足太陽経筋, 動きの東洋医学, 手厥陰経筋, 手少陽経筋

姿勢が良くなる「意外な」ポイントーキツネ×白鳥?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

当院では最近、腱鞘炎や手首骨折後のリハビリ、原因不明の指のこわばりなど、「手」に絡んだ問題の患者さんが多いです。

そんな訳で、手指の解剖生理をもう一度復習しているのですが・・・ふと眼に飛び込んできたのがこの一文。

「手根の屈筋は、指伸筋と協同的に働く(指を伸ばすと手首は曲がる)」(カパンディ『関節の生理学Ⅰ』)

・・・だから? と思う方も多いと思いますが、この指と手首の連動はココまでではありません。

論より証拠。

普通に立った状態で、写真のように手で“キツネ”を作ってみましょう。すると先の説明どおり自然と手首が曲がります。そして同時に、力まなくても腕がふいっと上がるはず。

「指先を伸ばす」ことだけ意識して、(はばたくように)コレを何度か繰り返すと・・・

さっきより姿勢が良くなってませんか?

ヒトによっては、自然とつま先立ちになる方もいるはずです。

つまり、手の指の動きが肩から背筋を通って、足のつま先にまで影響するということです。

バレエやダンスで「手の形に注意する」というのは聴いたことがありますが、コレはつまり「余分な力みを使わずに正しい姿勢をつくる」という技術なんでしょうね。

面白いことにこの“キツネの手”、古武道などでも「体幹の力」を上手く使うために用いられているのだとか。

逆に言えば、指がずっと曲がっている方(スマホが手放せず、こういう方は多いはず)は、首や肩のみならず、背筋や足腰まで伸びなくなっている可能性大。

さあ皆さん、コレを読んだらPC、スマホから目を離して・・・

“キツネの手”で、ゆったり大きく羽ばたきましょう! 白鳥の湖のように^^)

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

広告
ダイエット, 足太陽経筋, 剣道, 動きの東洋医学

歩いて痩せる?ちょっとしたコツー剣道の極意より-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

先日、患者さんから「痩せる歩き方はありませんか?」というご質問をいただきました。

昨今はウォーキングにしろランニングにしろ、様々な指南書があり・・・コレが正解!というのはなかなか(;^_^A。

なので一つ、

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振るイメージ」

をアドバイスさせていただきました。

コレはもともと剣道のコツ。

曰く「踵を外側に捻転すると腓骨が伸びる。腓骨を伸ばせばひかがみ(膝裏)が伸びる。ひかがみが伸びれば腰が入る」(小川忠太郎範士『剣道講和』より)

この教えは運動力学的にも理にかなっていて、膝裏-太もも裏のハムストリングス-を意識して使うことで、体幹のインナーマッスル-大腰筋-の連動が生まれます。

インナーマッスルの活用は基礎代謝を上げる効果が高い上、姿勢も良く(腰が入る)なりますし、足の筋肉に過剰な負荷をかけないので、足が太くなることもありません。

バレリーナなど、体幹を上手く使えるヒトの足は細いでしょう?

ただ、普通に「膝裏を伸ばして」と指導すると、どうにもどっかの国の軍隊パレードみたいな動きになる事が多いので・・・

「踏切の時、後ろ足の踵を外側に振る」

このイメージができれば自然、膝裏も腰も背筋も伸びてくるはず。

この動きのラインは、脇の下を通って、腕の付け根までつながりますから、腕も自然と振れてきます(剣道では脇の絞り込みにも関係します)。

ここまでしっかりと全身運動になれば、ウォーキングも立派なエクササイズ。

さあ皆さん、踵をちょと意識して、颯爽と歩いていきましょう!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。