精神疾患, 経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 足首、足、踵痛, 足厥陰経筋, 足厥陰肝経

中封(ちゅうほう)

LR4)中封(zhong1feng1)(ちゅうほう)・懸泉

【取穴】足関節前内側、前脛骨筋腱内側の陥凹部、内果尖の前方。

※SP5)商丘とST41)解渓の中央にある。

【名の由来】「封=封蔵される」。本穴が前脛骨筋腱と長拇趾伸筋腱、下伸筋支帯に囲まれた中央に位置する事から。

【要穴】

『足厥陰経経金穴(木経金穴/金克木)』

『標本:足厥陰之本(行間の上五寸)?』

【交会】・経筋:足厥陰経筋の結する処

【作用】〔瀉〕疏肝通絡

【弁証主治】

◆傷寒厥陰病(陰陽離開証)「喘咳寒熱を治す/金克木」

慢性の悪寒発熱・咳嗽・黄疸・肝硬変・四肢が冷える、むくむ・更年期障害・01:00~03:00あるいは13:00~15:00の異常など

◆足厥陰経(筋)病

腰痛・性欲の異常、インポテンツあるいは勃起の異常継続・泌尿器、婦人科疾患・下腿内側~内股のひきつれ・内踝前の痛み・足母指痛など

【主症配穴】

+足五里…黄疸・胆石症〔瀉法〕

+昆侖…急性腰痛〔瀉法〕

+行間…排尿障害〔瀉法〕

+地機…生理痛・男性不妊)〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・木(怒/魂)穴・金(悲/魄)穴はどの経絡でも精神疾患への効果が高い。本穴では性欲の異常に対して。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 陽維脈, 足首、足、踵痛, 足少陽経筋, 足少陽胆経

陽輔(ようほ)

GB38)(yang2fu3)(ようほ)・髄空(sui3kong1)(ずいくう)・分肉・絶骨・分間

【取穴】下腿外側、腓骨の前方、外果尖の上方四寸。

【名の由来】「輔(骨)=腓骨」。本穴の位置から。

【要穴】

『足少陽経経火穴(木経火穴/木生火/自経子穴)』
『根結:足少陽之注』

【交会】・経絡(2):足少陽経-陽維脈

※一説には陽維の会ともされる。

【作用】〔瀉〕清肝胆熱・疏経活絡・清熱四肢

【弁証主治】

◆傷寒少陽病/陽維脈病「喘咳寒熱を治す/寒熱に苦しむ/実すれば其の子を瀉す」

悪寒戦慄をともなう高熱・往来寒熱・リンパ節炎・咳嗽・てんかん、意識障害・躁鬱・四肢の冷え・めまい・胸苦しさ・腰痛・脈弦など

◆足少陽経(筋)病

半身不随・偏頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・脇肋、側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥など

【主症配穴】

+尺澤…急性の痛み・しびれ

+足陽関…急性のマヒ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・陽(維・蹻)を病むと寒を生ず。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
経(金/火)穴〔喘咳寒熱を治す〕, 腰背部痛, 致残十八穴, 風邪、呼吸器疾患, 足太陽経筋, 足太陽膀胱経, 妊婦禁鍼

昆侖(こんろん)

BL60)昆侖(kun1lun2)(こんろん)・崑崙・下崑崙・厥陽

【取穴】足関節後外側、外果尖とアキレス腱の間の陥凹部。

【名の由来】神山の名。本穴が頭部の諸疾患(特に水病)を主治する事から。

【要穴】

『足太陽経経火穴(水経火穴/水克火)』

『根結:足太陽之注』

【交会】・経筋:足太陽経筋の結す処(踵外、外踝)

【作用】〔瀉〕鬱熱清降・泄血去瘀・寒湿温散・通絡散滞・清利頭目・舒筋活絡

【弁証主治】

◆傷寒太陽病「喘咳寒熱を治す/水克火」

急性の悪寒発熱、咳嗽・小児のひきつけ〔灸〕など

◆足太陽経(経筋)病

発熱による疼痛・項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛〔瀉血+局所灸〕・身体を揺すれないなど

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/急性の喘息発作、強い胸苦しさ・腰、臀部のひきつれ〔鍼7分+灸5壮〕』】

【配穴】

+犢鼻…風邪

+湧泉…身体の奥の鈍痛

+承山…眼痛・こむらがえり

+中封…急性腰痛〔瀉法〕

+養老…腰椎椎間板ヘルニア〔慢性化したものには+伏兎〕

+委中…手足の重怠さ

+太渓…慢性の膝痛・踵痛〔補法〕

【症例/個人的見解】

・古典には、「妊婦刺之落胎」とある。要注意。

・本穴が足太陽経の経穴であること、また馬丹陽天星十二穴にも喘息の記述があることなどから、呼吸器疾患にはぜひ試したい。

・武術的な「致残十八穴」の一つ。捻挫、打突により足に力が入らなくなる。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675