くらしの薬膳, ダイエット, バランス向上

『歯』が語る食のバランス -犬歯はなんのためにある?-

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

今年は戌年。

ハチ公の例を挙げるまでもなく、イヌの誠実さは、ヒトにとっての最上の癒しの一つ。

今年はイヌを大いに見習って・・・今までよりさらに誠実に、愚直に、皆さまの健康のお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

さて

ヒトの身体の中で「イヌ」と名がつく部位といえば・・・『犬歯』。

この『犬歯』、獲物を襲い肉を引き裂くための・・・つまり闘争と肉食に適した歯です(写真はライオン)。

草食動物にも犬歯はありますが、象やイノシシを見る限り、主に異性にもてる(これも立派な闘争)ために大きくなっているようです。

そしてヒトの歯32本のうち、肉食用の歯は4本(写真はご先祖さま、ネアンデルタール人の骨格復元。いまのヒトは親知らず抜いちゃうので・・・)。

それ以外は、柔らかい果実や草を摘み取るための切歯(前歯)が8本と、硬い繊維質のものをすりつぶすための臼歯(奥歯)が20本・・・

つまり

肉:葉物野菜や果実:穀物や根菜 = 4:8:20 = 1:2:5

 

どうでしょう?皆さんの食生活、この歯にマッチしてますか??

昨今は、低炭水化物ダイエットが大流行。

確かに過剰な炭水化物の摂取は禁物ですが、タンパク質(肉)ばかり食べれば良いってわけでもありません。

むしろ、なにを食べるかより、どんな硬さのものを食べるかを意識して。

歯をしっかり使うという行為は、

脳にとっても(噛む刺激が、認知機能を高めるという研究があります)

胃腸にとっても(消化器への負担が減ります)

免疫にとっても(繊維質の多いものは、腸内環境を調えます)

姿勢にとっても(ヒトは構造上、猫背では強い咬合力が出せません)

そしてダイエットにとっても(よく噛むことは、満腹中枢を早く刺激するので、少ない量で満足感がでます)、有意義です。

2018年。ぜひ今年は、食生活から見直してみましょう。

当院はそのお手伝いに、手間を惜しみません。

皆さま、本年も【はりきゅう治療院伍行庵】を、よろしくお願い申し上げます。

 

クービック予約システムから予約する

広告
ダイエット, 足太陽経筋, 剣道, 動きの東洋医学

歩いて痩せる?ちょっとしたコツー剣道の極意より-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先日、患者さんから「痩せる歩き方はありませんか?」というご質問をいただきました。

昨今はウォーキングにしろランニングにしろ、様々な指南書があり・・・コレが正解!というのはなかなか(;^_^A。

なので一つ、

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振るイメージ」

をアドバイスさせていただきました。

コレはもともと剣道のコツ。

曰く「踵を外側に捻転すると腓骨が伸びる。腓骨を伸ばせばひかがみ(膝裏)が伸びる。ひかがみが伸びれば腰が入る」(小川忠太郎範士『剣道講和』より)

この教えは運動力学的にも理にかなっていて、膝裏-太もも裏のハムストリングス-を意識して使うことで、体幹のインナーマッスル-大腰筋-の連動が生まれます。

インナーマッスルの活用は基礎代謝を上げる効果が高い上、姿勢も良く(腰が入る)なりますし、足の筋肉に過剰な負荷をかけないので、足が太くなることもありません。

バレリーナなど、体幹を上手く使えるヒトの足は細いでしょう?

ただ、普通に「膝裏を伸ばして」と指導すると、どうにもどっかの国の軍隊パレードみたいな動きになる事が多いので・・・

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振る」

このイメージができれば自然、膝裏も腰も背筋も伸びてくるはず。

この動きのラインは、脇の下を通って、腕の付け根までつながりますから、腕も自然と振れてきます(剣道では脇の絞り込みにも関係します)。

ここまでしっかりと全身運動になれば、ウォーキングも立派なエクササイズ。

さあ皆さん、踵をちょと意識して、颯爽と歩いていきましょう!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

くらしを愉しむ, ダイエット, 脳力・認知機能向上

ハロウィンと脳のおはなし

脳はコスプレがお好き?

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。%e6%ad%b3%e6%99%82%e8%a8%98%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3

日本でも10月のイベントとして定着してきた「ハロウィン」。

本来はキリスト教の”諸聖人の日の前夜(Hallws-eve)”・・・大晦日とお盆が一緒になったような行事ですが、どうやら日本では、「コスプレパーティをする日」になってきたようです(笑)。

とはいえ、侮るなかれ。 実はこの「コスプレ=仮装・変装」、脳にとっては非常に良い効果があります。

ヒトの脳の中には2つの「身体」が存在します。%ef%bc%92%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97

一つは「ボディ・スキーマ」と呼ばれる、身体の姿勢や空間を正確に把握する感覚。

体操選手や延々とリフティングができるサッカー選手、あるいは抜群に車庫入れが上手い人などは、コレがすばらしく発達しています。

もう一つは、学習と記憶によって作られた自分がイメージする自分・・・「ボディ・イメージ」と呼ばれるもの。

わかりやすく言えば、自分の身体に対する思い込みです。

「いくらダイエットしても、それでも自分は太っている」と感じるなどは、その典型。

この「ボディ・イメージ」は非常に強固で厄介。

他人がどう云おうとも突き崩すのはなかなか難しく、時に摂食障害や各種神経症、うつ病などの引き金ともなってしまいます。

そんな「ボディ・イメージ」を劇的に変化させるものの一つが・・・「装い」。%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%80%80%e7%bf%81

普段とまったく違う自分を作り出すこの行為は、脳内の自己イメージを一新し、そのヒトの性格や行動も変えてしまうくらい、強く作用します。

古今東西、宗教儀礼には仮面や化粧、変装などがつきものでしょう?

欠点は、少々効きすぎることもあるという事ですが・・・ (ハロウィンで羽目を外す人、よく見かけますよね)

まぁ仮装ほどではないにしても、時々普段とは違う服装をしてみるというのは、脳を刺激し、思考を柔軟にします。当然ストレス解消にも。%e5%92%8c%e8%a3%8501
かく云う私も、和装好きです(;^ω^)

さて、今週末。

此処さいたま市中央区では「大正時代まつり」なるイベントが開催されます(もう25年目)。

目玉は、大正時代的な衣装で練り歩く「仮装パレード」!

どうでしょう、地元の皆さん?

ハロウィンに先駆けて、仮装でボディ・イメージを一新してみては??

この10月は、劇的な気温変化で心身のバランスが崩れやすい時期。 心と身体を整える東洋医学をぜひ当院でお試しください!

 

クービック予約システムから予約する