督脈, 肥満あるいは極度の痩せ,

脊中(せきちゅう)

GV6)脊中(ji3zhong1)(せきちゅう)・神宗・背兪・十一椎

【取穴】上背部、後正中線上、第11胸椎棘突起下方の陥凹部。

※背部胃潰瘍圧診点(胃潰瘍の診断点)に近い。

※Th11・12は、精巣上体の内臓体性知覚反射部位に相当。

【名の由来】本穴がちょうど背部の中央に位置する事から。

【作用】〔補〕温補脾腎

【弁証主治】

◆督脈病

躁鬱・注意欠陥多動性障害、統合失調症・頭が重く、ふらふらする・肩背部痛・腰背部の痛み、悪寒・膝、四肢の冷えなど

◆脾病

貧血、血液疾患・胃腸虚弱、萎縮性胃炎、※積聚・軟便・泌尿器、婦人科疾患・脈浮緩など

【配穴】+湧泉…てんかん発作〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・甲乙経・和漢三才図会に「禁灸穴」とある。何故か?

・本穴の左右には脾兪がある。脾の病にも有効と考える。

・過剰な食欲を抑えるとも。

 

※積聚…お腹の中にしこりがあり、張れや痛みを伴う病証。一般に、しこりが明らかで、痛みや張りが強く、位置が一定なものを積。しこりが不明瞭で、一時的に張りがきて痛みが移動するものを聚という。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
広告
ストレス/不安障害、パニック障害, , 致命三十六穴, 足厥陰肝経, 八会穴, 募穴〔瀉実〕, 帯脈, 代謝障害

保護中: 章門(しょうもん)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。