事でも書きましたが、上手く”しゃがめない”ヒトは、中腰で重い物を持ち上げようとする傾向があります。

コレは腰にとっては非常に危険。

ここは一つ、バランス感覚を養う意味でも、皆さんもキレイに【蹲踞(そんきょ)】を決めてみましょう。

ポイントは重心のイメージ。

ヒトの身体には骨盤(下丹田)・胸郭(中丹田)・頭(上丹田)という3つの重心があります。

この3つに加えてもう一つ。

足首・・・特に内くるぶしが大事。

この4つが縦に垂直に積みあがっている時、ヒトの姿勢はとても美しくなります。%e8%b9%b2%e8%b8%9e%e3%81%a8%e9%87%8d%e5%bf%83

そしてこの積み上げのイメージができたら・・・そこから「膝を抜く」だけ。%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%bf%e6%96%b9

ストンを腰が落ちて、足首の上に3つの重心が積みあがるはずです。

今回、強調した”内くるぶし”。

此処には【照海(しょうかい)】というツボがありますが、東洋医学的にこのツボは、【陰蹻脈(いんきょうみゃく)】の重要ポイント。ツボ 照海

『蹻』という字は、高下駄芸や跳躍芸など「高度なバランス感覚」を意味します。

足首と体幹の重心がキレイに連動する動きは、どのスポーツにとっても・・・また生活でのケガのリスクを減らす意味でも、とても重要です。

武道をやる子もそうでない方も。 日々の生活に蹲踞、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

さて。

エラそうな事書きましたが、私、剣道は実に20数年ぶりというほぼ素人(;^_^A

毎稽古ごと、先生方にご指導いただくばかりです。

それでもなかなか治らない(;^_^A(;^_^A

職業柄、せっかく知識はあることですし、先生方の教えを解剖や運動力学に置き換えて、日々試行錯誤しております。

その辺りの悪戦苦闘ぶりも、今後このブログに挙げていこうかとは思っていますが・・・ あくまで私(20数年ぶりほぼ素人!大事なので2回言います!!)の試行錯誤なので、決して指導者の言などと思われませんように。

こうご期待^^)!

クービック予約システムから予約する

くらしのツボ, 動きの東洋医学

お尻が硬いと良いことないです-解決策のツボとストレッチを-

こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて皆さん、子供の頃、「ひざカックン」っていたずらしませんでした?

背後に忍び寄って、後ろから膝を押すっていうアレです。

立っている時、足の筋肉は実はあまり使っていません。

なので不意に膝裏を押されると、簡単にカックンしてしまう訳ですが・・・

立っている時に頑張っているのは、太もものサイド。

膝から腰までのびる「腸脛靭帯」という長い靭帯です。%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%ad%8b%e8%86%9c%e5%bc%b5%e7%ad%8b

この靭帯は、股関節の外側の「大腿筋膜張筋」によってテンションが調節され、膝をロックすることで、他の筋肉が頑張らなくても立っていられるんですね。

でないと人間、立っているだけで疲れてしまいます。

最近、この「大腿筋膜張筋に痛み」を訴える患者さんが立て続けにいらっしゃいました。

聞けば、どうやら立ち仕事。

色々チェックしてみると、立ち方にもクセが強そうです。

一見ラクそうにみえる立ち方も、片側の足にばかり荷重をかければ「大腿筋膜張筋」は悲鳴をあげてきますから・・・

こんなストレッチで、股関節を伸ばしてあげましょう。%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%ad%8b%e8%86%9c%e5%bc%b5%e7%ad%8b%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81

1,伸ばしたい足を下に(写真では左)して、椅子にもたれます。

2,自重をゆっくりと矢印方向へとかけていく。

腰の高さや足の位置で、ストレッチの強度は調節してくださいね。

ツボとしては、このポイントにある【(和式)環跳((わしき)かんちょう)】などは効果的。

イラストを参考に、ツボ押しを!ツボ 環跳(2)

股関節の痛みは、慢性的な腰痛や膝痛をかばって立ち方に歪みが生じてもおこります。

すべての関節は連動しているんです。

今日は『大寒』。

寒さ本番のこれからは、関節痛や神経痛が多くなります。

寒さに負けない身体づくりのためにも・・・ぜひお尻は柔らかくしておきましょう!

寒さ厳しいこの時期は、お灸との併用も効果的です。

ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

動きの東洋医学

頭痛と顎の力学的関係

笑うと・・・身体が軽くなる?

皆さん、こんにちは。
さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

さて、当院には頭痛で来院される患者さんが多いのですが、皆さんを診ていて気になるポイントが一つ。

それは・・・「顎」%e9%a1%8e%e9%96%a2%e7%af%80%e7%97%87

あきらかに下顎にズレが診られる方、動きに大きな左右差がある方、施術中、ずーっと噛みしめていたり、居眠りに入ると歯ぎしりをはじめる方など。

実は頭痛と顎の緊張には、密接な関係があります。

以前のブログでも書きましたが、ヒトの頭の重さは、体重の約10%。
加えて重心が前にあるため、後頭部(うなじ)の筋肉は頭を支える形で常時働いています。

この構造に、噛む力(通常40~60kg)が加わると・・・%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e9%a0%ad%e7%97%9b
支点と力点の関係から、作用点である後頭部にかかる負荷が極端に増します。

食事の時だけなら兎も角、この「噛み絞め」が癖になってしまっているとしたら、後頭部の筋肉が悲鳴をあげるのも無理はありません。

また、噛むための筋肉は側頭部についているので、左右どちらかに偏った噛み癖などがあると、顎につながる頚や肩の筋肉が緊張し、連鎖的に背筋を引っ張って骨盤が傾き・・・%e5%99%9b%e3%81%bf%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a8%e6%ad%aa%e3%81%bf

全身に歪みが派生していきます。

実際、こういうS字状の歪みをもっているヒトは多くは顎にも問題がある事が多いです。

昨今はストレスや運動不足のせいか、顎の力が抜けないヒトをよく見かけます。

「PCに向かって、気が付くと歯を食いしばってた」なんてことありませんか?

顎の緩みは、頭の重さを軽くし全身の緊張をほぐす重要なポイント。

忙しい師走ですが、ほっぺに力をいれず・・・笑ってみましょう!

その方が身体も軽くなりますよ。

「なかなか力が抜けない」という方には、筋肉の緊張をゆるめる鍼が有効です。
ぜひ当院に、お気軽にご相談ください。

 

 

クービック予約システムから予約する

くらしを愉しむ, はり師の四コマ, 剣道, 動きの東洋医学

あなたの今年の「グッドニュース」はなんですか?

悪いことより良いことを数えてみましょう!

%e5%89%a3%e9%81%93%e5%86%8d%e9%96%8b皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

はや11月も末、2016年も12月を残すのみ。

今年は国内外、事件災害政情不安・・・あまりにありすぎて、ちょっとナーバスになってしまった方も多いとは思います。

ざっと挙げただけでも

熊本と鳥取、福島。台湾やエクアドル、イタリア、ニュージーランドでも大きな地震。加えて日本は台風連続上陸。

ベルギー、バングラデシュなどテロの横行、英EU離脱、トランプ大統領誕生、韓国大騒ぎ。

消費税延期、舛添辞任、小池知事誕生からの豊洲問題発覚。

アイドル刺傷、北海道で通り魔、相模原の大量殺傷、博多で陥没・・・

良かったのは・・・オバマ大統領の広島訪問に「君の名は」、ポケモンGO、リオ五輪にPPAP(笑)?

世間的にはオリンピックが、今年一番のグッドニュースでしょうか。

まぁ世情は兎も角、自分自身の良いニュースをたくさん挙げることができたなら、それは皆さんにとって良い年であったということ。

私にとっては、今年はやはり「剣道再開」でしょうか?

中学の部活以来なので、ほぼ素人。

まぁ手足はばらばらだわ、息は続かないわ、防具は重いわで、毎週筋肉痛ですが・・・

それでも大きな声をだす気持ち良さ、世代を超えたぶつかり合いや爽やかな礼節は、とても良いリフレッシュになります!

仕事にとっても、身体の使い方の再確認や、たくさんヒトの動きの違いなど、痛みの原因を生むような動作パターンを集めるのにはとても役立っています。

来年もしっかり稽古して、仕事にも活かして・・・世間的もたくさん良いニュースが聞かれるような、そんな2017年にしたいもの。

まぁ、先ずは残り一ヵ月。皆さんが、気持ちよく新年を迎えられるよう、しっかり施術してまいります!

ぜひ、お気軽にご相談ください!

クービック予約システムから予約する