股関節痛、鼠径部痛、大腿痛, 膝痛, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 八会穴, 合(水/土)穴(下合穴)〔逆気而泄を治す〕, 坐骨神経痛

陽陵泉(ようりょうせん)

GB34)陽陵泉(yang2ling2quan2)(ようりょうせん)・筋会・陽陵・筋合

【取穴】下腿外側、腓骨頭前下方の陥凹部。

【名の由来】本穴が大腿骨外側(陽)の腓骨頭(陵)前下際(泉)にある事から。

【要穴】

『足少陽経合土穴/胆下合穴(木経土穴/木克土)』

『八会穴:筋会』

【交会】・経筋(2):足少陽経筋-足陽明経筋の結する処(膝外廉)

【作用】

〔補〕壮筋補虚

〔瀉〕胆腑通暢・平肝瀉火・舒筋利節

【弁証主治】

◆気逆証(心病)「逆気而泄を治す/木克土」

黄疸・貧血、血液疾患・睡眠障害・イライラして怒りやすい・外眼眦痛・喉渇・心痛、動悸・胸苦しさ・掌の火照りあるいは四肢の冷え・静脈瘤・23:00~01:00あるいは11:00~13:00の異常など

◆足少陽経(経筋)病

偏頭痛・口苦・溜息・胸鎖乳突筋のこわばり・頬~鎖骨窩の痙攣・脇肋、側腹部痛・腰痛、臀部痛・こむら返り・足首痛・皮膚の乾燥など

◆足陽明経筋病

めまい・耳鳴・顔面神経マヒ、顔のムクミ・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症など

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/変形性膝関節症・坐骨神経痛、下肢マヒ』】

【弁証配穴】

『郄会配穴(筋):陽陵泉+金門・陽交・跗陽』…筋病

『募合配穴(胆):日月+陽陵泉』…胆実証

『原合配穴(少陽経):丘墟+陽陵泉』…足少陽経(経筋)病

【主症配穴】

『八会配穴(筋髄):陽陵泉+懸鐘/変形性腰椎症・腱鞘炎・捻挫(手首・足首問わず)』

+曲池…半身不随・四肢の痙攣

+胆兪…胆石症

+環跳…脇腋部~脚まで連なる痛み

【症例/個人的見解】

・土穴には中央という意味も兼ねるため、陽経では原穴に準じた運用をされることが多い。つまり原穴同様、子午の表裏である手少陰心経の病にも適用可能。

・本穴を『筋会』とするのは、腸脛靭帯の立位での重要性ゆえか?

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048‐851-9675

広告
足陽明経筋, 足少陽胆経, 帯脈

維道(いどう)

GB28)維道(wei2dao4)(いどう)・外枢

【取穴】下腹部、上前腸骨棘の内下方五分。

※GB27)五枢の内下方五分にある。

【名の由来】「維=つなぐ」。本穴が帯脈との交会穴であり、帯脈の機能が、諸経を繋ぐ事から。

【交会】

・経絡(2):足少陽経-帯脈

・経筋:足陽明経筋の結する処(髀枢)

【作用】〔補瀉〕温陽利湿・舒筋活絡

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・足首痛・皮膚の乾燥など
◆帯脈病「腹満、腰溶溶として水中に坐している如し」

腹張・腰~側腹部痛、痙攣・下半身の筋力低下・下脱症状・過敏性腸症候群・泌尿器、婦人科疾患など

◆足陽明経筋病

耳疾患・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【配穴】+関元…下痢

【症例/個人的見解】

・痿証(筋力低下)の治療には、陽明経を主に、衝脈・帯脈・督脈との関係を考慮しながら配穴すると良い。

・帯脈は腰腹部内外の安定に関与し、その病証は特に様々な「下脱」として現れる。その中には内臓下垂・子宮脱・陰嚢ヘルニア・脱肛などの臓器下脱から、おりものの不調・不正出血・遺精・尿漏れ・下痢などの機能的漏脱も含まれる。

・足陽明経筋病に対して用いる際は、本穴と髀関との間の硬結を主体に刺鍼ポイントを決めた方が良いように思う。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
むくみ、冷え症, 皮膚疾患, 精神疾患, 経外奇穴, 足陽明経筋, 足陽明胃経, 榮(火/水)穴〔身熱を治す〕, 消化器疾患

内庭(ないてい) ※裏内庭(うらないてい)

ST44)内庭(nei4ting2)(ないてい)

【取穴】足背、第2・第3足指間、みずかきの後縁、赤白肉際。

【名の由来】「庭=居住地」。本穴の効能が内証を主治とする事から。子宮を内庭と称する事もあり、下腹部の疾患に著効があるからとも。

【要穴】『足陽明経榮水穴(土経水穴/土克水)』

【作用】〔瀉〕裏熱泄瀉・清胃湿熱・理気鎮痛・養筋活絡

【弁証主治】

◆胃実証「身熱を治す/土克水」

発熱・アレルギー疾患・自己免疫疾患・黄疸・鼻血・チック・頚部リンパ節腫・消化器症状・脈浮緩・07:00~09:00あるいは19:00~21:00の異常など

◆足陽明経(経筋)病

躁鬱、不安障害・注意欠陥多動性障害、統合失調症・顔面神経マヒ・頬~鎖骨窩の痙攣・腹筋の緊張・疝痛、股関節の炎症・下肢痛、こわばり、マヒなど

【主症主治:『馬丹陽天星十二穴/胃腸系の感染症・聴覚過敏・歯痛・よくあくびする・喉痛・四肢の冷え・蕁麻疹、帯状疱疹など』】

【主症配穴】

+上星…眼痛

+合谷…鼻血

+太渓…上歯痛

+通里…あくび

+太衝…喘息

+懸鐘…心窩部からお腹の張り〔瀉法〕

+足臨泣…下腹部の張り〔気滞性なら内庭に、水湿が診られる様なら臨泣を〕〔瀉〕

+僕参…踵の問題?〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・和漢三才図会に「吐腹の病の妙灸の穴」とある。細菌性の下痢に効果が高い。

・榮(火/水)穴は木(筋)を挟む。故に各経筋病にも使い勝手が良い。

―――――――――――――――――

裏内庭(li3nei4ting2)(うらないてい)  ※経外奇穴…日本由来と思われる。

【取穴】足底、第2・第3足指間。

【名の由来】本穴が内庭の裏面(足底面)にある事から。

【主治】急性胃腸炎・小児の消化不良・足指の痛み・小児のひきつけ

【症例/個人的見解】

・日本では消化器系へ用いる事が多く〔灸法〕、中国ではひきつけやてんかんに用いる事が多い。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048‐851-9675