アレルギー疾患, 皮膚疾患, 眼疾患, 精神疾患, 絡穴〔去痰化瘀〕, 耳疾患, , 脳、神経症状, 自己免疫疾患, 足陽明胃経, 合(水/土)穴(下合穴)〔逆気而泄を治す〕, 心包, 慢性疲労、虚弱体質, 手厥陰心包経, 抜け毛、円形脱毛症, 消化器疾患, 代謝障害

保護中: 配穴の陰陽-【足陽明胃経】-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
禁鍼穴, 精神疾患, 能力開発, 致命三十六穴, 足厥陰経筋, 八会穴, 募穴〔瀉実〕, 各種依存症, 心療内科的症状, 心包, 任脈

膻中(だんちゅう)

CV17)膻中(tan2zhong1)(たんちゅう)・中丹田・上気海・元児・元見・胸堂

【取穴】前胸部、前正中線上、第四肋間と同じ高さ。

※津田胸骨点(十二指腸潰瘍などの診断点)に近い。

【名の由来】「膻中=君主の居城」。本穴が心(神)の外衛たる心包の募穴である事から。

【要穴】

『心包募穴』

『根結:足厥陰之絡』

『八会穴:気会』

『前三関』※気功用語。小周天功における重要な関所の一つ。

【交会】・経絡(5):任脈-足太陰経-手太陽経-足少陰経-手少陽経

【作用】

〔補〕補益宗気・補陽上焦

〔瀉〕脈絡温通・理気通絡・寛胸理膈

【弁証主治】

◆心包病/脈病

心痛、動悸、胸苦しさ・心窩部痛・掌の火照り・19:00~21:00あるいは07:00~09:00の異常・各種依存症ストレス/不安障害、パニック障害・※副腎髄質機能亢進症など

◆胃病・足太陰経病/血病

貧血、血液疾患、黄疸・胃腸虚弱、萎縮性胃炎・げっぷ・しゃっくり・食べてもすぐ空腹になる・心療内科的症状など

◆足少陰経病(気病?)

痴呆・視力の低下・梅核気、喉痛、嚥下困難・喘息〔灸7壮〕・更年期障害・痩せなど

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・痔・糖尿病など

◆手太陽経病

下顎痛・頚部静脈瘤・項頚部痛・肩背部、肩甲間部の痛み・上肢痛、マヒ、火照りなど

◆手少陽経病

片頭痛・歯痛・多汗・耳鳴、難聴・胸鎖乳突筋のこわばり・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足厥陰経筋病

インポテンツあるいは勃起の異常継続・下腿内側~内股の痛み、ひきつれ・内踝痛・足母指痛など

【弁証配穴】

『郄会配穴(気):膻中+会宗・孔最・陰郄』…気病

『兪募配穴(心包・脈):膻中+厥陰兪』…心包病/ストレス障害・各種依存症など

『原募配穴(手厥陰経):大陵+膻中』…手厥陰経病

【主症配穴】

百会⇒膻中⇒玉堂…注意欠陥多動性障害、統合失調症など(熱い精神疾患)〔灸:チベット医学の技法。百会⇒膻中⇒玉堂の順に施灸していく。順番が大切らしい〕

+華蓋…息切れ〔瀉法〕

+天突…哮喘〔膻中は灸〕

+巨闕…心窩部痛、喉に痰が溜まる

+少澤〔補〕…母乳がでない〔膻中は灸〕

【症例検証/個人的見解】

・募穴はその臓腑に加え、子午の表裏にある臓腑も主治する。すなわち心包募穴である膻中は、胃の病も主治とする。

・難経第三十一難には、上焦の病を治す場として本穴を挙げている。一方、和漢三才図会には「禁鍼穴」とある。

・「気会」としての具体的治効は、足少陰経病(肺腎陰虚)に由来するように思う。

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。心臓の損傷。

 

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
禁灸穴, 禁鍼穴, 絡穴〔去痰化瘀〕, 致命三十六穴, 原穴, 各種依存症, 心包, 任脈

鳩尾(きゅうび)

CV15)鳩尾(jiu1wei3)(きゅうび)・尾翳(wei3yi4)(びえい)

【取穴】上腹部、前正中線上、胸骨体下端の下方一寸。

※腹部胃潰瘍圧診点に近い。

【名の由来】胸骨を中心とした胸郭を翼を広げた鳥に見立て、本穴がその尾にあたる事から。

【要穴】

『膏之原』

『任脈絡穴/鳩尾を下り腹に散ず』

【作用】〔瀉〕和中降逆・清心化痰

【絡脈主治】陰経全体にまたがる症状・任絡脈の瘀血痰飲証

〔補〕痒み(特にお腹)

〔瀉〕痛み(特にお腹)

【弁証主治】

◆任脈病…泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

【主症主治】てんかん発作〔灸3~7壮。多く灸したり、鍼だと人を傷るとある〕

【配穴】

+湧泉…てんかん

+懸釐…発熱による偏頭痛〔瀉法〕

+璇璣…喉の痛み・嚥下困難〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・「膏之原は鳩尾に出ず」とも云う。背面の膏肓との関係が覗える。

・霊枢九針十二原第一においては、五臓の原穴左右十穴に、鳩尾と気海を加えて十二原としている。その重要性は一考かと。

 ・甲乙経・和漢三才図会に「禁鍼灸穴」とある。要注意。

・腹部の痛みや痒みにからむ記述が多く、また少年期の過剰な自慰行為なども治療範囲に入る。血熱へのアプローチとして捉えるべきか?

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。横隔膜の損傷。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ストレス/不安障害、パニック障害, 禁鍼穴, 自律神経失調, 足太陽膀胱経, 免疫力、抵抗力向上, 各種依存症, 心包, 慢性疲労、虚弱体質

膏肓(こうこう)

BL43)膏肓(gao1huang1)(こうこう)・膏肓兪

【取穴】上背部、第4胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方三寸。

※BL43)膏肓とBL14)厥陰兪は、第4胸椎棘突起下と同じ高さにある。

【名の由来】「膏=心下に在り脾より生じるもの」「肓=膈上に在り腎より生じるもの」。 本穴が膏肓に位置し、此所に病が入ると深刻で不治である事から。

【作用】

〔補〕益気補虚

〔瀉〕通宣理肺

【弁証主治/癒やせぬ処なし】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆心包虚証/脈病/腎病

各種依存症・緊急反応、※副腎髄質機能亢進症状・循環器疾患・更年期障害・泌尿器、婦人科疾患・下痢・脈沈遅など

【主症主治】喘息・五十肩・肩こり・肋間神経痛・肋膜炎・背筋痛

【弁証配穴】『崔氏四花(六花)灸法:膏肓+膈兪+胆兪(+肺兪)』…肺腎虚証〔灸法〕

【主症配穴】

+魄戸…肺結核

+庫房…喘息発作〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・本穴の内方一寸五分には「厥陰兪」がある。膏は「心下の脂」という意味があり、また霊枢九針十二原では「膏の原は鳩尾より出づ」とある。

・心包は「喜楽出づ」とされる。喜楽=快楽と考えると、各種依存症やストレスから生じる緊急反応などに応用できるのではと考える。

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

・基本、灸穴。古典には「禁鍼多灸、21壮」とある。気胸の恐れがあるので、やはり灸が望ましい。

・和漢三才図会には「尋常必要の要穴にして、理気の良灸・諸虚の妙灸」とある。養生穴としてはとても良い。

 

※副腎髄質…副腎髄質はそもそも交感神経節後線維の一種。血中にカテコールアミン(交感神経節後線維の伝達物質はみなカテコールアミン)を放出し、全身的な緊急反応をつくる。(つまり各臓器は、つながる交感神経支配と血中から二重に亢進をうける)

・アドレナリン…闘争と逃走(fight-or-flight)のホルモン。運動器への血流量増加(心臓機能上昇。消化機能低下)・呼吸機能増加・感覚器の感度上昇と痛覚の鈍化。

・ノルアドレナリン…アドレナリンと同様の働きに加え、脳に作用し注意(集中)と衝動性(決断)を高める。また長期記憶にも関わる。

・ドーパミン…副腎髄質からはごくわずか。循環血中のドーパミンの作用はまだよくわかっていないが、脳内においては意欲、動機、学習などに深く関与するといわれる。陽性(亢進)状態では幻覚・妄想など、陰性(抑制)状態では抑うつなど。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
ストレス/不安障害、パニック障害, 自己免疫疾患, 致命三十六穴, 風邪、呼吸器疾患, 足太陽膀胱経, 各種依存症, 心包

厥陰兪(けついんゆ)

BL14)厥陰兪(jue2yin1shu4)(けついんゆ)・闕兪・厥兪

【取穴】上背部、第4胸椎棘突起下縁と同じ高さ、後正中線の外方一寸五分。

※肩胛間部圧診点(気管支リンパ節の診断点)に近い。

【名の由来】「厥陰=消尽・消失」。本穴が本来兪穴を持たない心包絡の兪穴を代替する事から。

【要穴】『心包兪穴』

【作用】〔補〕心寧安神・通経活絡

【弁証主治】

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆心包虚証/脈病

ストレス/不安障害、パニック障害(頻脈など)・自己免疫疾患・※副腎皮質機能亢進症・各種依存症など

【主症主治】喘息・肋間神経痛・肋膜炎

【弁証配穴】『兪募配穴(心包・脈):膻中+厥陰兪』…心包病

【症例/個人的見解】

 ・本穴の外方一寸五分には『膏肓』がある。霊枢九針十二原第一では「膏の原は鳩尾より出る」とされる。

・本穴は背部兪穴の一つだが、他の背兪穴の様に交感神経系へのアプローチよりも、胸腺との関わりを強く考えている。

・胸腺は成長期の免疫に関わる臓器だが、※副腎皮質ホルモンの亢進が起こると、胸腺の萎縮を起こすとの報告がある。胸腺(内胚葉由来)・副腎皮質(中胚葉由来)・副腎髄質(外肺葉由来)の三者は、位置・組成ともに脂肪との関係も深く、『膏肓』との関連にも辻褄が合う。この三者の連関が、心包と三焦の一つの形ではと考える。

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

心包は「喜楽出」とされる。喜楽=快楽と考えると、欲求の暴走である各種依存症や、ストレスなどから生じる疾患には有効と思われる。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。肺の損傷。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675