手厥陰経筋, 手少陽経筋

保護中: 【手少陽経筋】と【手厥陰経筋】-中指と薬指のあいだ-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
足太陽経筋, 動きの東洋医学, 手厥陰経筋, 手少陽経筋

姿勢が良くなる「意外な」ポイントーキツネ×白鳥?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

当院では最近、腱鞘炎や手首骨折後のリハビリ、原因不明の指のこわばりなど、「手」に絡んだ問題の患者さんが多いです。

そんな訳で、手指の解剖生理をもう一度復習しているのですが・・・ふと眼に飛び込んできたのがこの一文。

「手根の屈筋は、指伸筋と協同的に働く(指を伸ばすと手首は曲がる)」(カパンディ『関節の生理学Ⅰ』)

・・・だから? と思う方も多いと思いますが、この指と手首の連動はココまでではありません。

論より証拠。

普通に立った状態で、写真のように手で“キツネ”を作ってみましょう。すると先の説明どおり自然と手首が曲がります。そして同時に、力まなくても腕がふいっと上がるはず。

「指先を伸ばす」ことだけ意識して、(はばたくように)コレを何度か繰り返すと・・・

さっきより姿勢が良くなってませんか?

ヒトによっては、自然とつま先立ちになる方もいるはずです。

つまり、手の指の動きが肩から背筋を通って、足のつま先にまで影響するということです。

バレエやダンスで「手の形に注意する」というのは聴いたことがありますが、コレはつまり「余分な力みを使わずに正しい姿勢をつくる」という技術なんでしょうね。

面白いことにこの“キツネの手”、古武道などでも「体幹の力」を上手く使うために用いられているのだとか。

逆に言えば、指がずっと曲がっている方(スマホが手放せず、こういう方は多いはず)は、首や肩のみならず、背筋や足腰まで伸びなくなっている可能性大。

さあ皆さん、コレを読んだらPC、スマホから目を離して・・・

“キツネの手”で、ゆったり大きく羽ばたきましょう! 白鳥の湖のように^^)

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

ストレス/不安障害、パニック障害, バランス向上, 神経変性疾患, 致命三十六穴, 陰維脈, 足太陽経筋, 足少陰経筋, 手少陽経筋, 任脈

廉泉(れんせん)/舌本(ぜつほん)

CV23)廉泉(lian2quan2)(れんせん)・舌本(she2ben3)(ぜっぽん)・ 本池

【取穴】前頚部、前正中線上、喉頭隆起上方、舌骨の上方陥凹部。

※頚部を軽く屈曲すると、下顎骨と甲状軟骨の間に舌骨隆起を触れる。

【名の由来】「廉=辺り」。本穴内部に舌根があり、此所が津液が泉の様に溢れ出る場所である事から。

【要穴】

『標本:足太陰之標』

『根結:足少陰之結』

【交会】

・経絡(2):任脈-陰維脈

・経筋:足太陽経筋-手少陽経筋の結す処(舌本)

【作用】

〔補〕補益舌本・生津潤燥

〔瀉〕舌絡通調・壅腫消散・清熱化痰・通利咽膈

【弁証主治】

◆任脈病

泌尿器、婦人科疾患・腹部のしこり・痔・糖尿病など

◆陰維脈病「心痛に苦しむ」

心痛、心窩部痛・激しい動悸、胸苦しさ〔繆刺法…反対側を瀉血〕・梅核気〔刺鍼1分・灸3壮〕・しゃっくり・脇下のつかえ・腰背部痛など

◆足太陰経病

貧血、血液疾患・胃腸虚弱・婦人科疾患・萎縮性舌炎、舌のこわばり・嚥下困難・脈浮緩など

◆足少陰経筋病

てんかん発作・下肢~足底のひきつれ・錐体外路系障害など

◆足太陽経筋病

項頚部痛・鎖骨窩痛・脇痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

◆手少陽経筋病

上肢痛、ひきつれなど

【主症主治】流行性耳下腺炎・扁桃腺炎・咽頭炎

【主症配穴】

+中衝…舌下の炎症・舌瘡

【症例/個人的見解】

・足陰経における根結では、『結』は任脈上の中脘(足太陰)、玉堂(足厥陰)、廉泉(足少陰)とされている。足陽経同様、経筋と絡めて考えると、この3点は、各経筋の動作上の軸と関わるのではないだろうか?

・足少陰経筋の病-仲秋痺-は「此筋折紐、紐発数甚者、死不治」とある。個人的には錐体外路系の変性疾患を思わせる。

・梅核気の治療で著効があったことがある。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。気道の損傷。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
アーユルヴェーダ・マルマ, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 経外奇穴, 耳疾患, 自律神経失調, 足太陽経筋, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 手陽明経筋, 手太陽経筋, 手少陽経筋

完骨(かんこつ) ※安眠(あんみん)

GB12)完骨(wan2gu3)(かんこつ)

【取穴】前頚部、乳様突起の後下方、陥凹部。

※乳様突起圧診点(頭痛・脳炎の診断点)に近い。

【名の由来】「完骨=乳様突起」。本穴の位置から。

【交会】

・経絡(2):足少陽経-足太陽経

・経筋(2):手足太陽経筋の結する処

【作用】〔瀉〕疏風活絡・清熱明目

【弁証主治】

◆足少陽経病

口苦・溜息・脇肋痛・足首痛・皮膚の乾燥など

◆足太陽経病

風邪・発熱による疼痛など

◆太陽経筋病

頭痛・視力低下・耳鳴・鎖骨窩痛・項頚部痛・肩胛骨痛・上肢内側痛・第5指痛・腰背部痛・こむら返り・踵痛・足第5指痛・身体を揺すれないなど

【主症主治】聴覚障害、難聴

【配穴】

+風池…躁鬱・統合失調症〔瀉法〕

+瘈脈…急性の頭痛〔瀉法〕

+浮白…虫歯・歯茎の炎症〔瀉法〕

+頷厭…頚項痛〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・インド医学にも「マルマ(marman)」と呼ばれるツボに該当する概念がある。本穴はインド医学的には「vidhura(逆境/関節のマルマ)」と呼ばれ、聴覚障害に治効があるとされる。

 

―――――――――――――――――

※安眠(an1mian2)(あんみん)

※経外奇穴…現代新穴。

【取穴】頚部、乳様突起の後下方、翳風と風池の中点。

【名の由来】本穴に催眠の作用がある事から。

【弁証主治】(頷)

◆足少陽経筋病

半身不随・胸鎖乳突筋のこわばり・鎖骨窩痛・側腹部痛・膝外側痛・こむら返り・足第4指痛など

◆手三陽経筋病

視力低下・耳鳴・ろれつが回らない・項頚部痛・肩痛・肩胛骨痛・上肢痛、ひきつれ・発熱による筋肉痛など

【主症主治】不眠・てんかん・精神疾患・高血圧・頭痛・めまい・動悸・自律神経失調など

【症例/個人的見解】

・位置的には完骨に非常に近い。また、足少陽経筋-手三陽経筋4条の経筋の結である「頷」にも近いことから、上頚神経節(交感神経幹の最上位)を含め、自律神経系の疾患には、広く応用できるものと考える。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 足少陽胆経, 手少陽経筋

聴会(ちょうえ)

GB2)聴会(tiing1hui4)(ちょうえ)・後関・聴呵・聴河・後吴・聴訶・機関

【取穴】顔面部、珠間切痕と下顎骨関節突起の間、陥凹部。

※口を開いたとき、珠間切痕前方の陥凹部にある。

【名の由来】「会=集まる」。本穴の耳聾・耳閉を治す効能が、聴覚を集めるようである事から。

【要穴】

『根結:少陽之結(窗籠/耳中)?』

『標本:足少陽之標(窗籠之前)?』

【交会】・経筋:足陽明経筋の結する処(耳前)

【作用】〔瀉〕耳竅清宣・耳絡宣通・清熱散結

【弁証主治】

◆少陽経(筋)病

半身不随、舌のこわばり・多汗・偏頭痛・耳痛・耳鳴、難聴 〔瀉〕・耳下腺炎・口苦・溜息・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・第4指痛・脇肋痛、側腹部痛・疝痛、股関節痛・膝痛・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足陽明経筋病

耳疾患・三叉神経痛・顔面神経マヒ・虫歯・顎関節脱臼・頬~胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣・腹筋の緊張・下肢のこわばり、マヒ・こむら返り・足第3指のこわばりなど

【配穴】

+金門…難聴

+翳風…難聴

+迎香…難聴〔瀉法〕

+地倉〔透頬車〕 …中枢性の顔面神経マヒ〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・耳は「宗脈の聚る処」である為、全経脈を疏通する働きがあるとされる。特に耳門・聴宮・聴会の3穴は筋痙攣や関節拘縮などに著効がある。

・発展させて考えるなら、耳介は脳へのアプローチに応用できるのではないだろうか?

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

 

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675
てんかん、チック、ジストニア、顔面痙攣, 疼痛, 筋の過緊張、こわばり, 耳疾患, 致命三十六穴, 項頚部痛, 足陽明経筋, 足少陽経筋, 手少陽経筋, 手少陽三焦経

耳門(じもん)

TE21)耳門(er3men2)(じもん)・小耳・耳前

【取穴】顔面部、耳珠上の切痕と下顎骨の関節突起の間、陥凹部。

※軽く口を開けて耳珠上の切痕の前にできる陥凹部で、SI19)聴宮の真上にある。

【名の由来】手少陽経は耳後より耳中に入り、本穴より出て前方に巡る事から。

【要穴】

『根結:少陽之結(窗籠/耳中)?』

『標本:手少陽之標(耳後上角下外眦)?足少陽之標(窗籠之前)?』

【交会】・経筋:足陽明経筋の結する処(耳前)

【作用】〔瀉〕清熱消腫・開竅益聡・疏通経絡

【弁証主治】

◆少陽経(筋)病

半身不随、舌のこわばり・多汗・耳痛・耳鳴、難聴・口苦・溜息・喉痛・鎖骨窩痛・上肢痛、ひきつれ、マヒ・第4指痛・脇肋痛、側腹部痛・疝痛、股関節痛・膝痛・足首痛・足第4指痛・皮膚の乾燥・※副腎皮質機能亢進症状など

◆足陽明経筋病

耳疾患・顔面神経マヒ・頬~胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣・腹筋の緊張・下肢のこわばり、マヒ・こむら返り・足第3指のこわばりなど

【配穴】

+関衝…耳鳴・突発性難聴〔瀉法〕

+絲竹空…虫歯〔瀉法〕

【症例/個人的見解】

・耳は「宗脈の聚る処」である為、全経脈を疏通する働きがあるとされる。特に耳門・聴宮・聴会の3穴は筋痙攣や関節拘縮などに著効がある。

・本穴は特に胸鎖乳突筋の痛み、こわばり、痙攣には著効がある。

・発展させて考えるなら、耳介は脳へのアプローチに応用できるのではないだろうか?

・個人的には、心包≒胸腺、三焦≒副腎(特に皮質)ではないかと考えている。 副腎髄質は実質、交感神経節後線維であり、※副腎皮質ホルモンの亢進は、胸腺を萎縮させ、免疫を抑制する。この三者の働きは、当院が考える「ホメオスタシスの五角形」の要になるのではと考える。

・武術的な「致命三十六穴」の一つ。顎関節、側頭骨の損傷。

 

※副腎皮質ホルモン…ステロイドホルモン。いすれも生体のエネルギー利用を高める方向に左右する。ストレスに対して視床下部(CRH)⇒下垂体前葉(ACTH)⇒副腎皮質と、血中ホルモンの作用により促進され、血中のステロイド濃度が上位中枢に抑制的に働く。

・糖質コルチコイド…血糖値の上昇・タンパク質分解促進・抗炎症作用・免疫抑制作用・胃酸分泌促進など。クッシング症候群(過剰分泌)では、満月様顔貌・蛋白質質減少・高血糖・高血圧・精神異常などを生じる。

・電解質コルチコイド…血液量の減少やNa⁺濃度の低下に反応してNa⁺再吸収・水分再吸収・K⁺排出を促す。コン症候群(過剰分泌)では多尿・多飲・高血圧・虚弱などを生じる。

・副腎アンドロゲン…通常、活性は弱い。身体を男性化する。副腎性器症候群(過剰分泌)では、女性では体型の男性化・思春期の男性においては、精巣が未熟であるにも関わらず、第2次性徴のみが早熟する。

編:はりきゅう治療院 伍行庵
埼玉県さいたま市中央区上落合2-5-35-1F
☎ 048-851-9675