郄穴〔通経活血〕, 足厥陰肝経

中都(ちゅうと)

LR6)中都(zhong1du1)(ちゅうと)・中郄・太陰

【取穴】下腿前内側、脛骨内側面の中央、内果尖の上方七寸。

※膝蓋骨尖と内果尖を結ぶ線上の中点の下方五分で、脛骨内側面の中央にある。

【名の由来】「都=集まる」。本穴が脛骨内側の中央に位置し、厥陰経気が集まる処である事から。

【要穴】『足厥陰経郄穴』

【作用】

〔補〕固衝止崩

〔瀉〕疏肝理気

【弁証主治】◆厥陰経血(熱)病

統合失調症・顔が赤い・黄疸・腋窩リンパ節腫・呼吸困難・胸苦しさ・心痛、激しい動悸・上肢の痛み、痙攣やこわばり・掌の火照り、指先の痺れ・性欲の異常・泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・疔瘡〔郄門~内関の三穴透刺〕・※副腎髄質機能亢進症など

【弁証配穴】『郄会配穴(臓):章門+中都・筑賓』…臓病

【症例/個人的見解】

・陰経の郄穴は、手足同名経の血病を主治する。

 

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
アレルギー疾患, 郄穴〔通経活血〕, 足首、足、踵痛, 足少陽胆経

外丘(がいきゅう)

GB36)外丘(wai4qiu1)(がいきゅう)

【取穴】下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方七寸。

※外果尖と膝窩横紋外端を結ぶ線上の中点の下方一寸で、GB35)陽交の前方にある。

【名の由来】「丘=小さな隆起」。本穴が下腿外側の筋肉の隆起した場所にある事から。

【要穴】

『少陽経郄穴』

『少陽の生じる処?』

【作用】〔瀉〕舒筋活絡

【弁証主治】

◆少陽経の痛み

片頭痛・外眼眦痛・鼻頭が脂ぎる・耳痛・リンパ節腫・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛・第4指痛・脇肋痛・側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・帯状疱疹・※接触性皮膚炎など

【主治】狂犬病の解毒?

【弁証配穴】『郄会配穴(骨):大杼+外丘・水泉』…骨病

【主症配穴】

+後頂…発熱・悪寒・頭痛〔瀉法〕

+中脘…大腸疾患

【症例/個人的見解】

・陽経の郄穴は手足同名経の痛みに対しても影響を及ぼすのではないだろうか?

 

※接触性皮膚炎…衣服、気温、化学物質、金属など外界の刺激を受けて生じる皮膚炎。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
郄穴〔通経活血〕, 陽維脈, 足首、足、踵痛, 足少陽胆経

陽交(ようこう)

GB35)陽交(yang2jiao1)(ようこう)・足髎(zu1liao2)(そくりょう)・別陽

【取穴】下腿外側、腓骨の後方、外果尖の上方七寸。

※外果尖と膝窩横紋外端を結ぶ線上の中点の下方一寸で、GB36)外丘の後方にある。

【名の由来】本穴が足少陽経-陽維脈交会穴である事から。

【要穴】『陽維脈郄穴』

【交会】・経絡(2):足少陽経-陽維脈

【作用】〔瀉〕舒筋活絡

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆陽維脈病「寒熱に苦しむ」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節腫・てんかん、意識障害・躁鬱・四肢の冷え・めまい・胸苦しさ・腰痛など

【弁証配穴】『郄会配穴(筋):陽陵泉+金門・陽交・跗陽』…筋病

【主症配穴】

+解渓…動悸

+足臨泣…胸が張って苦しい〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
皮膚疾患, 郄穴〔通経活血〕, 手少陽三焦経

会宗(えそう)

TE7)会宗(hui4zong1)(えそう)

【取穴】前腕後面、尺骨の橈側縁、手関節背側横紋の上方三寸。

※TE6)支溝の尺側にある。

【名の由来】「会宗=集まる」。本穴が手少陽経郄穴であり、少陽経気が集まる場所である事から。

【要穴】『手少陽経郄穴』

【作用】〔瀉〕清熱開鬱・聡耳鎮痙・疏経活絡

【弁証主治】

◆少陽経の痛み

片頭痛・外眼眦痛・にきび、吹き出物・耳痛・リンパ節腫・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛・第4指痛・脇肋痛・側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・帯状疱疹・接触性皮膚炎など

【弁証配穴】『郄会配穴(気):膻中+会宗・孔最・陰郄』…気病

【主症配穴】+曲池…上肢痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・陽経の郄穴は手足同名経の痛みに対しても影響を及ぼすのではないだろうか?

・古典には「禁鍼穴」とある。なぜか?

・古くから、支溝は便秘や腹部のしこりへの効能が示されているが、経穴理論的には会宗の方が通経に向いているように思う。支溝と会宗は穴位的にも非常に近いので、両者を区別するのは少し難しいかも。

 

※接触性皮膚炎…衣服、気温、化学物質、金属など外界の刺激を受けて生じる皮膚炎。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
経外奇穴, 郄穴〔通経活血〕, 手厥陰心包経

郄門(げきもん) ※二白(にはく)

PC4)郄門(xi4men2)(げきもん)

【取穴】前腕前面、長掌筋腱と橈側手根屈筋腱の間、手関節掌側横紋の上方五寸。

※こぶしを作り、手関節を回外して肘関節を軽く屈曲すると長掌筋腱と橈側手根屈筋腱がより明瞭に現れる。PC3)曲澤とPC7)大陵を結ぶ線の中点の下方一寸にある。

※長掌筋腱が不明瞭な場合は、橈側手根屈筋腱の内側に取る。

【名の由来】本穴が手厥陰経の郄穴であり、厥陰経気が集中する門戸である事から。

【要穴】『手厥陰経郄穴』

【作用】〔瀉〕寧心理気

【弁証主治】

◆厥陰経血(熱)病

統合失調症・顔が赤い・黄疸・腋窩リンパ節腫・呼吸困難・胸苦しさ・心痛、激しい動悸・上肢の痛み、痙攣やこわばり・掌の火照り、指先の痺れ・性欲の異常・泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・疔瘡〔郄門~内関の三穴透刺〕・※副腎髄質機能亢進症など

【弁証配穴】『郄会配穴(脈):太淵+郄門・孔最』…脈病

【主症配穴】+太渓〔補〕…喀血〔郄門は瀉〕

【症例/個人的見解】

・陰経の郄穴は、手足同名経の血病を主治する。

 

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

 

────────────────

二白(er4bai2)(にはく)・郄門(xi4men2)(げきもん)

※経外奇穴-扁鵲神應鍼灸玉龍経-

【取穴】前腕前面、手関節掌側横紋の上方四寸。橈側手根屈筋腱の両際で、一側に二穴。左右四穴。

【由来】「白=金」。本穴が肩腕に二穴あり、金腑である大腸の疾患によく用いる事から。

【主治】胸脇痛・前腕の痛み・痔・脱肛

【配穴】

+大腸兪…痔

+長強+百会〔灸〕…脱肛

 

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ED、男性不妊、泌尿器疾患, 郄穴〔通経活血〕, 陰維脈, 衝脈, 足首、足、踵痛, 足少陰腎経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

築賓(ちくひん)

KI9)築賓(zhu4bin1)(ちくひん)・腿肚・腨腸

【取穴】下腿後内側、ひらめ筋とアキレス腱の間、内果尖の上方五寸。

※膝を屈し、抵抗に抗して足を底屈すると、脛骨内側縁にひらめ筋がより明瞭に現れる。

※KI3)太渓とKI10)陰谷を結ぶ線上で、LR5)蠡溝と同じ高さにある。

【名の由来】「築=土台を築く」「賓=臏(膝蓋骨)」。本穴が膝蓋骨より下の疾患を主治する事から。

【要穴】『陰維脈郄穴』

【作用】

〔補〕調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦・清熱利湿』

【弁証主治】

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛・動悸、胸苦しさ・脇下のつかえ・躁鬱、不安障害・急性腰痛など

 

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

【主症主治】こむら返り

【弁証配穴】

『郄会配穴(臓):章門+養老・筑賓』…臓病

『郄会配穴(腑):中脘+温溜・筑賓』…腑病

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精-血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
神経変性疾患, ED、男性不妊、泌尿器疾患, 郄穴〔通経活血〕, 腰背部痛, 陰蹻脈, 衝脈, 足少陰腎経, 太衝(血流不全), 婦人科疾患, 更年期障害

交信(こうしん)

KI8)交信(jiao1xin4)(こうしん)・内筋

【取穴】下腿内側、脛骨内縁の後方の陥凹部、内果尖の上方二寸。

※KI7)復溜の前方五分にある。

【名の由来】「信=五徳の土=脾」。本穴より先で脾経の三陰交と交わる事から。

【要穴】『陰蹻脈郄穴』

【作用】

〔補〕調補肝腎

〔瀉〕『水兪五十七処“太衝”/通利三焦』

【弁証主治】
◆陰蹻脈病「陽緩み陰急す」

悪風発熱〔瀉血〕・自律神経失調・視力低下、眼裏痛・※昌陽之脈腰痛・皮膚の強いしびれやこわばり・部位がはっきりしない疼痛・錐体外路系障害など

◆足少陰経病/衝脈病「逆気して裏急す」

身体が膨張したように感じる(泌尿器、婦人科疾患・更年期障害・皮膚静脈炎)〔瀉〕

身体が縮んだように感じる(認知症・貧血・喘息・サルコペニア(加齢による筋力低下))〔補〕 など

 

 

【弁証配穴】『郄会配穴(髄):懸鐘+交信・跗陽・水泉』…髄病

【主症配穴】

+陰包〔瀉〕…生理不順

+合陽…不正出血

【症例/個人的見解】

・『水兪五十七処』の“太衝”に数えられる。精/血の異常に効果が高い。個人的には衝脈に属すと考える。

・陰蹻脈は「一身左右の陰を主る」ことから、臨床では巨刺・繆刺を多用する。

・『陽緩み陰急す』を姿勢からみると、前傾前屈姿勢となる。この姿勢に加え、「蹻=足を高くあげて歩く・力強く歩く様・敏捷」を病むと考えた時、パーキンソン病をはじめとするような錐体外路系の変性疾患に対して、陰蹻脈は適応かと考える。

・陰蹻脈の病証では、表に異常がなく裏が病み(表面上に異常がないが症状が強いなど)、夜に症状がでる事が多い。

・照海同様、陰蹻脈に属するが、郄穴の性質上、照海より痛みに対する主治が多い。

・陰を病むと熱を生ず。

 

※昌陽之脈腰痛…腰痛が脇肋までひきつれ、視界がぼやけ、甚だしい時には背中が反り返り、舌が巻き上がって話せない。

※-素問刺腰痛篇第四十一-に記載の『昌陽之脈』を、陰蹻脈とする説もある。「昌陽」は復溜の別名でもあるが(「内筋」は交信の別名)、復溜も陰蹻脈に係わるという事か?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675