筋の過緊張、こわばり, 能力開発, 陰蹻脈, 足少陽経筋, 八宗穴(八脈交会穴)

保護中: 当院での「歪み」のとらえ方 -陰蹻脈(骨)と足少陽経筋(筋肉)-

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

広告
アンチエイジング, 足少陰経筋, 動きの東洋医学

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!-カラダが弾むとココロも弾む-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

梅雨。 この時期は、どうしても運動不足になりやすく、また精神的にも鬱々としやすいもの。

こんな時、なにかオススメの健康法はないかと考えたんですが・・・

【マサイのジャンプ】なんかどうでしょう?  こんなヤツです。

アフリカのマサイ族の皆さんが、よくやってるでしょう?

そもそもヒトの、「2本足で立つ」という基本姿勢はとても不安定。

その不安定さを補うため、『主要姿勢筋群』という背側のいくつかの筋肉が、常に微妙な姿勢制御を行っています。

このジャンプは、この『主要姿勢筋群』を連動して鍛えるには格好の運動。

姿勢を良くし、アンチエイジングの効果は抜群です。

また、これらの筋肉中、特にふくらはぎのヒラメ筋は、血液やリンパを心臓へと押し上げる「第二の心臓」として機能します。

つまり、梅雨時期のムクミや代謝不全にも効果大。

加えて、垂直方向から加わる負荷は、骨を刺激し骨代謝を促進します。

バレーボールやバスケをやる子供の身長が平均的に高いのは、成長期に適切な垂直負荷が骨に加わるからだともいわれています。

成人であっても、骨粗鬆症の予防としては大切です。

さらに、医学的な立証はないようですが・・・

太古の記憶か脳やその周辺組織への刺激になるのか、「ジャンプ」という運動は、気分を高揚させ、ストレスを抜く効果があるようです。

子供たちは、うれしい時って飛び跳ねるでしょ?

 

東洋医学でも、この『主要姿勢筋群』に近しい筋ラインというのはあるのですが・・・

面白いことにこのラインは、成長や骨、髄、脳などと密接につながる【腎】から栄養を受けると考えられています。

梅雨の季節こそ、心身共に軽やかにするために。

1日10回のマサイジャンプ、ぜひお試しを!

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。 ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

 

この記事に関する、プロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。

足太陽経筋, 動きの東洋医学, 手厥陰経筋, 手少陽経筋

姿勢が良くなる「意外な」ポイントーキツネ×白鳥?-

皆さん、こんにちは。

さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分、【はりきゅう治療院伍行庵】の吉田です。

当院では最近、腱鞘炎や手首骨折後のリハビリ、原因不明の指のこわばりなど、「手」に絡んだ問題の患者さんが多いです。

そんな訳で、手指の解剖生理をもう一度復習しているのですが・・・ふと眼に飛び込んできたのがこの一文。

「手根の屈筋は、指伸筋と協同的に働く(指を伸ばすと手首は曲がる)」(カパンディ『関節の生理学Ⅰ』)

・・・だから? と思う方も多いと思いますが、この指と手首の連動はココまでではありません。

論より証拠。

普通に立った状態で、写真のように手で“キツネ”を作ってみましょう。すると先の説明どおり自然と手首が曲がります。そして同時に、力まなくても腕がふいっと上がるはず。

「指先を伸ばす」ことだけ意識して、(はばたくように)コレを何度か繰り返すと・・・

さっきより姿勢が良くなってませんか?

ヒトによっては、自然とつま先立ちになる方もいるはずです。

つまり、手の指の動きが肩から背筋を通って、足のつま先にまで影響するということです。

バレエやダンスで「手の形に注意する」というのは聴いたことがありますが、コレはつまり「余分な力みを使わずに正しい姿勢をつくる」という技術なんでしょうね。

面白いことにこの“キツネの手”、古武道などでも「体幹の力」を上手く使うために用いられているのだとか。

逆に言えば、指がずっと曲がっている方(スマホが手放せず、こういう方は多いはず)は、首や肩のみならず、背筋や足腰まで伸びなくなっている可能性大。

さあ皆さん、コレを読んだらPC、スマホから目を離して・・・

“キツネの手”で、ゆったり大きく羽ばたきましょう! 白鳥の湖のように^^)

カラダや運動にかんするちょっとした疑問。

ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

 

クービック予約システムから予約する

 

この記事に関するプロ向けの補足記事を後日書こうと思います。

Facebookからご覧の皆さんで、もし興味がありましたら、Facebookグループ『【図説】東洋医学レポート』内でパスワードをお知らせしていますので、奮ってご参加ください。