陰蹻脈, 足少陰経筋

保護中: -姿勢を司る骨と筋-【足少陰経筋】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
アンチエイジング, 足少陰経筋, 動きの東洋医学

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!-カラダが弾むとココロも弾む-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

梅雨。 この時期は、どうしても運動不足になりやすく、また精神的にも鬱々としやすいもの。

こんな時、なにかオススメの健康法はないかと考えたんですが・・・

【マサイのジャンプ】なんかどうでしょう?  こんなヤツです。

アフリカのマサイ族の皆さんが、よくやってるでしょう?

そもそもヒトの、「2本足で立つ」という基本姿勢はとても不安定。

その不安定さを補うため、『主要姿勢筋群』という背側のいくつかの筋肉が、常に微妙な姿勢制御を行っています。

このジャンプは、この『主要姿勢筋群』を連動して鍛えるには格好の運動。

姿勢を良くし、アンチエイジングの効果は抜群です。

また、これらの筋肉中、特にふくらはぎのヒラメ筋は、血液やリンパを心臓へと押し上げる「第二の心臓」として機能します。

つまり、梅雨時期のムクミや代謝不全にも効果大。

加えて、垂直方向から加わる負荷は、骨を刺激し骨代謝を促進します。

バレーボールやバスケをやる子供の身長が平均的に高いのは、成長期に適切な垂直負荷が骨に加わるからだともいわれています。

成人であっても、骨粗鬆症の予防としては大切です。

さらに、医学的な立証はないようですが・・・

太古の記憶か脳やその周辺組織への刺激になるのか、「ジャンプ」という運動は、気分を高揚させ、ストレスを抜く効果があるようです。

子供たちは、うれしい時って飛び跳ねるでしょ?

 

東洋医学でも、この『主要姿勢筋群』に近しい筋ラインというのはあるのですが・・・

面白いことにこのラインは、成長や骨、髄、脳などと密接につながる【腎】から栄養を受けると考えられています。

梅雨の季節こそ、心身共に軽やかにするために。

1日10回のマサイジャンプ、ぜひお試しを!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関する、プロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

ストレス/不安障害、パニック障害, バランス向上, 神経変性疾患, 致命三十六穴, 陰維脈, 足太陽経筋, 足少陰経筋, 手少陽経筋, 任脈

廉泉(れんせん)/舌本(ぜつほん)

CV23)廉泉(lian2quan2)(れんせん)・舌本(she2ben3)(ぜっぽん)・ 本池

【取穴】前頚部、前正中線上、喉頭隆起上方、舌骨の上方陥凹部。

※頚部を軽く屈曲すると、下顎骨と甲状軟骨の間に舌骨隆起を触れる。

【名の由来】「廉=辺り」。本穴内部に舌根があり、此所が津液が泉の様に溢れ出る場所である事から。

【要穴】

『標本:足太陰之標』

『根結:足少陰之結』

【交会】

・経絡(2):任脈-陰維脈

・経筋:足太陽経筋-手少陽経筋の結す処(舌本)

【作用】

〔補〕補益舌本・生津潤燥

〔瀉〕舌絡通調・壅腫消散・清熱化痰・通利咽膈

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛、心窩部痛・激しい動悸、胸苦しさ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・梅核気〔刺鍼1分・灸3壮〕・しゃっくり・脇下のつかえ・腰背部痛など

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・胃腸虚弱・婦人科疾患・萎縮性舌炎、舌のこわばり・嚥下困難・脈浮緩など

◆足少陰経筋病

てんかん発作・下肢~足底のひきつれ・錐体外路系障害など

◆足太陽経筋病

項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆手少陽経筋病

上肢痛、ひきつれなど

【主症主治】流行性耳下腺炎・扁桃腺炎・咽頭炎

【主症配穴】

+中衝…舌下の炎症・舌瘡

【症例/個人的見解】

・足陰経における根結では、『結』は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足少陰)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

・梅核気の治療で著効があったことがある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。気道の損傷。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675